日当たりの悪い部屋でも植物栽培ができる!?その秘密はインテリア性も抜群なおしゃれ栽培ライトにあり

自宅で観葉植物を育てたり、料理によく使うハーブを収穫できたら暮らしがもっと華やぎそうですよね。でも、住まいによっては日当たりが悪くて、過去に何度も植物を枯らしてしまったという経験がある人もいるはず。そんな日当たりの悪い住居にこそ使ってほしい、おすすめの栽培ライトがあるんです。

  • 2242
  • 38
  • 0
  • いいね
  • クリップ

栽培ライト《ルーチェ》でさまざまな植物が育てられる

栽培ライト《ルーチェ》は、日当たりが悪いお宅でも、植物が室内で光合成ができるおしゃれな栽培ライトです。《ルーチェ》があれば、これまで諦めていた観葉植物もインテリア雑誌のように好きな場所に飾り、育てられるようになりますよ。

逆に日当たりがよいはずの家でも、室内で育てるのが難しかった品種もあるはず。「思ったよりも葉が大きくならなかった」「写真より葉の色が薄い」など、成長が芳しくない植物も栽培ライト《ルーチェ》を使えば、植物がきれいに育てられるようになります。

室内の光合成で大切な植物をきれいに育てよう!

小さなサイズの多肉植物やサボテン、観葉植物は室内のインテリアとして扱いやすく手に取る人も多い植物です。頻繁に水やりをしたり、剪定、消毒などのお手入れが不要とはいえ、ちゃんと光合成ができなければいずれ枯れてしまいます。前述のような植物の成長が芳しくないケースは、もしかしたら日当たりがいいと思っていただけで光量が足りてなかったのかもしれません。

《ルーチェ》は植物の栽培に適した照度と、光合成に効果的な波長の色温度のLEDを採用。自然光が届きにくい室内での野菜やハーブ、観葉植物、多肉植物などの栽培を手助けしてくれます。

ライトの高さは付属の支柱で3段階に変えられるから、植物の成長に合わせてちょうどいい位置に当たるよう調節ができますよ。毎日の水やりや、水栽培をする植物専用ライトということもあり、台座にはしっかりと防水塗装が施されているので腐食の心配もありません。

※植物の高さは栽培容器を入れて50cm以内で使用してください。

光と緑があふれるおしゃれなインテリアに!

《ルーチェ》がユニークなのは、ただ光合成を促すライトではなく、おしゃれなインテリアや間接照明としても使えるようにデザインしていること。小さくて幅をとらない卓上LEDライトを使用していて、パソコンやモバイルバッテリーにUSBで接続するだけですぐにライティングができます。

デザインが施されたアクリル板が明るく輝き、お部屋のインテリアとしての存在感もバッチリ。植物の隣に設置するだけで、フォトジェニックなスペースに早変わりしちゃいます。機能だけを満たす無機質なライトより、《ルーチェ》なら植物を育てるのが楽しくなりますよ。

植物のために《ルーチェ》で室内でも光合成を♪

これまで日当たりが悪くて諦めていた室内栽培も、《ルーチェ》を使えばサボテンや多肉植物などを簡単に光合成させることができます。窓辺以外でも、好きな場所でたくさんの植物を育てられるので、お部屋の雰囲気もガラリと変えることができますよ。お部屋の新しいインテリアとして、ぜひ《ルーチェ》をチェックしてみてくださいね♪

  • 2242
  • 38
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

インテリアグッズ

「室内園芸(House plants)」燦燦と輝く太陽の下で野菜や草花、果樹を栽培し、その景観や収穫を楽しむ園芸文化は、世界中の人々の趣味の定番ですが、近年は都…

おすすめのアイデア

話題のキーワード