洗面所の隙間を生かした収納を。おしゃれ収納や賃貸でできるアイデア

「洗面所にもっと収納スペースがほしい」そんなときは、ちょっとした隙間を活用して収納スペースを増やしてみるのがおすすめです。利用できるアイテムや便利なアイデアをチェックして、洗面所をより使いやすい場所へと変身させましょう!

  • 4535
  • 16
  • 0
  • いいね
  • クリップ

突っ張り棒で隙間を収納スペースに

収納に便利なアイテムといえば、忘れてはならないのが「突っ張り棒」ですよね。まずは、突っ張り棒を使った収納スペースの作り方からチェックしていきましょう!

シンク下に棚を作る

洗面所の限られた空間の中で、シンク下は収納に活用できる貴重なスペースです。この空間をどれだけ効率的に利用できるかによって、洗面所周りの収納量は大きく変わりますよ!

そんなシンク下を活用するために便利なのが突っ張り棒です。左右の板に突っ張り棒を2本渡すだけで、上部のデッドスペースを棚として活用できますよ。

小物類を入れたボックスなどを直接突っ張り棒の上に置いたり、突っ張り棒にワイヤーネットなどを取り付けて本格的な棚にしたりと、収納アイテムに合わせて自由にアレンジしましょう。

ドライヤーなどの家電の置き場に困っているのなら、突っ張り棒にS字フックをプラスして、ドライヤー置き場にするのもおすすめです。

突っ張り棒を使えば、中途半端な深さのシンク下も充実した収納スペースになりますよ!

バスマットの乾燥にも便利

バスマットの乾燥にタオル掛けを利用している人は多いのではないでしょうか。

貴重な洗面所の隙間スペースをタオル掛け置き場として使っているのなら、おすすめなのが突っ張り棒を利用したアイデアです。

洗面所の造りによっても変わりますが、たとえば、浴室ドアの縦枠に突っ張り棒を渡してみると、たったそれだけで十分にバスマットの乾燥スペースとして役立ってくれますよ。

突っ張り棒であれば、必要ないときには簡単に取り外せるため、普段の生活の中で邪魔になることもありません。タオル掛けなどを置いておくためのスペースが必要なくなるぶん、洗面所をより広く活用できるでしょう。

バスマットのほか、お風呂掃除後のバスブーツやブラシを掛けておくアイテムとしても便利に使えそうですね!

ちょっとした隙間はミニ突っ張り棒で

突っ張り棒ならではのメリットに、「長さや太さが自由に選べる」というものがあります。

サイズ展開が豊富なので、広いスペース用はもちろんのこと、狭いスペース用のミニサイズも簡単に手に入るでしょう。

そんなミニサイズの突っ張り棒は、洗面所のちょっとした隙間用のアイテムとして大活躍してくれます。

中でもおすすめなのが、洗濯機と壁との間の空間に突っ張り棒を渡すアイデアです。デッドスペースになりがちなこの空間も、突っ張り棒を利用すれば「ハンガー置き場」や「掃除道具掛け」などさまざまな方法で活用できますよ!

洗面所内で置き場に困っている小物があるのなら、突っ張り棒を渡せるスペースがあるかどうか探してみるとよいですね!

隙間収納に適した家具を使って

洗面所内のデッドスペースを有効利用するのなら、隙間収納に適した家具を取り入れてみるのも一つの方法です。おすすめ家具の入手方法について確認していきましょう!

隙間にピッタリな家具はDIYで

「徹底的に無駄なく隙間を使いたい」そんな人におすすめなのが、「DIYで理想の家具を作る」という方法です。

DIYというとハードルが高く感じられるかもしれませんが、心配はいりません。100均でも簡単に材料が手に入るため、誰でも気軽に挑戦できますよ!

初心者におすすめなのが、100均の木材やすのこを利用した棚作りです。隙間収納に適した大きさの木材がサイズも豊富に販売されているので、隙間に合わせた形やデザインも自由に選べますよ!

同じく100均で販売されているバスケットやボックスと組み合わせれば、隙間収納ながら収納力抜群の本格的な家具になりそうですね!

隙間収納はニトリが種類豊富

長く使えるしっかりとした家具を選ぶなら、人気のホームファニシングストア〔ニトリ〕の商品をチェックしてみましょう。

もともと収納アイテムに強い〔ニトリ〕なら、隙間収納用のアイテムも豊富に比較検討できますよ。

高さや幅はもちろんのこと、段数や引き出しの素材に至るまで、豊かなバリエーションの中から好みの物を選べるため、インテリアにこだわる人にもおすすめです。

〔ニトリ〕なら、自宅の洗面所にピッタリの家具がきっと見つけられるでしょう。

壁面も収納スペースにできる

「洗面所にもっと収納がほしいけれど、突っ張り棒が使える場所も、ちょうどよい隙間もない」そんなときは、思い切って壁面を「見せる収納」として活用してみましょう! おすすめの壁面収納法を紹介します。

ディアウォールは洗面所でも活躍

壁を使った収納なら、人気の《ディアウォール》を取り入れてみるのもよいでしょう。《ディアウォール》は、室内に簡単に柱を取り付けられる商品で、アレンジによって収納棚も簡単に作れます。

ディアウォールの主な特徴には、以下のようなものがあります。

●取り付けの際に工具や脚立が不要
●壁や天井に穴を開けずに設置できる
●自由にペイントできる
●棚板の取り付けなど、アレンジが自在

空きスペースがない洗面所でも、洗濯機の裏やドア横などに《ディアウォール》を設置すれば十分な収納が用意できますよ! 家を傷めず、取り外しもできるので、賃貸での利用にも安心ですね。

無印の壁に付けられる家具も便利

壁面収納アイテムを探すなら、〔無印良品〕の《壁に付けられる家具》もぜひチェックしておきましょう。壁に穴が開くので賃貸物件は確認が必要です。

《壁に付けられる家具》は、石膏ボードに取り付けられるウォールシェルフで、「L字型」「長押型」「ボックス型」「コーナー棚」「フック」などさまざまなタイプが取りそろえられています。

設置が簡単で壁へのダメージも少ないので、いつでも気軽に利用できますよ。〔無印良品〕ならではのシンプルながら洗練されたデザインで、洗面所の雰囲気もグッとおしゃれになりそうですね!

ワイヤーネットの収納も

100均などで手に入るワイヤーネットも、壁面を使った収納作りに便利なアイテムです。

特におすすめなのが、壁の好きな場所にフックを取り付け、そこにワイヤーネットを引っ掛けるアイデアです。賃貸物件で壁に穴があく場合は確認が必要。

このワイヤーネットにワイヤーラックやフックを取り付ければ、大小さまざまなアイテムの収納場所として活用できますよ!

シンク横の壁に設置すれば、綿棒やコットン、コスメ類など、すぐに手に取りたいアイテム置き場として大活躍してくれそうですね。

ワイヤーネットならではのアレンジの自由度を生かし、オリジナルの壁面収納を作りましょう!

そもそも隙間を作らない収納を目指すには

洗面所の収納力を高めるには、あらゆる空間を無駄なく使えるよう工夫することが大切です。隙間を作らない収納を実現するための具体的な方法をチェックしていきましょう!

洗濯ラックを使えば収納力アップに

洗面所のデッドスペースを有効利用する方法として、ぜひ取り入れたいのが「洗濯ラック」です。

洗濯機周りに設置する洗濯ラックは、洗濯機上の空間を無駄なく利用できる上、収納量も多いため、洗面所の収納における定番アイテムといえるでしょう。

洗濯ラックには、洗濯機をまたぐように設置する「据え置きタイプ」と、床と天井で突っ張る「突っ張りタイプ」があります。

一般的に、安定感や収納量は「据え置きタイプ」の方が勝りますが、設置位置の自由度や見た目のすっきり感は「突っ張りタイプ」に軍配があがるでしょう。

家具の中では大型の部類に入るため、あらかじめ自宅の洗面所に設置可能かどうかを確認してから購入するとよいですね!

マグネットフックで必要な隙間に

洗面所周りの収納アイテムなら、コンパクトな「マグネットフック」を取り入れてみるのもおすすめです。

洗濯機に取り付けられるマグネットフックを複数用意して、それぞれにメッシュバッグなどの収納袋を掛けておくと、洗濯バサミや掃除用アイテムなど、こまごました物を便利に収納できますよ。

使用シーンごとに分類しておけば、必要なときに袋ごと持ち運びができるので、家事の効率もグンとアップしそうですね!

少しの隙間もアイデア次第で収納スペースに

「洗面所の収納を増やしたい」と感じたら、まずは隙間を有効活用することから始めましょう。

突っ張り棒を使ったり、隙間収納用の家具を取り入れたりといった工夫をしてみるだけでも、洗面所の収納量は大きく変わるでしょう。

隙間そのものが見当たらない洗面所なら、壁面収納に挑戦してみるのも一つの方法です。

洗濯ラックやマグネットフックなどの収納アイデアも取り入れながら、隙間を生かした便利な洗面所収納を目指しましょう!

  • 4535
  • 16
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード