沖縄のチキン丸焼き専門店「ブエノチキン浦添」へ行ってみたい!ファミマではサラダチキンも発売!

沖縄県浦添市で35年以上続く、ニンニクたっぷり沖縄県産のやんばる若鶏の丸焼き専門店『ブエノチキン浦添』。今や多くのメディアに取り上げられて全国区の知名度の人気店。沖縄へ旅行に行ったら、ぜひとも立ち寄ってみたいお店です!ブエノチキンの隣のイートイン「ブエノキッチン」とあわせてご紹介します。

  • 148
  • 1
  • 0
  • いいね
  • クリップ
ブエノチキン浦添のチキンの丸焼き

沖縄県浦添市で35年以上続く、ニンニクたっぷり沖縄県産のやんばる若鶏の丸焼き専門店『ブエノチキン浦添』をご存知ですか?味付けから焼くまでのすべてを手作業で仕上げているというブエノチキン浦添は、今や多くのメディアに取り上げられて全国区の知名度の人気店。沖縄へ旅行に行ったら、ぜひとも立ち寄ってみたいお店です!

「ブエノチキン」って、いったい何?

朝締めの新鮮な沖縄北部産の「やんばる若鶏」を一羽丸ごとローストして作られるブエノチキン。
まず、下処理をした若鶏にハーブをまぶし、刻んだニンニクを乗せ、にんにくとお酢、オレガノなどを使った秘伝のタレをかけて一晩漬け込み、翌日にはにんにくを鶏の中に詰めて、さらに一晩寝かせるそうです。その若鶏を専用のロースターで2時間かけてローストして余分な脂を落として旨味だけを残して作られているブエノチキン。
粗みじん切りのにんにくとさっぱりとしたお酢のダブルパワーで、しっかりとしているけれど、さっぱりした味わいが生み出されているんですね!

「ブエノチキン浦添」と「ブエノキッチン」

そんなブエノチキンを味わえる沖縄県浦添市にある「ブエノチキン浦添」。地元のオジーやオバーにも愛されていて、例年敬老の日にはとても混み合うそう!沖縄の長寿文化貢献されているようです!普段から人気のブエノチキン、多い日は1日100羽も羽切り分けたことがあるそうです。ホームページでは電話での事前予約をおすすめされています。
以前はテイクアウトだけでしたが、出来立ての美味しさを味わいたい人のためにと、2015年の4月には、ブエノチキンの隣に店内で食事ができる「ブエノキッチン」もオープン!お店の営業時間は12:00~16:00(テイクアウトは20:00まで)となっています。

ブエノキッチンでは、ブエノチキン1/4羽とライス、サラダ、ソフトドリンクがセットになった「おひトリさまセット」は800円。2人で食べる場合は、ブエノチキン1/2羽とサラダ(中)、ソフトドリンク2つの「トリわけセット」が1,500円とお手頃なお値段です!

ブエノチキン浦添のルーツって?

「ブエノチキン」とは「ブエノスアイレス仕込みのローストチキン」のこと。ブエノスアイレス帰りの店主がやっている普天間のお店「ブエノチキン」で食べたローストチキンに感動した「ブエノチキン浦添」のご主人が、製法を学んだとのこと。県内には他にも数件「ブエノチキン」という名前のお店がありますが、チェーン店というわけではないそうです。食べ比べるのも面白いかもしれませんね!

ファミリーマートで「ブエノチキン味」サラダチキンが大ヒット!

サラダチキン ブエノチキン味を持った編集部いばたさん

なんとこの春に、沖縄ファミリーマートが、プリマハムと連携して「サラダチキンブエノチキン味」を全国販売!ブエノチキンの味が全国で食べられるように!半年以上かけて7回試作し、だいぶ店の味に近づいたというサラダチキン。人気すぎて売り切れ続出とニュースにもなっていましたね!
編集部でも食べてみましたが、評判通りの美味しさ!お店のホームページでは、ブエノチキンを利用したレシピなどが提案されていますが、このサラダチキンは、醤油ダレの冷やし中華にも相性バッチリでした!お酢とにんにく、なるほど暑い南米ブエノスアイレス、沖縄で好まれる理由もわかります。これからの暑い季節に食べたくなる味ですね!

ブエノチキン浦添

<住所>
沖縄県浦添市内間1-14-2
<電話番号>
098-876-0452
<営業時間>
11:00~20:00(売り切れ次第終了)
<定休日>
月曜(祝日はオープン、代休あり)正月、ウークイ
<駐車場>
店舗前2台、近隣にコインパーキングあり
<HP>
http://www.buenourasoe.com/

  • 148
  • 1
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

「トリドリ」は、あなたに様々な旅行やお出かけのキッカケを提供するメディアです。記事を読んで「ここ、行ってみたい!」と思ったら、それはもう旅への第一歩。ひとくちに…

おすすめのアイデア

話題のキーワード