ジャンパーを自宅で洗濯しよう!きれいに洗う方法や頻度を紹介

肌寒いときに羽織れる「ジャンパー」は、1枚持っておくと便利なアイテムです。そんなジャンパーは、自宅でお手入れできる物があると知っていますか? 専用の洗剤もなく、自宅にある物を使ってきれいにできますよ。洗濯方法やアイテムを紹介します!

  • 6360
  • 12
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ジャンパーを洗濯する前の確認要項

肌寒い季節にサラッと羽織れる「ジャンパー」は重宝しますよね。防寒だけでなく防水効果も高く、雨の日でも使えます。おしゃれで便利なジャンパーのお手入れ方法についてチェックしていきましょう!

洗濯表示を確認

ジャンパーのお手入れの前には、まず「洗濯表示」を確認しましょう。

「家庭洗濯マーク(洗濯機マーク)」や「手洗いマーク」が付いていれば、水洗いできますよ。

水洗いできない物を洗ってしまうと、縮みや繊維の痛みにつながります。ジャンパーの素材によりますが、色落ちや毛羽立ちの原因にもなるため、洗濯表示は必ず確認したいポイントです。

自宅でのお手入れに向かないジャンパーは、クリーニングに出してきれいさを保ちましょう。

洗剤は中性洗剤をチョイス

ジャンパーに使う洗剤は「中性洗剤」がおすすめです。

普通の洗いに使う「合成洗剤」では、成分が強すぎるため、繊維が傷んでしまう可能性があります。

ジャンパーのようなおしゃれ着には、洗浄力が控えめの「中性洗剤」がぴったりです。

上着だからといって特別な洗剤を使うことなく、自宅にある物を使って手軽にきれいにできるのもうれしいポイントですね。

洗濯をする際にはチャックを閉めて

実際にジャンパーを洗濯機に入れるときには「チャックを閉める」ようにしましょう。

チャックは金属製であることが多く、洗濯機の中を傷付ける恐れがあります。ギザギザになっているので、ほかの衣類と一緒に洗うと生地を引っ掛けてしまう可能性もあるのです。

チャックを閉めて洗うことでジャンパーその物の型崩れを防げます。洗濯ネットに入れて洗えば、ほかの衣類を傷付ける心配もなくなりますよ!

ジャンパーの洗濯方法

ジャンパーを実際に洗うときには、どのような点に気を付けるべきでしょうか? 洗濯シーンごとに具体的に紹介します。お手入れの頻度についてもチェックしていきましょう。

洗濯機が使える場合

洗濯機を使用できるタイプのジャンパーは「型崩れ」に注意しましょう。ほかの衣類を一緒に洗濯するなら、チャック部分に衣類が引っ掛からないように工夫するのもポイントです。

ジャンパーを洗濯機で洗うには、以下のアイテムを使います。

●中性洗剤
●洗濯ネット

中性洗剤は規定の容量を投入し、「おしゃれ着洗い」コースを選びましょう。洗濯ネットには、ジャンパーを折りたたんでから入れることが型崩れを防ぐコツですよ。

手洗いが必要な場合

洗濯表示が手洗いマークのみであったり、ジャンパーに特殊な加工が施されていたりする場合には「手洗い」がおすすめです。

手洗いに必要になるアイテムをチェックしてみましょう。

●中性洗剤
●バスタオル
●洗面器(バスタブやシンクでも可)

洗面器やバスタブの中に、ぬるま湯をたっぷりとためて中性洗剤を溶かします。ジャンパーを沈めて、生地をやさしく押し洗いしましょう。

5〜10分ほど手洗いしたら、きれいな水に張り替えて泡を落とします。その後、タオルドライで水気を切って形を整え、陰干しすれば完了です!

洗濯の頻度は月に1回が目安

汚さない限りはお手入れのタイミングが分かりづらいジャンパーですが、理想の頻度は「月1回」です。

なかなか目立つ汚れは付かないように思えるジャンパーは、外気に触れる時間が長いため、肉眼では見えづらい汚れやほこりが付いてしまう物です。汗や皮脂も同じように付着してしまっているかもしれません。

そのため、理想は月1で洗濯できるとよいでしょう。

月1で洗えなかった場合にも衣替えやクローゼットの中にしまうタイミングで洗えると、着たいときにいつでも清潔な状態で着用できるのでおすすめですよ。

ダウンジャケットを洗濯するには

冬場のファッションには欠かせないアイテムの「ダウンジャケット」は、自宅でお手入れできないと思っていませんか? 種類によっては実は手洗いが可能なアイテムです。洗濯方法を見てみましょう!

ダウンジャケットを手洗いで洗濯

ダウンジャケットの洗濯表示に「水洗いマーク」が付いていれば、手洗いが可能です。水洗い不可のダウンジャケットを誤って洗濯してしまうと繊維が元には戻らないので注意しましょう。

ダウンジャケットの手洗いには、以下のアイテムを使います。

●中性洗剤
●やわらかいスポンジ
●洗濯槽やバスタブ

ダウンジャケットに汚れが付着している場合は、スポンジを使って取り除いておきましょう。洗濯槽(バスタブ)に水をため、中性洗剤を溶かします。

5〜10分ほど押し洗いしたあと、おしゃれ着コースで30秒ほど脱水にかけましょう。新しい水に張り替えて泡を落とした後、脱水に再度かけます。泡がしっかり落ちれば洗濯は完了です。

最後に脱水モードで水気を切り、タオルドライ後に陰干ししましょう!

洗濯機で洗うなら浮かないように

ダウンジャケットを洗濯機で洗うポイントは「ダウンジャケットが浮かないようにする」ことです。

ダウンジャケットの羽毛は空気を多く含むため、なかなか水に沈められません。そのため、手でダウンジャケットをしっかりと押さえて水の中に浸してから、洗濯を始めましょう。

また、最後まで洗濯機を回すのではなく「脱水」にもポイントがあります。強い力で一気に脱水をかけてしまうと、ダウンジャケットの羽毛に偏りが出てしまうため、脱水は「やさしく」「30秒」ごとに回しましょう。

ダウンジャケットは衣類の中でも特に扱いが難しいため、大切なダウンジャケットや自宅でのお手入れが心配な場合には、クリーニングを利用しましょう!

きれいなジャンパーでファッションを楽しむ

春や秋など、ひんやりとするときにサラッと羽織れる「ジャンパー」は、1枚持っておきたいアイテムです!

しっかりとした見た目のジャンパーも実は、自宅で洗濯できる物がありますよ。洗濯表示をチェックして、洗濯機や手洗いにチャレンジしましょう。

お手入れに使用するアイテムは、中性洗剤と洗濯ネットのみです。家にある物を使えるのもうれしいですね! これらのアイテムを使って、種類によっては「ダウンジャケット」の洗濯も可能です。

自宅でこまめにお手入れして、おしゃれを楽しみましょう!

  • 6360
  • 12
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード