アパートリノベーションの費用はどれくらい?必ず押さえたいポイント・注意点をチェック!

今回は、空室率を減らしてもっと入居者さんを呼べるアパートのリノベーションについてお話しましょう。古いアパートでも、特長を生かしたリノベーションを行えば、人気物件を生み出すことができるかもしれません。しかし費用の問題や注意すべき点が多く存在します。これから、アパートリノベーションの費用相場や、アパートだから実現できる高効率なリノベーションのポイントと注意点をご紹介していきます!

  • 1722
  • 5
  • 0
  • いいね
  • クリップ

アパートのリノベーションで押さえるべきポイント

アパートを改修する場合、賃貸物件としての価値を高めてよりよい商品とするための工夫が必要になります。以下の点を押さえて、安定して高い入居率を確保できるアパートのリノベーションにつなげましょう。

1.コストパフォーマンス(費用対効果)を重視したリノベーションが大切

アパート経営を考えたリノベーションをするには、改修費用を家賃に換算して予算組みを行うのがポイントです。いい物件にしようとして費用をかけすぎると、入居者さんが集まっても結果的に儲けが出なくなってしまう心配があります。

リノベーション費用の目安を1室ごとの家賃から考える場合、リノベーションに使える金額は「最小で家賃の半年分、最大で家賃の3年分」といわれています。

具体的には、1室の家賃を6万円とすれば「36~216万円」が1室にかけるリノベーション費用として適切ということになります。したがって、4戸のアパートであれば、全4室で144~864万円が1棟分のリノベーションにかけても損失を出さない費用の目安と考えられます。

2.アパートがある場所の環境や流行など、ニーズに合わせたリノベーション

長くアパートを経営する家主さんには、つい自分の好みで改修を行ってしまうという方もいるかもしれません。しかし、アパートの入居率を高めるには建物の立地や環境・入居者さんの傾向などから改修の方向性を判断することが大切です。

具体的には、「学校などが近く小家族が多いアパート」なら、子供さんと暮らすことに重点を置いた動線の工夫や、汚れに強い建材を使用するなどのアイデアが有効でしょう。また、「ビジネス街に電車で直通する駅の近くのアパート」なら、働き盛りの世代好みのスタイリッシュな内装にまとめ、多くの家電を使えるようにコンセントの数を多くするなどの工夫で人気を得られるかもしれません。

また、アパートの内外装にはその時代により流行もあります。古さを感じる状態のまま放っておいては新規入居者さんの獲得も難しくなりますから、業界内やインターネットなどで得られる情報をしっかり集めて「今どんなアパートが人気なのか」を把握しておくことも重要でしょう。

アパートのリノベーション時の注意点

つぎに、安定したアパート経営をめざすための、リノベーション時の注意点をご紹介します。

1.信用を得る意味でも、居住中の安心に関わる部分はおろそかにしない

アパートに入居する人の傾向として、親元を離れて1人で暮らし始めるケースが多いことが挙げられます。入居者さんのご家庭では、「できるだけ安心できる住まいで暮らしてほしい」と考えていることでしょう。リノベーション時には、内外装などの見栄えを整えることも大切ですが、耐震性に問題がないかどうかの確認や、施錠やインターホンなどセキュリティ設備の充実も優先的に考えましょう。また、室内に害虫やカビなどが発生しにくいよう配慮することも、入居者さんとそのご家族との信頼関係につながります。

2.これからのアパートには、バリアフリー化の導入も

賃貸アパートの入居者さんは若い1人暮らし世帯だけではなく、高齢者さんを含んだ世帯も増加する傾向にあります。アパートの立地や環境によっては、体力や判断力に不安を感じ始める世代の入居者さんに配慮し、要所にバリアフリー化を取り入れたリノベーションも必要になるでしょう。

具体的には、「玄関や居室間の段差をなくす、またはできるだけ低くする」「階段には手すりを付け、昇降しやすい角度と高さにする」「暗くなりがちな玄関や廊下にはセンサーライトなどで明るさをプラスする」「キッチンや給湯はガスから電気に切り替える」などの方法を取り入れると有効です。

アパートリノベーションの事例

それでは、アパートを実際にリノベーションして人気物件を生み出した事例を紹介しましょう。

【事例1】築20年の木造アパートをスタイリッシュな空間へ

木造の古いアパートを利用したリノベーションです。柱や梁はより存在感を出すため、濃い色で塗装します。そして、床は無垢材を使用した全面フローリングとし、壁は白い漆喰を用いてオシャレで機能的な空間を演出しています。照明も間接照明に変更し、水回りも機能的なものへ変更しました。

【事例2】構造補強をしながら、1棟まるごとリノベーション

既存の建物の形状と配置はそのままですが、内装・外装にもこだわった大幅リノベーションを実施しました。古さを感じさせる水周りを清潔感あふれるものにかえ、内装・外装のイメージをカフェ風に統一します。白を基調とした室内に加え、蛇口やドアノブはオシャレなアンティーク調です。1棟まるごとリノベーションすることで、アパート全体が見違える程に綺麗でオシャレな物件に変身しました。

おわりに

もっと具体的にリフォーム・リノベーションについて知りたい方は、多くの業者から見積もり・提案を無料で受け取ることができる、一括見積もりサービスからお気軽にお問い合わせください。

古いアパートでも、リノベーションで新築のように綺麗でより快適な空間に大変身します。リノベーションプランを立てる際のポイントは、ニーズに応じたイメージなどコンセプトをはっきりさせておくことでしょう。スタイリッシュでモダンな部屋やカフェ風、デザイナーズマンション風など…。まずは要望や予算をまとめて、リノベーション業者さんへの問い合わせから始めましょう。最初の見積や相談の申し込みには、匿名・無料から始められる一括見積の利用がおすすめです。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」
1.まとめて最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
2.紹介企業は厳しい審査を通過した優良会社のみ!
3.補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 1722
  • 5
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIAおすすめのリフォームやリノベーション、住宅設備に関する記事を中心にご紹介。施工事例や費用相場、リフォーム会社の選び方など、住まいに関する情報満載でお届…

おすすめのアイデア

話題のキーワード