フタを選ぶ?選ばない?無印良品のおすすめごみ箱♪

お家に必ずあるであろうごみ箱。
たくさんの種類がある中から、わが家で愛用中の無印良品のごみ箱をその使い方とともにご紹介します。

  • 32172
  • 195
  • 1
  • いいね
  • クリップ

無印良品:フタが選べるダストボックス

今回ご紹介するのはこちらのごみ箱です。
無印良品らしい無駄のないシンプルな見た目と作りになっています。

サイズ

サイズは大と小の2種類あります。


〇大(30L袋用)
 約幅19×奥行41×高さ54cm
 ¥1,490-

〇小(20L袋用)
 約幅19×奥行41×高さ37cm
 ¥1,190-


素材はどちらも同じで
本体:ポリプロピレン
袋止め:スチール
色はグレーがかった白です。 


今回のご紹介に登場しているのは小(20L袋用)です。

特徴

こちらのごみ箱の最大の特徴は、ごみ箱のフタが選べることです。
別売りになっている縦開きと横開きのフタがあり、自分の家にあったものを選ぶことができます。

ごみ箱のフタって当たり前のように元からついていますが、ごみ箱本体のサイズはちょうどいいのにフタの開き方が合わない、、、
そんなこともありますよね。
でもこのごみ箱なら好きなフタを選べるのでそんなお悩みも解決です。
さらに選べるということは、選ばないという3つ目の選択肢もあるのです。

私はその3つ目の選択肢フタを選ばないを選択しました。

フタなしごみ箱

わが家では生活感を隠すために、ごみ箱はシンク下へ収納しています。
片手で扉を開けもう片方の手でごみをポイっと捨てるため、ごみ箱のフタはないほうが便利です。
(臭いの気になるものは洗ったり、二重に袋に入れたりして工夫しています。)

このサイズのごみ箱はフタ付が多いので、無印良品のごみ箱は後からフタを選べることにより、フタを無駄にしてしまったり使いにくかったりすることがなく良かったです。

袋止め付き

フタは後から選びますが、ごみ箱本体と合わせ袋止めも付いています。
袋止めがあることにより、袋が止めやすいことはもちろん、外側に袋が見えないので見た目もすっきりします。

袋は大きいものを1枚、または小さいものを2枚付けられるようになっています。
わが家では小さいものを2枚付けて燃えるごみとプラごみで分別しています。

無印良品らしいシンプルで無駄のないごみ箱。
気になる方はぜひ無印良品でチェックしてみてください。

  • 32172
  • 195
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

一人暮らしのほんの小さな一工夫

おすすめのアイデア

話題のキーワード