ストローマグは〔リチェル〕がおすすめ!人気商品4つと使うタイミング

ストローを使えるようになると、赤ちゃんの水分補給がぐっと楽になります。ストローデビューにおすすめのストローマグをお探しなら、〔リッチェル〕の《いきなりストローマグ》がぴったりです! マグの便利機能や、シーンに合わせたおすすめマグを紹介します。

  • 18007
  • 11
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ストローマグは何歳から使う?

離乳食が始まったら、「ストローマグ」を用意する時期です。母乳や哺乳瓶以外から水分を取れるように、赤ちゃんの成長スピードに合わせてストローの練習を始めましょう。

8カ月くらいからが平均的

ストローマグを使う目安は、赤ちゃんの腰がすわり始めた頃です。個人差はありますが、だいたい8カ月頃になると、少し支えてあげれば1人で座れるようになるでしょう。

8カ月になると離乳食も中期に入り、食事中に水分補給する必要が出てきます。中にはもう少し早く練習を始める子もいれば、8カ月でもうまく飲めない赤ちゃんもたくさんいます。

8カ月というのはあくまで平均的な月齢なので、赤ちゃんそれぞれの発達段階に応じて練習を進めていくとよいでしょう。

ストローの練習をしよう

赤ちゃんが生まれたときにできるのは、原始反射の動きで母乳や哺乳瓶を吸うことだけです。ほかの動きは、ママが少しずつ教えてあげる必要があります。

ストローを生まれてはじめて差し出された赤ちゃんは、「これは何をする物?」と不思議に思うことでしょう。まずは中身の見える透明なストローを使って、ママが飲み方を実演してみせます。

実際に赤ちゃんが吸う感覚を覚えるのに便利なのが、ベビー飲料です。125ml程度の小さな紙パック飲料で、麦茶や果汁などいろいろな種類があります。遊んでいるうちに飲み方を覚えることもあるでしょう。

はじめてのストローマグを選ぶなら

「ちゃんと教えてあげられるか不安……」そんなときは、赤ちゃんの成長をサポートしてくれるグッズを使うと◎。ストローデビューにおすすめのストローマグを紹介します。

リッチェルいきなりストローマグがおすすめ

〔リッチェル〕の《いきなりストローマグ》は、ストローの練習にもってこいのマグです。ストローは市販の紙パックに付属している物よりやや太めで、赤ちゃんがくわえやすいよう柔らかくできています。

赤ちゃんにストローをくわえさせ、ふたにあるPUSHの文字をそっと押しましょう。自動的に中身がストローを上っていきます。「飲み物が出てくる」と認識できると、赤ちゃんも吸ってみようという気持ちになるのでしょうね。

ふたは本体に被せるようにくっ付けられるので、ちょっと倒したくらいでは中身が漏れません。成長した後にはコップとしても使えるので便利ですよ!

リッチェル Richell アクリア いきなりストローマグセット ピンク
商品情報をAmazonで見る

スパウトから始める必要もなし

ストローマグを使う前に「スパウト」を使う人もいます。スパウトはストローとは異なり、本体を斜めにすると飲み口から中身が出てきます。うまく吸えない赤ちゃんにとって、使いやすいグッズです。

ただ、使う期間がとても限られているため、購入をもったいないと感じるママも少なくないでしょう。中にはスパウトを受け付けない赤ちゃんもいるため、使わないまま終わることもあるようです。

ストローをくわえさせてみて、それほど嫌がらないようならそのまま練習を続けてみましょう。スパウトを無理に使う必要はありません。

ほかにもある!リッチェルおすすめマグ3選

〔リッチェル〕のマグには、赤ちゃんのステップアップに寄り添うアイデアがたくさん詰まっています。さまざまなシーンで活躍するマグを3つ紹介します。

スヌーピーなどデザイン豊富なおでかけマグ

練習用ストローマグは、ふたがきちんと固定できません。外へ持ち歩くなら、《おでかけストローマグ》がおすすめです! 豊富なデザインから赤ちゃんにぴったりの物を選んであげましょう。

シリコン製のストローは、ふたを締めるとうまい具合に一緒に収納されます。ふたを開ければ元にもどるため、ワンタッチで開け閉めできます。目を離せない赤ちゃん連れのママにとっては重要な機能ですよね。

サイズは200mlと320ml用の2種類あります。取っ手部分は取り外しできるため、両手で支えられるようになったらコンパクトに持ち運ぶこともできます。

リッチェル スヌーピー柄ピーナッツ コレクション おでかけストローマグ7ヵ月頃から (200mL)
商品情報をAmazonで見る

持ち運びに最適 スリムマグ

赤ちゃんは身体が小さく汗っかきなので、こまめな水分補給がとても大切です。そのため、マグはいつも取り出しやすいところにしまっておけるサイズであることも、重要な条件の1つでしょう。

《アクリア スリムマグ》は直径わずか8cmで、サイドポケットにすっぽり収納できるサイズです。取っ手の代わりにふた部分にヘリがあり、握力のない赤ちゃんでも指に引っかけて支えられます。

リッチェル Richell アクリア スリムマグ 240ml ブラック
商品情報をAmazonで見る

直飲みタイプの取り扱いも

直飲みが少しできるようになってきたら、《アクリア おでかけごくごくマグ》もおすすめです。飲み口がスプーン状になっていて、小さな口でも横から漏らすことなく飲めるでしょう。

直飲みタイプでも内ぶたはなく、開け閉めはワンタッチです。ストローマグのように小さなパーツがないため、ササっときれいにできるのもうれしいですね!

リッチェル Richell アクリア おでかけごくごくマグ 200ml ライトブルー
商品情報をAmazonで見る

ストローマグでママも子どもも楽ちんに

ストローマグを始めるのは、8カ月頃が平均的です。はじめは上手に飲めないため、ママがお手本を見せてあげるとよいでしょう。

練習をスムーズに進めたいなら、ストローマグを利用することをおすすめします。〔リッチェル〕なら、ストローデビューからおでかけ用マグまで豊富な種類がそろっています。

赤ちゃんが楽しくストロー練習できると、ママもうれしくなりますよね。赤ちゃんはママの笑顔が大好きです。便利グッズを使ってストレスフリーな育児を楽しみましょう!

  • 18007
  • 11
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード