収納方法が知りたい!キッチンや洋服、書類の収納アイデアをご紹介

ネットを見ていると、たくさんの収納アイデアが載っています。あれこれと見ているうちに、迷ってしまってどうしたらいいのかわからなくなってしまうこともありますよね。そんなときに、収納アイデアをどのように決めたらよいのかを紹介します!

  • 4837
  • 24
  • 0
  • いいね
  • クリップ

部屋の収納方法がわからないときは

「お部屋を片付けたいけど、どのようにしたらいいのかわからない!」という人は、一度冷静になって現状を見直してみましょう。どのように見直せばいいのか、解説します!

ライフスタイルを考える

収納方法に悩んだら、まずは自分のライフスタイルを考えてみましょう。

例えば夫婦二人暮らしで共働きなら、忙しい中でも楽に収納ができる方法にしたり、赤ちゃんがいるなら、細かいものは上の方に収納して手が届かないようにしたりします。自分の置かれている環境から収納を考えるのが大切です。

見た目を重視するのか、それとも機能性を重視するのかは、個人の好みにより異なります。しかし、使っていて「使いにくい」「なんだか不便」と感じる場合には、収納を見直したほうがよいでしょう♪

何を重視するのかを明確にする

収納方法に正解はありません。収納するにあたって「何を重視するのか」も個人差があります。「使ったら簡単に戻せる収納がよいのか」「見た目が美しい収納がよいのか」「収納力を重視するのか」など、考えればいろいろ希望が出てくるはずです。

「このアイテムはこうやって収納したい!」というイメージを明確につかむことが、理想の収納方法を見つける近道と言えるでしょう。

家族がいるなら「片付けが苦手な人に合わせた収納にする」という方法もおすすめです。片付けが苦手な人が面倒くさくならない方法を編み出せば、お部屋が散らかりにくくなるでしょう♡

書類の収納方法

気が付くとたまっている書類は、散らかりがちなアイテムの代名詞です。レシートや子どもが学校でもらってきたプリントなど、種類や量が多くなりがちな書類の片付け方法を解説します♪

引き出し収納はラベリングして

書類は引き出しに入れて収納する方法が最も簡単です。引き出しにはどの書類が入っているのかすぐにわかるようにするため、ラベリングをしておきましょう。書類の場所がわかれば、取り出しやすくしまいやすいですよ♪

また、書類収納で大切なことは「いらなくなった書類はすぐに捨てること」です! すでに終わった行事のプリントを保管していても仕方がありません……。書類を定期的に捨てて、引き出しをすっきりさせておきましょう!

ファイルボックスの中を仕切る

「ファイルボックス」を使って書類を収納するのもおすすめです。

最近はいろいろなファイルボックスが売られており、中には仕切りがついているものもあります。書類を分類できるためわかりやすく、収納がはかどりそうですね!

仕切りがついていないタイプは、自分で仕切って使いましょう。背面にラベリングすると一層わかりやすくなり、書類をしっかり整理できますよ♪

一時置き場を作る

もらってきた書類をとりあえず保管する「一時置き場」も整理整頓に役立ちます。子どもの場合、ラベリングをした引き出しを用意していても「入れてくれない」ことが多いでしょう……。

「面倒」「ラベルが読めない……」など、理由はいろいろありますが、一時置き場を用意し「とにかく手紙はここに入れて!」と決めておけばよいのです♪

子どもがいない家庭でも、チラシ類を一時的に置ける場所があると、チラシが散乱せずにすみます。一時置き場に入れた書類は、時間があるときに確認するのを忘れないでくださいね。

必要なものといらないものに分けて、必要なものは引き出しやファイルボックスに保管しましょう!

洋服の収納方法

次は洋服の収納方法を解説します! 洋服にはさまざまなアイテムがあり、長さや大きさも違います。たたむ服や掛ける服など、洋服に合わせた収納をすることが大切です。

デッドスペースを有効活用する

クローゼットに服を掛けて収納していると、下にスペースができるはずです。このデッドスペースをいかに有効に使うかがポイントですよ!

スペースに合わせて収納ケースを置けば、たたんで収納する洋服を入れたり、ファッション小物類を入れたりできます。スペースに余裕があれば「ハンガーラック」を置いて、大容量の収納スペースに変身させてもよいですね♪

上にもスペースがあるなら、こちらもしっかりと収納に役立てましょう! 上の方に置くものは軽めのアイテムがおすすめです。帽子やバックなど、型崩れが心配なものを置くのにも向いています。

棚やラックはおしゃれにまとめる

クローゼットが狭く十分な容量を確保できないなら、棚やラックを駆使して収納スペースを作ってみましょう♪

例えばスチールラックを並べて洋服収納を作ったり、チェストを使って収納したりしてもすてきですね。お部屋の雰囲気に合わせてディスプレーにもこだわると、まるでおしゃれなショップのような空間に仕上がるでしょう!

押し入れは奥行きを利用する

奥行きがある押し入れを利用すれば、大容量の収納が叶います! 最近は布団を使う人も少なくなったため、押し入れに空きスペースがある家庭も多いのではないでしょうか。

押し入れは元々は布団を入れる場所であるため、棚も引き出しもありません。そのため、収納用品を使って空間を仕切る必要があるでしょう。

最近は、押し入れの奥行きを生かせる「押し入れ用のチェスト」も多く販売されています。突っ張り棒を使えば押し入れにハンガースペースも作れますよ! 洋服を掛けて使うのもよいですね。

キッチンの収納方法

次は、キッチンの収納方法です。キッチンには鍋や調味料など、さまざまな大きさや形状のものがたくさんあります。調理器具やキッチン小物をすっきり整頓する方法を見ていきましょう!

ファイルボックスが便利

ファイルボックスは、書類やノート類の収納以外にもさまざまなシーンで活躍します。

キッチンでは鍋やフライパン収納に使うのが特におすすめです! 鍋は両手や片手鍋、フライパンなど、大きさや形もいろいろです。「収納が難しい……」と考える人も多いでしょう。

使用方法は鍋置き場に並べるだけです! ファイルボックスに鍋を一つずつ入れて収納します。鍋同士が重なることなく取り出しやすくなるでしょう。

プラスチック製のファイルボックスは、油汚れをサッと拭き取れるのがうれしいですね♪

引き出しの中は仕切りを作る

キッチンの引き出しは深めのものも多く、お皿を重ねて入れると一番下にあるお皿が取り出しにくくなりますよね……。そんなときは、引き出しをファイルボックスで仕切りましょう! 箱は引き出しの高さに合ったものを選ぶのがポイントです。

お皿を立てて収納すれば、視認性が高まり使いたいお皿をすぐに取り出せます。食器類は割れ物が多いので、なるべく重ねたくないですよね。

ファイルボックス以外にも、100円ショップに行けば、仕切りになりそうなボックスやトレイが多数販売されています。キッチンの引き出しサイズに合いそうなものを使ってみてくださいね♡

小物は突っ張り棒で引っ掛けて収納

キッチン収納には「突っ張り棒」も活躍します。つり戸棚下にセットすると、ちょっとした小物スペースに早変わりするでしょう!

キッチンは水場ですので、ちょっとした乾燥スペースが欲しいときがあります。例えばゴム手袋やふきん、鍋敷き、たわしなどを引っ掛けてもよいですね。

引っ掛けるスペースが一つあるととても重宝します。レシピが書かれたメモを引っ掛けるのもおすすめですよ♡

いろんな収納方法を学ぼう

収納方法はアイデア次第で無限に広がります。どんな収納方法が自分に合っているのかは、ライフスタイルやお部屋の収納スペースの広さを考慮して決めましょう!

デッドスペースにと思えるような場所でも、突っ張り棒などの便利アイテムと使うことで、収納スペースとして十分使えますよ。簡単に挑戦できる収納アイデアを、ぜひ試してみてくださいね♪


LIMIAからのお知らせ

太陽光発電の見積りを無料お試し

1.見積もりを無料でお試し♪
2.太陽光発電の簡単相談

  • 4837
  • 24
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード