水垢汚れを掃除する4つの方法!頑固なウロコ汚れもさっぱりキレイに

水垢ができる原因と水垢汚れをすっきり落とす4つの方法をまとめました。軽い汚れからこびりついて取れない汚れまで、水垢汚れの度合いに合わせた水垢落としの方法を紹介しています。「水垢汚れが取れない」とお悩みの方は必見ですよ。

  • 11731
  • 175
  • 0
  • いいね
  • クリップ

水垢ができる原因とは?

水垢の原因は、水道水に含まれているミネラルやカルシウムなどの成分。洗い流したあとの水分が蒸発して乾燥したあと、これらの成分が固まることによって、水垢ができてしまうのです。

浴槽や洗面所の場合は、流し残った石鹸のカスや手垢が付着したままになることも水垢の原因になります。

水垢汚れをすっきり掃除する4つの方法

提供:LIMIA編集部

水垢汚れをすっきり落とす4つの方法を紹介します。軽い水垢汚れからガンコな水垢汚れまで、水垢汚れの度合いに合わせた掃除方法をまとめました。

軽い水垢汚れは酸で落とす

軽い水垢汚れは、クエン酸や酸性洗剤を使って落とす方法がおすすめ。クエン酸や酸性洗剤はやさしく水垢汚れを落せる優れものですよ。

1. クエン酸を使った方法

軽い水垢汚れには「クエン酸」を活用しましょう。クエン酸は、お風呂の鏡やキッチンのシンクの軽い水垢落としに便利です。

用意するもの

提供:LIMIA編集部

・水
・クエン酸
・スプレーボトル
・スポンジ
・キッチンペーパー

手順

1. クエン酸水スプレーをつくる

200mlの水に対して、小さじ1杯のクエン酸を混ぜ合わせます。よく混ぜたら、市販のスプレーボトルの中に入れていきましょう。

2. キッチンペーパーにクエン酸スプレーを吹きかける

提供:LIMIA編集部

水垢が付着している箇所にスプレーを吹きかけ、キッチンペーパーを貼りつけます。キッチンペーパーが落ちてしまう場合は、直接クエン酸水を吹きかけ、湿らせます。そうすることで、キッチンペーパーをペタッと貼り付けられますよ。この状態で1時間ほど放置しましょう。

3. スポンジでこすり洗いする

水垢が柔らかくなってきたら、スポンジでこすり取りましょう。きれいに洗い流せば完了です。

2. 市販の酸性洗剤を使った方法

「こすり洗いをすると、傷がついてしまうのでは……」といった心配がある場合は、市販の「酸性洗剤」を使う方法もおすすめ。

酸性洗剤には「酢酸」と呼ばれる成分が含まれており、水垢だけでなく浴槽や洗面所に残ってしまう石鹸カスもしっかりと落としてくれるのです◎。

酸性洗剤は水垢汚れをしっかり落とせる反面、手荒れを起こす可能性もあります。肌が弱い人はとくに注意しましょう。

用意するもの

・酸性洗剤
・スポンジ

手順

1. 水垢汚れに酸性洗剤を直接塗布する
2. 数分待ってからスポンジでこすり洗いする

水垢が柔らかくなってからこすることで、落としやすくなりますよ。

こびりついて取れない水垢汚れは削って落とす

頑固な水垢を落とすには、研磨力のある「重曹」や「ウール」を使って汚れを削り落とす方法もあります。

ですが掃除場所の素材によっては、傷つけてしまうおそれがあります。まずは目立たない場所で試してみて、素材に傷がつかないかどうか確認してくださいね。

3. 重曹を使った方法

重曹はクレンザーのように汚れを削り落とす性質があります。水垢汚れをしっかり落とせる上に、素材を傷つけにくいという便利な掃除アイテムです。

用意するもの

提供:LIMIA編集部

・重曹
・スポンジ

手順

1. 適量の重曹をスポンジにつける
2. 水垢が気になる部分をしっかり磨いていく

提供:LIMIA編集部

できたばかりの水垢であれば、重曹の研磨作用で簡単に落とせますよ。

4. スチールウールを使った方法

重曹を使っても落ちない水垢汚れには、スチールウールを使って削り落としていきましょう! スチールウールは、お鍋やフライパンのこげつきを落とす際に使われます。削る力が高いので、水垢汚れをしっかり落としてくれますよ。

用意するもの

・スチールウール
・酸性洗剤

手順

1. スチールウールに酸性洗剤をつける
2. 水垢汚れが気になる部分をこすり落とす

スチールウールは削り落とす力が非常に高いため、水垢をすっきり落とせます。しかし強い力でゴシゴシ削ってしまうと、素材を傷つけてしまうおそれも。スチールウールを使う際は、できるだけやさしく削り落としてくださいね。

こまめな掃除が難しい場合はプロに任せるのも◎

「自分で水垢汚れを落とすのは面倒……」という人は、思いきってプロの専門業者に任せることも、一つの方法です。

しかし、やはり気になるのはお値段ですよね。ここでは実際に業者へお任せした場合の料金や時間を詳しく解説していきます。

料金相場と所要時間

専門業者へ依頼する場合、掃除する場所によっても料金や時間が異なります。

たとえば、キッチンまわりの掃除は基本的にコンロ周辺や照明、調理台、壁面の掃除などが含まれるので、平均で19,400円ほどです。所要時間は約2~3時間かかります。

お風呂や洗面所などの掃除は、浴槽や壁面、天井、床がプランに含まれていることがほとんどです。料金は平均で約14,500円、所要時間は2時間ほどかかるでしょう。

ただし、防カビコーティングや鏡の水垢とり、浴槽内のエプロン内部の洗浄といった部分になると、追加オプションとなる業者も多いです。料金も約30,000~57,000円と変わってきます。

所要時間は、掃除をする場所が増えれば増えるほどかかってくるため、事前にしっかり相談しておくことが大切です。

徹底的に掃除するなら水回りのセットプラン

最近では、毎日使うお風呂や洗面所、キッチン、トイレなどを含めた「水回りのセットプラン」を設けている業者も増えています。

水まわりはとくに頑固な水垢汚れもたまりやすく、自分の力だけでは落としきれない人も多いようです。そんなときこそプロの力に頼って、きれいにさっぱりと汚れを落としてもらいましょう!

気になる料金ですが、お風呂や洗面所、トイレ掃除のセットプランの場合は15,000~38,000円程度です。2~7時間ほどでピカピカに掃除をしてくれます。

このプランにキッチンやレンジフード関連の掃除を追加した場合の相場は、18,000円~76,000円ほどです。掃除にかかる時間も4時間を超えてくる場合があります……!

対応範囲は業者により異なる点に注意

業者によっては、対応できる箇所が決まっている場合や、掃除ができない部分もあるため、依頼する前に必ず確認するようにしましょう。

見積もりをする前に、依頼したい場所や希望の時間、追加オプションなどを事前に決めておくことも大切です。

短時間で済ませたい場合は、自分ではなかなかこまめに掃除できない場所のみを依頼するとよいかもしれませんね♪

家事代行サービス〔CaSy(カジー)〕では、水垢の掃除はもちろん、水回り全般、お部屋のお掃除・お片づけまで依頼が可能。重点的に掃除してほしいところを伝えればリクエストに応えてお掃除してくれるので、「家事代行サービスを使ったことがないから不安……」という方も一度チェックしてみてください♪

水垢は汚れの度合いによって、掃除アイテムと掃除方法が異なります。軽い水垢汚れにはクエン酸や酸性洗剤、こびりついて取れない水垢汚れには重曹やスチールウールを使った方法がおすすめです。

どうしても、自分の力で落としきれない頑固な水垢汚れは、業者に頼んでピカピカに掃除してもらいましょう。

※製品によって、お手入れのしかたは異なりますため、必ず製品の取扱説明書に従って作業を行ってください。
※お掃除の際には、ゴム手袋をつけて、しっかりと換気を行い作業をしてください。


LIMIAからのお知らせ

今年の大掃除はプロにお願いしてみませんか?
人気のお風呂・キッチン・換気扇クリーニング3点セットが今なら33,000円(税込)。

  • 11731
  • 175
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

LIMIA 暮らしのお役立ち情報部さんの他のアイデア

生活の知恵のデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード