狭いスペースも活用!リビングの収納アイデア

ゆっくり読書を楽しんだり家族で過ごしたり、来客時には応接室として使ったりと、リビングはまさに家の多目的スペースと言っても過言ではありません。それゆえに、物が増えて散らかりがちな場所でもあります。

  • 4512
  • 10
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ゆっくり読書を楽しんだり家族で過ごしたり、来客時には応接室として使ったりと、リビングはまさに家の多目的スペースと言っても過言ではありません。それゆえに、物が増えて散らかりがちな場所でもあります。
そこで、リビングに溢れてしまった物を収納するアイデアをご紹介します。

リビングに散乱する物をまとめる

まずはリビングに散らかっている物を、一度整理してみましょう。その際は、今ある小物入れやフォルダーケースなどを使って文具や書類、日用品といった具合に仕分けていきます。そして、つい出しっぱなしにしていた物やしまい忘れていた物、あるいは大切に保管しておいた方がいい物などを収納していきます。

それでも収納スペースが足りない場合は、ブランケットやカーディガンなど、必要に応じてすぐに使いたい物や、子どものおもちゃ類などを、おしゃれなカゴやバスケットに入れるだけで、リビングが散らかっているという印象は軽減できます。

空きスペースを収納に活用する

リビングにはデッドスペースがいたるところに存在します。よくあるのが部屋の角、テレビの周り、壁際です。たとえば、リビングとキッチンがキッチンカウンターで区切られている間取りでは、カウンターの下に少しスペースがあるはずです。奥行きが浅くても、スペースに合わせたラックを置くことで、雑誌やちょっとした小物などを収納できるでしょう。

また、リビングにテレビを置くとき、収納面を考えてテレビ台を選んでいるでしょうか。テレビ台はリビングの収納スペースとしてぜひ活用したいポイントです。伸縮できるタイプや、カラーボックスタイプのテレビ台なども販売されています。単にテレビを置く台ではなく、「テレビも置ける収納家具」という発想で、テレビ周りのデッドスペースを有効活用できる家具を探してみてください。

ほかにも、壁際が空いていたら壁に収納を作ってしまう「壁面収納」も選択肢のひとつです。全部の物をしまい込まない「見せる収納」のひとつで、デザイン性が高くリビングをおしゃれに演出してくれます。大容量の壁面ラックや壁に立てかけるだけで使えるハシゴ型のラダーシェルフ、つっぱり式で簡単に設置できる棚など種類も豊富です。「ウォールシェルフ」「ウォールラック」で調べれば、自宅のリビングに合った物を見つけることができるでしょう。

収納機能がある家具を選ぶ

リビングに置くソファやテーブルをこれから探す、または買い換えを考えているなら、収納付きの家具を選んでみてはいかがでしょうか。
足置きや椅子として使える多機能スツールや、座面の下に収納があるソファ、テーブルの下に収納スペースがあるセンターテーブルなど、収納機能を備えた家具もたくさんあります。隠し収納を活用することで、リビングがすっきりします。

リビングが散らかってしまったら、こまごました物を仕分けして整理することから始めましょう。
収納場所がなければ、カゴやバスケットに入れたり、部屋の角・テレビ周りのデッドスペースや壁を活用したりすることで収納スペースを増やせます。また、家具を選ぶときには、収納付きのソファやテーブルを検討してみてください。

  • 4512
  • 10
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

1995年の設立以来、延べ12万件以上のリフォーム施工実績のフレッシュハウス。現在は関東、中部、九州に30を超える支店・ショールームを展開。ホームプロでは全国第…

おすすめのアイデア

話題のキーワード