ベッドを選び慣れていない方に店長がお伝えしたいこと。

ベッドって普通、頭側を壁側に向くように置きますよね。

でも、お部屋のレイアウトや方角の問題で
どうしても頭の裏側が見えるように置かなくてはいけない、
っていうこともあるかと思うのです。

そういう時に知っておいて欲しいことがある、というのが今回のお話♪

  • 3734
  • 28
  • 0
  • いいね
  • クリップ

今回は「ベッドを置く時」のお話。

どうもこんにちは!

あなたの暮らし応援アドバイザー。
北海道の標茶(しべちゃ)にある平田家具店、

店長の平田敬(たかし・弟)です!



今回はどちらかというと
「今までベッドを使ったことがないけど検討中」
っていう方へ向けたお話でして。

ベッドをお部屋に置く、配置する時に
ちょっとお伝えしておきたい点があるので
お話しておきたい、というお話なのです♪


こちらは、ひらた家具店のベッド売り場の図。


ベッドの「頭の裏側」は2種類ある。

ベッドって「頭側」と「脚側」がしっかりと決まっているわけです。
頭側はメガネを置いたりできる棚があったり、
ちょっとした照明がついていたりしますよね。


ベッドの頭に近づいた写真。こんな風に「棚」になっていたりします。


通常、ベッドをお部屋に置く時って、この頭側が壁際に向けて、
「頭の裏側は見えない状態」になることが多いと思うのです。


でも、ですね。

例えば、お部屋の家具の配置の問題で、
どうしてもベッドの頭の裏側が見えるように置かなくてはいけない、とか、
北枕など方角の問題で裏側が見えるように置きたい、という場合。


そんな時に知っておいて欲しいのが…


ベッドの頭の裏側を撮影した図。


写真の向かって左のように「頭の裏側も化粧板になっているタイプ」と、
右のように「裏側は木材がむき出しになっているタイプ」があるのです。

(「化粧板」っていうのは木材がむき出しになってないもののこと)


ベッドの裏側ってあまり見ることないかと思うのですが、
実はこういう2種類があるんですね~。


購入の前にちょっと考えてみてね♪

初めてベッドを使う、という方は、
ベッド選びにも慣れていらっしゃらないかと思いますので、
ぜひお使いになる際に、ベッドの頭がどちらを向くのか、
ということも気にしていただければな、と。


頭の裏側がむき出しになっているタイプの写真。


DIYが得意な方ですと、こういう「むき出し」の裏側を
塗装した板などを貼り付けて隠すこともできるかと思うのですが…

慣れないとそれもなかなか難しいですよね~。


そんなわけで、ベッドの裏側ってこういう風に2種類あるんだ
っていうことを覚えておいていただき、
ベッド選びの際にお役立ていただければと思います♪


さてさて。
それでは今回はこの辺で。

店長でした~!


ベッド選びにはこちらの記事も店長オススメです♪


LIMIAからのお知らせ

楽天ポイント最大50%還元♡楽天スーパーDEAL!
人気ブランドから日用品までポイント高還元!毎日更新中

  • 3734
  • 28
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

家具・インテリア

ご覧いただきありがとうございます!家具やインテリアの基礎知識や豆知識など、お役に立てる情報を発信できるようにがんばっております。フォローはお気軽に♪こちら、LI…

おすすめのアイデア

話題のキーワード