梅雨のオフィスライフを快適に過ごす、ビーサン生活のススメ

出勤しようとしてドアを開けると、外は土砂降り。

傘をさしてなんとか職場にたどり着いたものの、靴は湿っていて気持ち悪い。。。
この梅雨はいっそのこと、職場では靴をビーチサンダルに履き替えて快適に過ごしませんか?

  • 3649
  • 24
  • 0
  • いいね
  • クリップ

梅雨時期にはビーチサンダルでオフィスを過ごそう

「職場でビーサンなんぞけしからん!」

という声も当然かと思いますが、もし環境が許されている方は、この梅雨〜夏場は大胆にビーチサンダルでのオフィス生活に切り替えてみてはいかがでしょうか。

私がビーサン生活に至った理由

男性の足を原色で見たい人もいないと思うのでセピア風に。

梅雨時期。
私の職場での1日の始まりは、通勤時に履いてきた靴を「ビーチサンダル」に履き替える事から始まります。



いきなり話は脱線しますが、その昔、大変服装などに厳しい会社にいた私は、毎日↓のような靴を履いていました。

この靴で自宅から最寄駅まで10分、そしてまた駅から会社までの徒歩10分強の生活を10年近くしてきた反動からか、転職を経て服装自由の会社にたどり着き、そして私服勤務に慣れてきた頃から服装のリラックス化はエキサイトし、今ではオフィスですらビーサンで過ごしている人になってしまいました。

ビーサンでオフィスを過ごすとこんなに良い事がある!

GAPで買ったビーサン。1,900円の相棒。

基本的にデメリットが見つからないので、メリットだけ書いていきます。



■足が疲れない、おそらく健康にいい

当たり前のことですが、足に対する圧迫感がないので疲労感が全くないです。
自宅でスリッパで生活しているのと変わりません。

結果、余計なストレスを感じることなく、仕事にスピード感を出して進めることができます。



■靴が長持ちする

意外に知られていないメリットです。
通勤時の靴を職場で履かなくなるので、必然的にそれらの靴が長持ちします。

ビーサンは高くても普通は千円札2枚でお釣りが来ます。



■話のネタになる、人から覚えてもらえる

「あ、あのビーサンの人ね」

と、普段は目立つ事のない人でも覚えてもらえます。

通勤時はちゃんと靴を履こう。満員電車のサンダルは危険です!

通勤時には何気に靴を履く。

「じゃあ最初からビーサンで出勤すればいいじゃん?」

というご意見ももっともですが、経験上、ビーサンでの出勤は満員電車と相性が悪いのです。
ビーサンを履いた日に限って電車が遅れ、混んでいて、足を踏まれる。

なので、出勤時はちゃんと靴を履きましょう。


また、割と出歩くことの多い方は注意が必要です。

小指をぶつけたりすると大変なことになります。


この点の戦闘力の弱さが、ビーサン唯一の弱点と思われます。

ビジネスに正解はない

スーツにストレートチップの革靴姿でするビジネス、ジーンズに、ビーサン姿でするビジネス。
それぞれ理由、そして魅力があると思います。

そして、ビジネスに正解はない。


「俺の足元はいつもビーチサンダル」

こう言い切れるその時が、梅雨を楽しみ、そしてそろそろ、梅雨が明ける頃なのかもしれません。

  • 3649
  • 24
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

外は土砂降り英二

おすすめのアイデア

話題のキーワード