自転車の掃除の方法とは?準備するものとおすすめアイテムをチェック

毎日のように使う自転車は、よく見ると汚れています。特に、屋外に置いている場合は、雨にさらされることが多く、サビが出てしまいがちです……。汚れが目立つ自転車は、ポイントを押さえた掃除によって、見違えたようにきれいになりますよ♪

  • 3141
  • 8
  • 0
  • いいね
  • クリップ

自転車の掃除の前準備

自転車の掃除に取りかかるときは、前準備が大切です! 自転車の汚れについて知り、必要な道具をそろえることで、スムーズに掃除ができます。

汚れはサビとオイル

自転車に付着する汚れの正体は「サビ」と「オイル」です。自転車は雨でも乗りますし、屋外に置いている人も多くいます。そのため、金属でできているパーツ部分にサビが出てしまうというわけです。

もともとオイルがついているチェーンやギア部分は、オイルが劣化すると黒く変化し、汚れた状態になります。同時に、金属でできているため、サビも出やすい部分です。

定期的にメンテナンスすることで、常にきれいな状態をキープできますよ♪

自転車の掃除道具

掃除を始める前に、必要な道具を全てそろえておくとスムーズにできます。自転車の掃除には、下記の道具があれば十分です◎

●ブラシやスポンジ
●バケツ
●中性洗剤
●ウエス
●注油用オイル

道具がそろったら、晴れた日を選んで洗います。水分が残らないよう、しっかり乾かすことで、サビが出にくくなるというわけです♪

自転車の掃除の仕方

自転車は定期的に掃除することで、きれいな状態をキープできます。その際、気をつけるべきポイントを押さえることで、効果的に掃除が可能です。

中性洗剤をつけクロスで拭きあげる

自転車掃除をするときには、まず全体の汚れを浮かして落とし「クロス」で拭きあげましょう。車体を軽く濡らすことで、ホコリや汚れが落ちやすい状態にしてから、中性洗剤で洗います。

スポンジやブラシを使って泡立てながら洗うと、より効果的です◎ 十分汚れが落ちたら、水ですすぎます。すすぎ残しがないようしっかり流してから、乾いた布で水滴を残さないように拭きあげて完了です。

頑固なサビには重曹を

なかなか落ちないサビには「重曹」を使います。少量の水で「ペースト状」にすると、重曹の粒子でサビ落としが可能です◎

●重曹
●水
●歯ブラシ

以上3点を用意したら、重曹と水を1:4の割合を目安に混ぜてペーストを作ります。サビの目立つ部分にペーストを塗り、1時間置いてから歯ブラシでこすると、サビが落ちやすいというわけです。

チェーンの掃除はブラシで

チェーンが見えているタイプの自転車に乗っているなら、この部分も忘れずに掃除します。メンテナンスせずに乗っていると、ベトベトのオイルやサビで汚くなっている可能性があるからです。

この部分は洗いにくい場所なので、形に合った「専用のブラシ」を使います。チェーンの形状に合うブラシなら、きれいに汚れが落とせて効果的です♪

チェーン全体を掃除するには、タイヤを回しながら汚れを落とします。少しずつクリーナーをかけて掃除すると、仕上がりがきれいです。

公園で自転車掃除をするときの注意点

自宅で自転車掃除のための場所を確保するのが難しい場合、公園で掃除することもあります。このとき大切なのが、地面に汚れを残さないよう「養生」することです。

新聞紙やブルーシート、ぞうきんなどを敷いて、地面を保護します。特に、ギアの真下は汚れた洗浄液が落ちやすいため、何枚も重ねて念入りに養生することが大切です!

公共の場所に汚れを残さないことを意識しましょう。

自転車掃除におすすめのアイテム

掃除をするときには、自転車を壁に立てかけたり、付属のスタンドで立たせたりして行います。しかし、これでは高さが低く、かがまなければ掃除できません。

無理な姿勢が続きますし、細かな部分が見えにくく汚れを見逃す可能性があります。こうした悩みを解消するには、掃除に役立つアイテムを使用すると便利です。

メンテナンススタンド

固定力が高く、作業しやすい高さにできる「メンテナンススタンド」は、自転車の掃除に便利なアイテムです。スタンドで固定するよりもしっかりとまるため、力を入れて掃除しやすくなっています。

ハンドルが同時に固定されるタイプなら、メンテナンスの途中でハンドルが傾いて作業しにくい、ということもありません。後輪を回しながら掃除するときにも便利です。

スタンドに取り付けて、掃除用具や工具を入れられるトレイも販売されています。より本格的にお手入れしたいときや、掃除をしやすくしたいときに便利です♪

ROCES 自転車 メンテナンススタンド 安定感抜群 高さ調節 角度調節 ワークスタンド 折りたたみ式 工具トレー付 軽量 コンパクト 収納、持ち運びに便利 RS100
商品情報をAmazonで見る

自転車を掃除してピカピカにしよう

自転車は気がつくと汚れているものです。屋外に置くことも多いため、雨に濡れてサビが出ることもあります。長期間お手入れしていない場合、オイルが劣化して黒く変色することもあるでしょう。

そのため、定期的な掃除でマメに汚れを落とすのがおすすめです◎ 中性洗剤や重曹を使って、汚れやサビを落とせば、自転車は見違えます。汚れに合った掃除方法を知ることで、ピカピカの自転車をキープできるはずですよ♡


LIMIAからのお知らせ

太陽光発電をご検討なら「グリエネ」
1.最安値の業者が分かる安心の一括見積もり!
2.加盟店全国450社以上!厳しい審査を通過した優良会社のみ
3.カスタマーサポートによる完全個別対応

  • 3141
  • 8
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード