カラーボックスにカーテンを付けよう!目隠しですっきりした印象に

手頃な価格で収納力もあるカラーボックスは、いろいろ使える収納家具の一つです。扉が付いていないタイプのカラーボックスは中身が丸見えになってしまうので、生活感が出てしまいます。すっきりと見せるために、カーテンを付ける収納技を紹介します。

  • 22071
  • 28
  • 0
  • いいね
  • クリップ

カラーボックスにカーテンを付けるメリット

カラーボックスの中身が見えてしまうと、収納する物や収納方法に頭を悩ませてしまうでしょう。

カラーボックスの中身を隠す方法がいくつかありますが、カーテンを使った方法もおすすめです。カーテンを付けるメリットを紹介していきますね。

中身を隠しておしゃれな印象に

収納量が多いカラーボックスには、できるだけ多くの物を収納したいと思うでしょう。しかし、中身が整理されていなかったり、たくさん物が詰まっているのが見えたりすると、ごちゃごちゃした印象を受けてしまいます。

そんな悩みを解消するために、カーテンを付けてみましょう。それだけで、外からカラーボックスに何が入っているのかが分からなくなります。中身が見えないので、入れる物や量に気を使う必要もなくなりますね!

おしゃれな生地や柄のカーテンを選ぶだけで、カラーボックス全体がスタイリッシュな雰囲気に変わるのです。

部屋のインテリアに合わせやすい

カラーボックスはシンプルなカラーやデザインの物が多いので、どのようなタイプの部屋にも合わせやすいのが特徴です。

カーテンは、柄や素材によって印象が大きく変わるので、カーテンの選び方次第でより部屋のインテリアと調和した収納家具を作れますよ!

カラーボックスにカーテンを付けるのは難しそうな印象がありますが、突っ張り棒や専用のカーテンフックを使えば、思っていたよりずっと簡単にDIYできるでしょう。

カラーボックスへカーテンを付ける方法

カラーボックスにカーテンを付けると、清潔感のある収納にできるだけでなく、オリジナリティーの高い収納家具が作れます。

少しの手間を加えるだけですてきなカラーボックスにリメイクできるので、その方法について詳しく見ていきましょう! 

マジックテープ、ピンで直接

短時間でしかも簡単にカーテンを取り付けるのであれば、「ピン」を使う方法がおすすめです。カーテンをピンでカラーボックスに固定するだけなので、DIY初心者でも真似しやすいでしょう。

ピンは外側から見える物なので、飾りなどが付いているデザイン性の高いピンを選ぶとおしゃれ度もアップします。

しかし、何かの拍子でピンが外れる、子どもがカーテンを無理に引っ張るなど、簡単に外れてしまうので、小さな子どもがいる家庭では不向きでしょう。

そんなときは、「マジックテープ」がおすすめです。カラーボックス側にはボンドで直接貼り付け、カーテン側は縫い付ければ完成です。

アイロン接着できるマジックテープもあるので、カーテンへの接着を簡易的にしたい場合は、利用してみましょう!

突っ張り棒やカーテンレールで

カーテンレールや突っ張り棒を使う方法も、簡単でおすすめです。カラーボックスの横幅に合わせて突っ張り棒やカーテンレールを購入し、カーテンを通すだけです。

カーテンを通して使うときは、布の上部に突っ張り棒の通し口を作るために袋縫いをしておきます。

布を縫うのが面倒なときは、カーテンクリップを使うと簡単ですよ!

カーテンレールを用いるときは、選ぶレールによって仕上りの雰囲気が変わってきます。ワイヤーを使ったタイプならレールが目立ちにくいですよ!

いろいろな種類があるので、雰囲気にあった物を選びましょう。

サイズがぴったりなカーテンはどこにある?

カラーボックスにカーテンを付けるなら、ボックスのサイズに合う物を選んだ方がすっきりとして見えます。

しかし、適当なサイズのカーテンを探すのは意外と難しいことがあります。カラーボックスにマッチするカーテンを探すコツを紹介していきます。

ダイソーなど100均が便利

カラーボックスに合うカーテンを探す前に、ボックスのサイズをきちんと計測することが大切です。

ピッタリサイズのカーテンだと、ボックスを十分隠しきれないことがあるので数センチ余裕を持ったサイズを選ぶことがポイントです。

100均に出かけてみると、ボックスに合うサイズのカーテンが見つかることもあります。

適当なカーテンが見つからないときは、ハンドメイドで作ってみましょう。100均にもおしゃれな布がたくさん販売されているので、それを使えば材料費も抑えられますね。

〔ニトリ〕ならカラーボックスと一緒に購入も

〔ニトリ〕には、カラーボックスをはじめとした収納家具やグッズが充実しています。カラーボックス用のカーテンも販売されていますよ。

《カラーボックスカーテン》を購入すれば、ボックスの中身をしっかり隠してくれますし、自分で取り付けたりカーテンを用意したりする手間も省けますね。

マジックテープで取り外しできるので、小さい子どもの部屋に使っても安心です。値段も手頃なのでおすすめですよ。

カラーボックスカーテン(キッズ リアム) ニトリ 【玄関先迄納品】 〔合計金額7560円以上送料無料対象商品〕
商品情報を楽天で見る

意外? 〔Amazon〕などの通販でも購入可

〔Amazon〕は何でもそろう便利なショッピングサイトです。実は、カラーボックス用のカーテンも販売されているのです。

素材や柄、ボックス全体を覆ってくれるタイプなど、バリエーションが豊富なので部屋のインテリアのテイストや好みに合わせてカーテンを選べます。

カラーボックス ラック カバー カーテン 目隠し パネル おしゃれ 北欧 幅40×丈88 cm ウエーブ柄
商品情報をAmazonで見る

お気に入りカーテンをDIY

店に行って、カラーボックス用のカーテンをチェックしてみたものの、気に入った物が見つからないことがあります。

そんなときは、DIYで自分の理想に近いカーテンを作ってみましょう。真似してみたいDIYのテクニックやコツを紹介していきます。

好きな布を簡単手芸でカーテンに

お気に入りの柄や素材の布があるときは、それを使ってカーテンを自分で作ってみましょう。

用意した布をカラーボックスのサイズに縫い代2cmを残してカットします。上下はカーテンレールや突っ張り棒を通すための輪を作るのでプラス7cmあった方がよいでしょう。

縫い目が見えないように三つ折りにしてからミシンで縫うだけです。

クリップにこだわったカーテンも素敵

カーテンにアクセントを加えたいときは、カーテンクリップにこだわってみましょう。カーテンクリップを使うと、そのままカーテンをはさんで使えるので便利です。

いろいろなデザインのカーテンクリップがあるので、カーテンの柄やインテリアに合う物を選ぶと洗練された印象になりますよ。

切り替え、レースで一味違ったカーテン

カーテンのデザインや素材が変わると、全体のイメージにも違いが出てきます。例えばカーテンの柄も切り替えを入れるだけで、一味違った仕上りになります。

また、レースを取り入れると、フェミニンで柔らかい印象を与えられるようになるでしょう。

ちょっとしたデザインや素材の違いで、よりおしゃれに仕上げることもできるので、いろいろなカーテンをチェックしてみると参考になりますよ。

カラーボックスをワンランク上の印象に

カラーボックスはお手頃で収納力も抜群、キッチンやリビング、子ども部屋など、いろいろな場所の収納に活躍してくれるアイテムです。

しかし、中が丸見えになってしまうので、せっかく物が片付いていても、中身がごちゃごちゃしていると散らかっている印象を受けてしまいます。

そこで、カーテンを使ってカラーボックスに目隠ししてみましょう。専用のカーテンを購入することもできますが、部屋のテイストや理想に近いオリジナルカーテンをDIYできます。

カーテンの作り方や付け方、カーテンの素材や柄について知り、ワンランク上のカラーボックスにリメイクしてみましょう。


LIMIAからのお知らせ

太陽光発電をご検討なら「グリエネ」
1.最安値の業者が分かる安心の一括見積もり!
2.加盟店全国450社以上!厳しい審査を通過した優良会社のみ
3.カスタマーサポートによる完全個別対応

  • 22071
  • 28
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード