ぬいぐるみも洗濯をしないと汚れがたまる!洗い方の手順を紹介

ぬいぐるみも定期的に洗濯する必要があることを知っていますか? 洗濯するときは、普通の衣類のように全自動洗濯機にお任せというわけにはいきません。大切なぬいぐるみを傷めないようにお手入れする方法と注意点を紹介します。

  • 4399
  • 15
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ぬいぐるみに付く汚れは2種類

かわいいぬいぐるみは癒しのインテリアです。小さな子どもにとっては、親友のようにいつも一緒にいたい存在でもありますね。

しかし、ぬいぐるみもほかの家具と同じように、さまざまな要因で汚れがたまります。まずは付きやすい汚れについて知っておきましょう。

見えない汚れ

見えない汚れの代表格は、「ダニ」「ホコリ」です。ぬいぐるみは布団や枕と同じで、人の皮脂汚れが付きやすく綿に包まれた温かい場所なので、ダニが好む環境といえます。

放置したダニの死骸やホコリを吸い込んでしまうと、アレルギー症状やアトピー性皮膚炎を発症するケースもあるため十分な注意が必要です。

花粉が多く散る季節には、家に持ち込まれた「花粉」が付着することもあるでしょう。

目に見える汚れ

子どものお気に入りとして持ち歩かれることの多いぬいぐるみは、皮脂や汗、よだれなどで汚れていることがほとんどです。

食べこぼした「お菓子のカス」や「ジュース」などによるシミもできやすいでしょう。

また、子どもはうっかり外遊びした手のままぬいぐるみに触ってしまうこともあります。「気が付いたらぬいぐるみの顔に泥汚れが……」ということもありますね。

また、家族にタバコを吸う人がいれば、長年洗わないでいるとヤニでうっすら黄ばんでくることも考えられます。

洗濯前にここを確認しよう

ぬいぐるみは何でも同じように洗濯できるわけではありません。汚れのタイプや装飾部分、表地や中身の素材など、洗濯前のチェックポイントを説明します。

どの程度汚れているか

普段の洗濯でも、汚れのタイプを見極めて洗剤を変えることがありますよね。ぬいぐるみも洗濯する前に、どんな汚れがどの程度ついているのか確認しましょう。

ディスプレイとして部屋を飾るのが役割のぬいぐるみは、パっと見で目立つ汚れはほとんどないでしょう。この場合はダニやホコリが取れればよいので、洗浄力がマイルドな「中性洗剤」で大丈夫です。

洗濯が少し大変なのは、油汚れや皮脂汚れが付いてシミになったぬいぐるみです。こちらは「固形せっけん」や「洗濯洗剤」を使った部分洗いが必要になります。

ダメージがあるか

洗濯時にはぬいぐるみをギュウギュウと押し付ける作業があります。洗濯機で回すこともあるため、摩擦に耐えられるか観察してみましょう。

例えば、目鼻口といった「顔のパーツ」が取れかかってはいませんか? もしくは接着タイプなど洗うと取れる危険がある場合は、失くさないようあらかじめ取っておきましょう。

「服」を着ていれば、色移りの可能性があるため、脱がせて別洗いすることをおすすめします。「レース」や「小物」による装飾なども外しておいた方が無難です。

家庭で洗濯できるか

ぬいぐるみにも、衣類と同じように「洗濯表示」が付いています。まずは手洗いOKかどうか確認してみましょう。

中身が綿やビーズ、パイプならばよいですが、「紙素材」ならば洗濯はできません。また、電池で動く「機械部分」が付いている物も洗濯は避けましょう。

表地が「ウール」や「ツイード」のように縮みやすい素材や、「レザー」や「フェイクレザー」のように湿気に弱い素材も家庭での洗濯には向いていません。

取り扱いの難しい素材やアンティーク物などは、洗濯により取り返しのつかないダメージを与える可能性があります。デリケートなぬいぐるみはクリーニング店でお手入れしてもらうとよいでしょう。

ぬいぐるみの洗濯方法

洗濯前のチェックをクリアしたぬいぐるみは、自分でこまめにお手入れすることが可能です。では、実際にぬいぐるみを洗う手順を見ていきましょう。

ネットに入れて押し洗い

目立つ部分汚れがある場合、その部分に直接せっけんや洗剤を付け、もみ洗いかやわらかい歯ブラシなどを使ってこすり洗いしておきましょう。

ぬいぐるみはデリケートな衣類と同じように、「洗濯ネット」に入れて洗います。複数のぬいぐるみを一気に洗うときは、100均などで大きめのネットをいくつか用意しておくとよいでしょう。

お風呂に40度前後のお湯を張り、「中性洗剤」もしくは「洗濯洗剤」を入れ溶かします。洗剤液の中にぬいぐるみを浸けて十分に濡らし、押し洗いしましょう。20分程度浸け置き洗いをすると効果的です。

洗濯機で脱水

ネットに入れたままのぬいぐるみを取り出し、洗濯機で1分間脱水します。このとき、できれば脱水の設定を「もっとも弱く」しておきましょう。

洗剤水を脱水できたら、お風呂のお湯を入れ替えて再び押し洗いします。中身や表地に洗剤が残ると、シミになったり皮膚に刺激を与えたりすることがあるため入念にすすぎます。

フワフワに仕上げたいときは、最後のすすぎ洗いのときに「柔軟剤」をプラスしましょう。すすぎが終わったら、最後にもう1度洗濯機で1分間脱水します。

陰干しで乾燥させる

脱水の終わったぬいぐるみは、風通しのよい日陰に置いて乾燥させましょう。ぬいぐるみは厚みがあるため、完全に乾くまでに時間がかかります。大きい物では3週間以上かかることもあるでしょう。

表地がすっかり乾いていても、中身まで乾燥できているかは触っただけでは分かりません。確認するには、ぬいぐるみがすっぽり入るくらいの大きさのビニール袋を用意しましょう。

ぬいぐるみを袋に入れ、しばらく置いておきます。もし湿気が残ったままだと、ビニールの内側が曇ってきます。何の変化もなければ完全に乾いているので、これにて洗濯完了です。

よくあるトラブル解決法

ぬいぐるみを自分で洗ったときに起こりやすいトラブルは、「カビ」の発生とぬいぐるみ自体の「変形」の二つです。防止方法や対処方法について知っておきましょう。

カビが生えた

濡れた状態が長く続くとカビができてしまうため、洗濯は天気のよい日が続く時期に行うのがベストです。湿気が多い梅雨時期は洗濯には向いていません。

ある程度乾いた状態で乾燥機を使って仕上げるのもおすすめです。形を整えて、低めの温度に設定した乾燥機に入れましょう。

また、ドライヤーの温風を当てるのも有効です。ぬいぐるみの毛並みをふんわり整える効果もあります。ドライヤーも温度は「中」か「低」にしておきましょう。

万が一カビが生えてしまったら、表面だけなら「消毒用エタノール」を染み込ませた布で拭き取れます。しかし、中身の方までカビが生えている場合もあるため、クリーニングに出した方が確実でしょう。

ぬいぐるみが変形した

洗濯によりぬいぐるみが変形してしまうのは、中身の綿が型崩れを起こしてしまったことが原因です。固くよれた綿を元に戻すのは難しいでしょう。

こうなってしまったら、中身の綿を取り出して新しい物に「交換」してしまうのが手っ取り早い方法です。

まず、ぬいぐるみの縫い目に沿って「リッパー」を使用して糸をほぐします。開いた部分から、そっと中綿を取り出しましょう。新しい綿を入れて形を整え、全体を確認した後にまつり縫いで閉じます。

ぬいぐるみを清潔に保とう

汚れていないように見えても、半年も一緒に暮らせばぬいぐるみはダニやホコリが詰まった状態になってしまいます。

小さな子どもが抱きしめて離さないぬいぐるみならなおさら、できるだけこまめに洗濯してあげたいものですよね。

洗濯するときには、事前に洗濯表示や装飾品をチェックしましょう。家で洗えるものは汚れのタイプに合った洗剤を使って洗浄します。コツはなるべく早く完全に乾燥させることです。

かわいいぬいぐるみたちも、私たちと同じようにお風呂で定期的にきれいにしてあげましょう!

  • 4399
  • 15
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード