無印良品の人気グッズ、ウェットシートケースでキッチン周りが快適に!

無印良品の人気グッズに、ウェットシートケースがあります。私も早速使ってみました。ウエットシートだけじゃなく、いろんなモノを入れられるので便利でした。

  • 113532
  • 465
  • いいね
  • クリップ

無印良品ウェットシートケース

無印良品の生活雑貨は、発売と同時に人気が出て
売り切れ、ネットストア在庫なしなど
すぐに手に入れられない商品もありますね。

SNSでも大人気の、ウェットシートケースも
そんな人気商品の一つです。

私も使ってみました。

ポリプロピレン ウェットシートケース
約幅19×奥行12×高さ7㎝
税込み価格490円です。

市販のウェットシートがスッポリ収まるサイズです。

蓋を開けると、取り出し口が大きく開いています。

これならペーパー状の薄いモノでなくても取り出しやすいかも。

パッキンには、シリコーンゴムが使用されているので
濡れたシートの蒸発を防いでくれますね。

「使用後はフタをしっかりしめ、なるべく早めに使用してください。
本品は密閉容器ではありませんので乾燥するおそれがあります。」
(商品説明書より引用)
とありますので、長期間保存していると、シートが乾燥することもあるので
ご注意ください。

使い方は自分次第

ウェットシートケース、とあると
どうしても、ウェットシートを入れる専用ケース
と考えてしまいがちです。

我が家では、それほどウェットシートを活用しないので
他の用途でも使ってみました。

キッチンペーパーを入れる

リードのキッチンペーパーを入れてみます。

この商品は、スマートタイプというミニサイズです。

素材は、フェルトタイプで厚手ですが
一般的なシートより小さめです。

175×175㎜と、ちょっと使いがしたい時に
とても重宝します。

ミニトマトや鮭の水分を取りたい時に。
1枚だと大きいな~という時に便利ですよ。

このキッチンペーパーがピッタリ収まります。

一袋全部入るのですが、それだと蓋がしまらないので
2/3程度入れて、残りはストックしておきました。

スルッと取りだせました。


マスクを入れる

マスク入れとして使います。

個包装されていないマスクは
そのままだと取り出しにくく、袋に入れた状態だと
袋もヨレヨレになってしまいます。

マスクがピッタリ収まります。

30枚入り、60枚入りなど
箱で買う人にもオススメしたいですね。

取り出し口が広いので
マスクもすんなり出てきます。

量が少なくなってきても、底まで手が入るので
最後の1枚になっても無理なく取り出せるのがいいですね。

ウエスを入れる

我が家のキッチンでは、汚れを拭く時に
ウエスを使っています。

古くなったTシャツやタオル類をカットして
雑布として使うのです。

カットしたウエスを
長方形になるように折りたたみます。

ケースに入れて蓋を閉めれば、ウエスケースになります。

取り出し口が広いので
布でも問題なく取り出せます。

蓋を閉めて置けば
ウエスが入っているようには見えません。

キッチンカウンターの上にいつでもスタンバイさせて
汚れを見つけたらすぐに拭きとれるので
いつでも清潔なキッチンシンクを保てます。

まとめ

無印良品のウェットシートケースの使い方をご紹介しました。

濡れたシートだけでなく
いろんなモノを入れて使えるので便利です。

使う場所に合わせて、使い方を見つけるといいですね。

ウェットシートの乾燥が気になる方は
シールを付けたままセットして
その都度シールを剥がしながら使うことも出来ます。

  • 113532
  • 465
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

北海道札幌市でライフオーガナイザーとして活動しています。モノの片づけを通して生き方の整理整頓をお伝えしています。

おすすめのアイデア

話題のキーワード