【セリアの大判フェルトが使える訳】ホーロー鍋:ストウブの収納に役に立つ‼️

料理が好きでテーブルコーディネートが
好きなわが家には、ストウブ製品が多く
特にミニココットを取り揃えてます。

煮たり焼いたり、器としての役割も兼ねてるのでついつい増えてしまいます。

又 小さいだけに季節や食器に合わせ
各カラーを揃えてます。
特にラウンドココット 10cmは、
増えてます。

ホーローの収納は、重ねて収納も
可能ですが、表面のガラス加工が、
傷つく事もあるので回避するためにも
何点か収納に気を配り工夫をしてます。

  • 80601
  • 236
  • 2
  • いいね
  • クリップ

これが役に立つ【セリアの手芸用品】大判フェルトを活用‼️

60cmの大判フェルトは、セリアだけでなく
100円ショップ ダイソーにも手芸コーナーに
売られてます。

今回は、近隣のセリアで大判タイプを活用
しました。

フェルトは、自由自在にカットが出来るのが良い‼️

今回 収納に使ったのは、たまたま
ストウブのココットでしたが、
ストウブに限らず、ガラス製品や漆器
又は、各社から販売されてるホーロー製品
等を収納する際役に立ちます。

まずは、使用したい物に合わせて
フェルトをカットします。

今回 ノブ付きのミニココットですので、
ノブの挟み口を中央に作ります。
十字に折って印を入れると
丁度中央になるので、おすすめです。

切り込みを入れたらノブに被せて
ノブ側を下にして本体と蓋の間に
フェルトが、挟まるように重ねます。

ストッパーとしても役に立つ【ダイソーの白黒輪ゴム】が便利‼️

準備するのは、こちらの輪ゴムです。
昔は、文具店でしか見かけなかった
モノトーンの輪ゴム、白黒中心の
暮らしなので、拘るところは、拘って
ブラックのゴムを常備してます。

写真のようにココットの持ち手にX字に
なるように蓋と本体を固定します。

1本にしてますが、2本どりにした方が
強度が増します。

又 間に輪ゴムがあることで滑り止めにも
なります。

★注意点
輪ゴムは、長いこと放置しておくと
劣化し伸びて切れるためできたら
定期的な交換をおすすめします。

今回は、蓋を閉じた状態で
2段重ねて収納を目的にしてる為、
工夫点をもう1点!

間に緩衝材をカットしてゴムに少し
挟み重ねる事にしてます。

緩衝材とゴムで滑りにくいのが利点です。
この写真では片方のみ通してますが、
2本のX字の中に完全に挟みこんでます。

重ねた状態は、上記のようになります。
ストウブ 10cmココットに限って
言える事ですが、収納ケースに
前回も記事で紹介したニトリの
Nインボックス 透明を使用してます。
ピッタリと収まります。

見せる収納ではなく、今回キッチン専用の収納部屋で活用の為、中に何が入ってるのか
見た目にすぐ分かるように半透明の
カラー選びをしてます。

★見せる収納や中身を見せたくない、
色を統一したい時に限っては、
透明は使用致しません。

白黒を選ぶようにしてます。
どの様な目的で収納するのかを
考えてカラーを選択すると良いと
思います。

【ニトリのNインボックス】を活用すればシンデレラフィット‼️

全ては、ピッタリとニトリの
Nインボックスに綺麗に収まる訳では
ありませんが、ストウブの10cmに
おいては、6個で2段収納が可能でした。

少しの空間が、発生するので紙タイプの
ワッフル紙 緩衝材を数枚重ねて丸めて
間に挟んで動きを止めてます。

10cmとは言え鉄ですので、
持ち運びには、持ち手を使わず底に手を添えて持ち上げてます。

軽量のプラスチックですので、落下すると
危険です。
収納物の重量に応じたご対応を
おすすめ致します‼️

★⚠️鉄等のキッチンアイテムは、
重いので、収納する容器は、ご自身の
持てる範囲で、容量•重量を考慮の上
ケース選びをご選択される事を
おすすめ致します‼️
こちらは私個人で持てる範囲で使用しております。

★⚠️持ち運ぶ時の注意点‼️
軽い収納物とは、区別した持ち運びを
行って下さい。
持ち手が付いてますが今回は、
鉄鍋を収納した為、負担がかかり
落下の原因に繋がる恐れがあります。
必ず手を添えて底を持って
抱きかかえる様に心がけてます。

余ったフェルトは【セリアのモノートーン ジッパーバッグ】にまとめて収納‼️

使い終わったカットしたフェルトは、
セリアのモノトーン ジッパーバッグに
入れて収納すると楽です。

又 ある程度サイズが決まっていれば、
カットして次に備えると良いですね。

  • 80601
  • 236
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

ハンドメイド作家

BLACK&WHITEに拘った北欧インテリアを楽しんでます。長年の転勤生活で得た収納アイデアだったり、STAUBを使った料理やインテリアを活かしテーブルコーディ…

おすすめのアイデア

話題のキーワード