布団の収納アイデアをご紹介。押し入れ、クローゼットの収納方法

大きくてかさばる布団を、どのように収納すべきか悩んでいる人も多いのではないでしょうか? 「なんとなくしまっているけれど、ちょっと使いづらい・・・・・・」、紹介するアイデアをもとに収納方法を考えると、そんな悩みが解消します。

  • 12119
  • 62
  • 0
  • いいね
  • クリップ

布団の収納どうする?

布団は押し入れやクローゼットにしまっている、という家庭が多いのではないでしょうか。

しかし、「出し入れがしにくい」「デッドスペースができてしまう」という具合に、使いこなせていないことも多いものです。どのようにすれば機能的に収納できるのでしょうか?

かさばるし、湿気も気になる

布団はかさばります。普段使っているもののほかにも、シーズンオフのものや、洗い替え用のリネン類、お客様用など、すべて合わせると相当なボリュームです!

収納スペースの大きさによっては、すべてを1カ所に収納できない場合もあるでしょう。

すべてを押し入れやクローゼットにしまえたとしても、今度は湿気が心配です。とくに、詰め込み過ぎた場合は、空気の流れが滞ってしまうため、内部が湿気てしまいやすくなります。

すると、せっかくしまっておいた布団にカビがはえたり、においがついてしまったりすることもあるでしょう。すのこの活用など、アイテムを使った収納も検討する必要があるかもしれません。

押し入れの布団収納アイデア

布団はどのように収納するのがよいでしょうか? アイテムの活用方法や、布団の分類の仕方など、押し入れにしまう場合のアイデアを紹介します。

重いものと軽いもので収納場所を分ける

布団にはさまざまな重さのものがあります。例えば、敷布団は重く、毛布団やタオルケットなどは軽いものです。布団は「重さ別」に収納すると、扱いやすさアップします。

例えば、2段に分けて、上に軽い布団を、下に重い布団を入れれば、日ごろの上げ下ろしの手間が少なくすみます。その分、足腰への負担も減りますよ。

重さ別にすると、たたんだときの形もそろえやすいので、きれいにしまえます。押し入れを開けたときもすっきりして見えるのでおすすめです。

コの字型の収納アイテムを活用する

押し入れは高さがあるので、そのままの状態で使うと使いにくくなってしまいます。とくに縦の空間がムダになりがちです。そこで、「コ」の字型のアイテムを使って整理することをおすすめします。

うまく使えばデッドスペースをなくし、機能的に布団を収納できます。これまで広すぎてうまく使いきれなかった押し入れのスペースを、有効活用可能です。

押し入れの中に棚ができたような状態になるため、収納力がアップし、整理整頓して使いやすくなります。

布団をしまう場所を押し入れ内に作れていなかった場合でも、整理整頓されてきれいになれば、収納場所が確保できるかもしれません。

よく使うときは取り出しやすい位置に

日常的に使う布団は、取り出しやすい場所に収納します。高い場所にしまうと、上げ下げに手間がかかり、大変です。場合によっては、せっかくの収納スペースを使いこなせないこともあるでしょう。

そこで、日常使いの布団はできるだけ「下の方」に収納します。すると、使うときさっと取り出せますし、しまうときも簡単です。

取り出しやすいベストポジションを布団にわり当てるだけで、ぐっと使いやすい収納になります。

クローゼットの布団収納アイデア

クローゼットに布団をしまうときは、デッドスペースをうまく活用することを意識するのがおすすめです。

どうすれば隙間に布団をしまえるか考え、ぴったりのケースを使うと、使い勝手が良くなります。

収納ケース上のデッドスペースを使う

収納ケースを並べて、機能的にクローゼットを使えるようにしている人が増えています。ぴったりサイズでケースを並べたとしても、ケースの上にデッドスペースができることもあるでしょう。

そんなときは、できた「隙間」に布団をしまうと効果的です♪ スペースをムダすることなく、布団をぴったりと収納できます。

これから収納ケースを用意するなら、布団収納の隙間を計算してサイズを検討しましょう。

〔イケア〕の収納ケース《SKUBB》が便利

クローゼットに布団を入れるときは、〔イケア〕の《SKUBB》を使うと便利にしまえます。布製のケースでありながら、重ねることもできる優れものです。

黒と白の2色があり、シンプルな見た目なので、布団をそのまま入れるよりもすっきりして見えるのもうれしいポイントといえます。

たたんでコンパクトにできるケースなので、使わないときは小さくしてクローゼットの端にしまっておけばOKです。

立てて収納するとスッキリ

布団は横にして収納するもの、というイメージがあるかもしれませんが、立てて入れるのもおすすめです。立てて入れれば、クローゼット内のスペースを広く使えます。

種類によっては、そのまま立てておける敷布団もありますが、そうでない場合はケースを活用しましょう。先に紹介した〔イケア〕の《SKUBB》も、立てる収納に便利です♪

布団を立てた場合、倒れてこないように対策しておくと、クローゼット内がごちゃつくのを防げます。立てた横に収納ケースを置くだけでも、倒れてくるのを予防できますよ。

そのほかの布団収納アイデア

押し入れやクローゼット以外にも布団はしまえます! インテリアの一部として見せる収納にしてもよいですし、新たな収納をDIYすることも可能です。

カバーをかけてソファのように

布団をしまう場所がないなら、たたんで壁際に重ねて、カバーをかけておきましょう。すると、「ソファ代わり」の休憩スペースができます。

お気に入りのカバーを使えば、インテリアにアクセントを加えるアイテムとしても利用可能です。布団収納を兼ねていれば、ソファを置く余裕のない部屋でも、腰かける場所を作れます。

そのまま重ねておくだけだと見た目がよくありませんが、カバーをかければ目隠しにもなり、すっきり見える効果も期待できます。

布団収納袋に入れてクッションとして活用

使わない布団は、布団収納袋に入れるのもおすすめです。「大きめのクッション」として使えます。掛け布団やシーズンオフの毛布などを入れて、ふかふかのクッションにしましょう!

収納袋は、クッションとして活用することを前提に作られたものも販売されています。おしゃれなデザインも多いので、気に入るものを探しましょう。

また、手作りすることも可能です。ベッドカバーをリメイクすると、比較的簡単に作れます。

ディアウォールで布団収納をDIY

収納場所そのものをDIYで作ることも可能です。とくに押し入れやクローゼットのない賃貸物件で活躍する方法と言えます。

ただし、賃貸物件は原状回復しなければいけないので、釘を使って直接壁に打ちつけることはできません。そこで活用するのが「ディアウォール」です。

工具不要で室内に柱を作れるディアウォールで、4本の柱を作れば、あとは棚を取りつけるだけで布団収納が完成します。

棚をすのこで作れば、通気性も抜群で、布団の湿気が気にならない収納として利用可能です。

アイデアを参考にして布団を上手に収納しよう

布団は単にしまえればよいというわけではありません。日常使いのものなら、出し入れのしやすさを考慮し、シーズンオフやお客様用のものなら、湿気対策も必要です。

そのため、収納ケースや「コ」の字型のアイテムを使い、効果的に収納しましょう。アイテムを活用することで、押し入れやクローゼットの縦の空間を効果的に使えます。

さまざまな布団収納のアイデアを参考に、自宅の収納に合った方法を見つけて収納しましょう。


LIMIAからのお知らせ

ポイント最大43.5倍♡ 楽天お買い物マラソン
ショップ買いまわりでポイント最大43.5倍!
1,000円(税込)以上購入したショップの数がそのままポイント倍率に!

  • 12119
  • 62
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード