鍋を収納するコツは片付ける場所で違う!棚と引き出しのお悩みを解決

大きくてかさばりやすい鍋類は重ねずに、1個ずつ収納するのがおすすめです。棚や引き出しに入れる際は、収納アイテムや仕切りを使ってスペースを確保しましょう。100均グッズを使った目から鱗の収納アイデアも紹介します。

  • 18501
  • 100
  • 0
  • いいね
  • クリップ

鍋を上手に収納するポイント

形状や大きさが異なる「鍋類」は収納が難しいキッチン用具のひとつです。おまけに積み重ね収納ができない「ふた部分」があるので、無駄にスペースを取ってしまいますね。鍋を上手に収納するポイントは2つです。

収納する鍋を決める

鍋は、料理の内容や人数に応じて使い分けるのが一般的です。シチュー用の両手鍋やソース用のミルクパンなど種類も豊富なので、「鍋が家にひとつしかない」という家庭はめったにないでしょう。

しかし、たくさんの鍋の中には「よく使うもの」と「時々使うもの」、そして「めったに使わないもの」の3種類があるはずです。

まずは、「よく使う鍋」を優先的に選び出しましょう。キッチンの収納スペースは限られているので、ほとんど使わない鍋は人にあげるか、思い切って処分します。

よく使う「一軍鍋」は最も手が届きやすい位置に、時々しか使わない「二軍鍋」は別の場所にしまうのが基本です。分類をして位置決めをするだけで、ごちゃごちゃしていた空間がスッキリと片付きますよ。

導線を踏まえて収納場所を決める

次に考えたいのが、鍋類の「収納場所」です。収納場所の例としては、コンロ下、シンク下、食器棚(シェルフ)、壁面収納などが挙げられます。調理時の導線を考えれば、「コンロに近い場所」が理想でしょう。

パスタ鍋やボールなど、最初に水を入れて使う鍋は、シンク下に置くのもよいですね。

棚に入れる場合は、右利きであれば棚の左寄りに、左利きなら棚の右寄りに置き、忙しいときでもワンアクションで取り出しができるように工夫します。

また、収納場所が「観音開き」か「引き出し式」かによっても収納方法が変わります。次の章では、それぞれの収納のポイントを解説しましょう。

棚収納のポイントと便利アイテム2選

「棚収納」はシンク下や食器棚によくある仕様です。空間が上下に仕切られるので、見た目以上の収納力を発揮するでしょう。しかし、奥行きや高さが上手く活用できないと無駄なデッドスペースを生み出します。

棚収納は、いかに「見やすく、取り出しやすくするか」がポイントです!

積み重ねずに見やすくする

棚収納でありがちなのが、「鍋の積み重ね」です。小さい鍋と大きな鍋をまとめて収納できるので、一見省スペースに思えますが、何がどこにあるのか分かりにくく、取り出すのが面倒ですね。

棚収納のポイントは、鍋を重ねず、個別で取り出せるような状態にすることです。収納部分が3~4段の小さな収納ラック(タワー型)を使うと、鍋ひとつ一つの位置が確保できる上、ふたが迷子になる心配もありません。

扉付き収納に〔ドウシシャ〕の《メタルラック》

〔ドウシシャ〕の《メタルラック》はシンク下やコンロ下の収納に最適な3段タイプ(高さ51cm)で、よく使う鍋類だけを並べておくのに最適です。

棚の幅や高さには十分な余裕があり、大きな両手鍋も余裕で入ります。棚板の取付け位置は2.5cmピッチで変更可能なので自由の高い収納が可能です。

収納物に合わせて調節すれば、空間が無駄なく使えるでしょう。

鉄製ですが、クロムめっき、ニッケルめっき、クリアコーティングの3重コート仕様なので水濡れによる錆びを気にせず使えます。

テレビ台 メタルラック 幅59.5×奥行34.5×高さ51cm 防サビ キャスター・固定脚付属 エコノミーシリーズ 3段 ルミナスパーツ互換品 ポール径19mm EL19-51603
商品情報をAmazonで見る

台所の壁に〔イケア〕《クングスフォルス》

シンクやコンロ下に入りきれない鍋類は、見やすく取り出しやすい「壁面収納」がおすすめです。

〔イケア〕の《クングスフォルス》は、台所の壁に設置して使うタイプで、同シリーズのほかの商品と組み合わせて、自由なアレンジができるのが特徴です。

スチールとウッドのスタイリッシュなデザインは、いつものキッチンをセンスよく見せてくれるでしょう。キッチンの導線を考えて設置したいですね。

引き出し収納のポイントとアイテム2選

作業台に付いている収納庫は「キャスター付きの引き出し式」が多いです。1番下の引き出しは、ある程度の深さがあるので鍋類の収納に活用しましょう。

立てて取り出しやすくする

「引き出し式」の場合、鍋類は全て「立てて収納」するのが基本です。見やすく取り出しやすいので作業の効率もアップするでしょう。 

独立型の「ファイルボックス」を鍋の数だけ並べてもよいですし、引き出しの幅にあった仕切りを使ってもOKです。鍋はもちろん、鍋ぶたやボール、フライパン、まな板なども立てる収納に向いていますね。

ミルクパンやフライパンなどの持ち手があるものは持ち手を手前に向け、ファイルボックスや仕切りの縁に立てかけるようにすると便利です。

〔無印良品〕《アクリル仕切りスタンド》

引き出しの鍋収納に活用できるのが清潔感のある《アクリル仕切りスタンド》です。仕切り部分は可動しませんが、鍋やフライパンを入れるだけの十分な余裕があります。

仕切りは3つのみなので、必要に応じて買い足しましょう。幅が狭めの仕切りスタンドと組み合わせれば、空間が無駄なく活用できますよ。

シンプルな〔無印良品〕の収納アイテムは、異なるシリーズを組み合わせても、ちぐはぐな印象になりにくいのが特徴です。ぜひさまざまなアイテムを取り入れてみましょう。

無印良品 アクリル仕切りスタンド 3仕切り・約268×210×160mm 日本製
商品情報をAmazonで見る

〔山崎実業〕《伸縮式スタンドタワー》

《伸縮式スタンドタワー》は引き出しの幅やアイテムの数に合わせて収納部分が調節できるタイプです。

スチールのシンプルな骨組みは通気性がよく「ボックス型の収納アイテムはカビや湿気が気になる」という人でも満足できるでしょう。

フライパンの持ち手や鍋のつまみを支える部分が付いているので出し入れがスムーズですよ。観音扉のキャビネットにも使えるので、買って損はありません。

山崎実業 伸縮式 鍋蓋収納 シンク下 伸縮鍋蓋 & フライパンスタンド タワー ホワイト 3840
商品情報をAmazonで見る

100均アイテムを使った収納アイデア

「市販の収納アイテムは規格が合わない……」「たくさんそろえたいのに値段が高い」という人は、100均にあるさまざまなアイテムを使ったオリジナル収納に挑戦してみましょう。

突っ張り棒やワイヤーネットなど、本来の用途以外の使い方に「目から鱗」です!

突っ張り棒とネットで仕切る

シンクやコンロ下のキャビネットやシェルフは空間が仕切られていないので使いにくいですよね。100均の突っ張り棒を前と後ろの2カ所に設置し、結束バンドを使ってワイヤーネットをくくりつけましょう。

何もなかった空間がワイヤーネットで仕切られ、鍋類やふた類の整理整頓が楽になります。収納物の大きさや数に合わせて、仕切り幅が自由自在に調整できるのがポイントです。

鍋類のほかに、散らかりやすい紙袋や新聞紙などを立てて収納するのにも便利でしょう。

プラスチックケースで分類する

引き出しの「立てる収納」には、100均のプラスチックケースが活用できます。全体がメッシュになっているケースは通気性がよく、カビが心配な人にもおすすめです。

収納物の数に合わせて気軽に買い足しができるのも100円ならではの魅力でしょう。

プラスチックケースと一口にいっても、〔ダイソー〕や〔セリア〕〔キャンドゥ〕など、メーカーごとにデザインが違うので、好みのものをじっくりと探してみてはいかがでしょうか。

かさばる鍋をスッキリ片付けよう

用途によって使い分ける鍋類は、見やすく、取り出しやすく収納するのが基本です。

取っ手が付いていたり、ふたがあったりと、意外にスペースを取ってしまうので、収納アイテムを上手に活用し、仕切りを作ってあげましょう。重ねずに個別に収納することで、出し入れがぐっとスムーズになりますよ。

ファイルボックスや突っ張り棒など、本来の用途以外のアイテムも積極的に取り入れてみましょう。


LIMIAからのお知らせ

【24時間限定⏰】毎日10時〜タイムセール開催中✨
LIMIAで大人気の住まい・暮らしに役立つアイテムがいつでもお買い得♡

  • 18501
  • 100
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード