コインランドリーで毛布を洗う方法!事前準備と洗濯手順を詳しく解説

大きい毛布は自宅で洗うには少し大変。でも毎日使うものだからこそ、清潔に保ちたい! そんなときはコインランドリーを使いましょう。コインランドリーを使えば、短い時間で洗濯から乾燥まで仕上げてくれますよ。確認したいポイントや、おすすめの洗濯アイテムについて解説します!

  • 87036
  • 123
  • 0
  • いいね
  • クリップ

最初に確認したいポイントは?

使用頻度の高い「毛布」ですが、自宅で洗濯するのはなかなか大変な作業です。そんな毛布の洗濯には「コインランドリー」がおすすめです!

洗濯前のチェックポイントを確認していきましょう。

毛布の洗濯表示を確認

毛布の洗濯前にまずチェックしたいポイントは、「洗濯表示」です! 洗濯表示に「洗濯機マーク」か「手洗いマーク」が付いていれば、水洗いが可能ですよ。

毛布には、ポリエステルやアクリルなどの水に強い素材が使われているため、基本的には水洗いできる物が多いのが特徴です。

ただし、厚手の毛布や二枚合わせの毛布には注意が必要です。水洗いができない物を洗濯してしまうと、縮みなど傷んでしまうだけではなく、1度繊維が傷付いてしまうと元には戻りません。

長く大切に使うためにも、必ず事前に洗濯表示の確認を行いましょう!

コインランドリーの洗濯機サイズを確認

コインランドリーに置いてある洗濯機は、店舗によってサイズや機種がさまざまです。

毛布を持って行ったあとに、「対応していなかった……」ということがないように、利用するコインランドリーの洗濯機が毛布の大きさに対応しているかどうかを確認しておくことがポイントです!

対応可能な容量と毛布の枚数は、以下を参考にしましょう。

●8kg:毛布1枚
●14kg:毛布2枚
●20kg:毛布3枚

コインランドリーなら、家族分の毛布を一気に洗えることもうれしいですね。容量を超えなければ毛布以外の衣類やタオルなども一緒に洗うことができますよ。

洗濯機の機種によっては毛布に対応していない場合もあるため、容量や毛布が洗えるかどうかは電話やホームページで確認しておきましょう。

事前準備でふわふわに仕上げる

毛布を洗濯するときには、洗濯前の一手間で仕上がりに差がつきます。誰でも実践できる簡単テクニックで、ふわふわな毛布に仕上げましょう!

毛布用のネットを準備

「洗濯ネット」といえば、セーターやブラウスなどのおしゃれ着に使うことをイメージしませんか? 実は、洗濯ネットは毛布にも使えるアイテムなんです。

洗濯ネットに入れて洗うメリットは、型崩れや色落ちなどのさまざまなダメージを防げる点です。衣類と同じく、洗濯時の水圧から毛布を守ってくれます!

毛布に使う洗濯ネットは、布団用の特大ネットがおすすめです。〔ニトリ〕や100均で手軽に購入できますよ。

洗濯前にほこりを落としておく

毛布を洗濯する前には、毛布を叩いたり、カーペットクリーナーなどを使ったりして、汚れやほこりを落としましょう。また、固まった汚れやシミには、洗剤を叩き込んでおくことがおすすめです!

強い水圧で洗っても、こびり付いた汚れはなかなか落ちづらいものです。洗濯機にかける前に一手間加えることで、すっきりと汚れを洗い流せます。余計な汚れを持ち込まずに済むので、自宅で毛布を洗うときにも使えるテクニックですよ。

普段はもちろん、寝具の衣替え時など毛布を長期保管する前には忘れずに行いたい一手間です!

洗濯ネットに入れる際のたたみ方

毛布を洗濯ネットに入れるときは、たたみ方に工夫が必要です。以下の手順で試してみましょう!

1.毛布を縦に広げ、上から下にかけてジャバラ状に折りたたむ
2.折りたたんだあとは、右から左にかけて筒状に丸める
3.筒状になった毛布を洗濯ネットにしまう

汚れが毛布に付着しているときは、「汚れている部分が外側」になるように、折る方向を調節してみるとよいでしょう。汚れが外側に来ることで直接水や洗剤が入り込むため、落ちやすくなりますよ!

毛布をコインランドリーで洗濯する

下準備ができたあとは、実際に毛布をコインランドリーで洗濯していきましょう! 毛布の洗濯にかかる料金や時間、洗う頻度について紹介します。

洗濯にかかる値段と時間の目安

コインランドリーで毛布を洗うときに気になることは「料金」と「時間」ではないでしょうか?

毛布を洗濯するときには、洗濯と乾燥のセットで「1,000円前後」と「1時間〜1時間半」が目安となります。

料金と時間については各店舗で異なることはもちろん、洗濯機のどのコースを使用するかによっても変動するため、詳細については事前に確認するようにしましょう。

毛布を洗う頻度も知っておこう

毎日使う毛布ですが、表面的には汚れが見えないため、どれくらいの頻度で洗濯すればよいのか分かりづらいですよね。

季節によっても異なりますが、清潔な状態を保つには「1カ月に1回」洗うことがおすすめです!

人は、睡眠時にコップ1杯分の汗をかくといいます。あまり神経質にならなくてもよいですが、小さな子どもがいたり夏場でもタオルケットの代わりに使っていたりする場合には、こまめに洗濯するように心がけましょう。

乾燥機にかける際のポイント

コインランドリーのメリットといえば、乾燥機が付いていることですよ。大きな乾燥機を使うことで、大物の毛布もすぐに乾かせます。

毛布を乾燥機にかけるときのポイントを押さえましょう。

乾燥機は大きめをチョイス

乾燥機を選ぶポイントは、少し大きめのサイズを選ぶことです!

乾燥機は、毛布に限らず中身を詰めすぎてしまうと、洗濯物に風が行き渡りません。効率よく乾燥させるには、毛布を入れても少し余裕があるサイズを使いましょう!

大きめの乾燥機でまんべんなく風を行き渡らせることで、短い時間でも生乾きになることなく、ふわふわと軽い仕上がりになります。

また、毛布とほかの衣類を一緒に乾燥させるときも同様です。スペースに余裕を持った乾燥機を選ぶことで、一度でしっかりと乾かせるおすすめテクニックですよ。

乾燥時間の目安

乾燥機に毛布をかけるときの目安は「30~50分間」です。

どれくらいの大きさの乾燥機を使うかによって時間は異なりますが、どの乾燥機を使ったとしても基本的には1時間以内で乾くことが多いでしょう。

また、乾燥時間は、乾燥機の大きさによって変動するだけではなく、乾燥温度によっても変動します! 高温で長時間乾燥させると、繊維が傷む原因になってしまうので「60℃以下」を目安にしましょう。

過乾燥に注意

「しっかりと乾かしたい……」という気持ちから、ついつい乾燥時間を長く設定してしまう人もいるのではないでしょうか?

過乾燥は毛布が縮む原因にもなるため、乾燥時間は適正な範囲に留めることが毛布をきれいに仕上げるためのポイントです!

毛布とほかの衣類を一緒に乾燥機にかけている場合にも注意が必要です。厚手のセーターやデニムは乾くまでの時間がかかるため、先に毛布を乾燥機から取り出すようにしましょう。

手間はかかりますが、こうすることで生地を傷ませることがないため、覚えておきたいポイントです!

きれいな毛布でお休みタイムを快適に

大物の毛布は、コインランドリーでの洗濯がおすすめです!

洗濯はもちろんのこと、乾燥機にもかけられますよ。洗濯機に対応しているかどうかは、洗濯表示のマークを確認してみましょう。

コインランドリーで毛布を洗うときには、平均1,000円前後の料金と、1時間半程度待つことで洗濯と乾燥を済ませられます。短時間できれいに仕上げられることもうれしいポイントですね。

上手に活用して、清潔な毛布でリラックスタイムを満喫しましょう!


LIMIAからのお知らせ

【24時間限定⏰】毎日10時〜タイムセール開催中✨
LIMIAで大人気の住まい・暮らしに役立つアイテムがいつでもお買い得♡

  • 87036
  • 123
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

LIMIA 暮らしのお役立ち情報部さんの他のアイデア

生活の知恵のデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード