ベッドを掃除してダニやカビを撃退!寝具を清潔にする方法を紹介

毎日使用するベッドは、どのように掃除していますか? ベッドシーツは頻繁に洗濯できますが、ベッド自体はどのように掃除すればよいのでしょうか。汚れる原因を知り、ダニやカビ予防もできる掃除方法について紹介します。

  • 46038
  • 147
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ベッドに付いている汚れとは

なぜ、ベッドは汚れるのでしょうか? 気になるシミや黄ばみなどはどのようにしてできるのか、汚れの原因について見てみましょう。

人体から出る汚れ

シーツの汚れのほとんどは、人体から出る汚れだといっても過言ではありません。

人は毎日、寝ている間にコップ一杯分の汗をかくとされているので、かなりの量の水分がベッドに染み込んでいることになりますね。

それ以外の人体から出る汚れでは、フケや皮膚などが挙げられます。これらの汚れは、ベッドの上に散らばっていて、ベッドの上がザラザラする原因の一つです。

汗やよだれは特に布に染み込みやすいので、定期的に掃除しないと、シミになったり、黄ばみになって落ちにくくなったりします。

ダニ、カビ、ホコリ

ベッドに落ちているフケ、皮膚や染み込んだ汗、よだれなどはダニが住み着く原因となります。

ダニは、外出した衣服に付着してくる場合も多いので、外から帰ってきたら部屋着やパジャマに着替えてからベッドに移動したいですね。

また、汗やよだれなどは水分なので、ベッドをきちんと乾燥させないとカビの原因になります。

ホコリは外から舞い込んできたり、衣服から落ちたりしますが、ベッド周りに物がたくさんあると、ホコリが溜まりやすくなるので注意しましょう。

ベッドを掃除する方法

では、ベッドについた汗やよだれ、ホコリやダニはどのように掃除すればよいのでしょうか? その方法について紹介します。

道具を用意する

まずはベッド掃除に必要な道具を用意しましょう。

シーツや枕カバーは洗濯機で洗濯しますが、それ以外の掃除に必要な道具は「掃除機」と「除菌スプレー」、そして「雑巾などの布」です。

中でも特に重要なのが掃除機です。布団専用のノズルがある掃除機の場合は、そのノズルも用意しましょう。

普段フローリングなどを掃除しているノズルを使用する場合は、ノズルの先を拭いて掃除しておくと抵抗なく使用できるでしょう。

シーツを外して掃除機をかける

まずは部屋の窓を開け、空気を入れ替えながらベッドのシーツを外しましょう。

このとき、シーツの上のゴミがマットレスの上に散らばらないように、シーツの端を持ち上げながら、真ん中に集めて外します。

シーツを外したら、マットレスの上に掃除機をかけます。なるべくゆっくりと丁寧にかけるのがきれいにするコツです。

掃除機をかける方向は一方向にし、前後に動かします。まずは縦方向をかけて次に横方向にかけていきましょう。

マットレスの端まで丁寧に掃除機をかけたら、今度は裏返してまた同じように掃除機をかけます。

マットレスの縫い目は細かいホコリや、フケなどがたくさん詰まっていて、ダニがいる可能性が高い場所なので、掃除機のブラシを使いながら汚れをかきだして吸い取りましょう。

風に当てる

マットレスは構造上、湿気が溜まりやすいので、風に当てて乾燥させましょう。

掃除機をかけ終えたマットレスを立てておくと、よりマットレスの湿気が飛びやすいですよ。その際、除菌スプレーを振っておくと、マットレスに付いたにおいもなくなります。

マットレスを乾かす間には、雑巾を使ってベッドフレームを水拭きし、ホコリや汚れを掃除しましょう。

マットレスもベッドフレームもしっかりと乾いたら、マットレスをベッドに戻します。いつも使っている面と逆の面を上にすると、汚れが集中せず、同じところにシミができるのを防げますよ!

ダニやカビを退治するには

カビやダニは健康にも悪影響を及ぼす可能性があります。ベッドをダニやカビから守るためには何をすればよいのでしょうか。

乾燥機で加熱する

ダニは熱に弱く、50度以上の熱では20〜30分、また60度の熱では一瞬で死滅します。

シーツやベッドパッドの場合は、家庭用洗濯機かコインランドリーの乾燥機を使えば、温度は55度以上なので、乾燥するまでには死滅させることができます。

また、布団乾燥機を使えばマットレスにも温風を送ることができます。マットレスの上に布団乾燥機のホースを伸ばし、掛け布団をかけて60分程度乾燥させれば、ダニは死滅します。

熱処理でダニを死滅させた後は、マットレスにダニの死骸がついているので、必ず掃除機をかけてその死骸を取り除きましょう。

カビは除菌スプレーを吹きかける

マットレスをあまり掃除をしていなかった場合、マットレスだけでなくベッドフレームにもカビが発生している可能性があります。

特に、木製のベッドフレームの場合は水だけでは取りきれないので、除菌スプレーを使って掃除します。

除菌スプレーを吹き付けた布を、カビの部分に貼り付けておくと、サッと取り除くことができますよ!

また、マットレスは乾燥をさせることでカビ防止になるので、なるべく風に当て、可能な場合は日光を当てて湿気を飛ばしましょう。

ベッドの湿気を取る「防湿シート」も市販されているので、マットレスに風通しをするのが難しい場合は利用してみるとよいでしょう。

清潔なベッドで快眠生活を

ベッドは毎日、寝るたびに汚れがたまります。汚れのたまったベッドは、カビやダニが繁殖しやすく、放ったままにしておくと、カビが発生することもあります。

清潔なベッドで快適な睡眠を取るためにも、定期的にベッドの掃除を行いましょう。


LIMIAからのお知らせ

今年の大掃除はプロにお願いしてみませんか?
人気のお風呂・キッチン・換気扇クリーニング3点セットが今なら33,000円(税込)。

  • 46038
  • 147
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

LIMIA 暮らしのお役立ち情報部さんの他のアイデア

生活の知恵のデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード