トイレタンク掃除方法を紹介!重曹やハイターを活用してカビを除去しよう

トイレタンクには常に水が溜まっているため、カビが非常に発生しやすくなっています。そこで今回はトイレタンクの掃除方法を紹介します! 専用の洗浄剤を使う簡単な方法や、重曹やクエン酸を使ってトイレタンクを丸ごとピカピカにする方法をピックアップ。定期的なお手入れに使える予防策もありますよ。

  • 55472
  • 128
  • 1
  • いいね
  • クリップ

トイレタンクの汚れの原因

トイレ掃除で見逃しがちな「トイレタンク」。常に水が溜まっているタンクの中は湿気が多く、黒カビや水あかが発生しやすくなっているんです。

タンク内の黒カビを放っておくと、カビを含んだ水が便器に流れて便器の黒ずみの原因になります。「トイレ掃除をしても、すぐに便器が黒ずんでしまう」という場合は、トイレタンクの中に汚れが溜まっているのかもしれません。

トイレの便器だけでなく、トイレタンクも定期的に掃除をしましょう。

掃除する際の注意点

トイレタンクを掃除してピカピカになっても、調子が悪くなったり壊れてしまったりしたら大変ですよね。トイレタンクの掃除に取りかかる前に、注意するべきポイントをチェックしてみましょう。

タンクが割れないように気をつける

トイレタンクは便器と同じ「陶器」でできています。掃除のためにタンクのフタを持ち上げた際に落としたり、掃除中に力を込めすぎたりして割ってしまわないように気をつけてください。

また、陶器に熱湯は厳禁です。タンクがひび割れる原因になるため、トイレタンク掃除に熱湯は使わないようにしましょう。

タンク内の掃除に塩素系漂白剤はNG

トイレタンク内の掃除に『ハイター』や『カビキラー』などの塩素系漂白剤を使うと、内部に使われている金属部分の腐食やゴムパッキンの劣化の原因になることも……。部品を傷めてしまうとタンクが水漏れする原因にもなるため、タンク内部の掃除に塩素系漂白剤は使わないようにしましょう。

トイレタンク掃除の仕方を2種類紹介!

「トイレタンクってどうやって掃除するの?」とお悩みの方は必見! ここではトイレタンク専用の洗浄剤を使ったお手軽な掃除方法とタンクのフタを外してトイレタンク全体を丸洗いする方法の2種類を紹介します。

1. 簡単!フタを外さずに掃除する

トイレタンクのフタを外さずに簡単に掃除できるのが、タンク専用の洗浄剤を使った方法です。使い方は簡単で、タンク内に洗浄剤を入れてつけ置きするだけ!

専用の洗剤が発泡してタンク内の汚れを落としてくれます。また、洗剤は『オキシクリーン』のような酸素系漂白剤で代用することもできますよ。

木村石鹸工業 トイレタンク洗浄剤 35g×3包 メール便送料無料 代引不可
商品情報を楽天で見る

2. 蓋を外してタンク全体を掃除する

次に重曹やクエン酸を使った掃除方法を紹介します。必要なアイテムをそろえて、トイレタンクを隅々までピカピカにしましょう。

トイレタンク掃除に使うアイテム

・ゴム手袋
・マイナスドライバー
・大きめのブラシ
・歯ブラシ
・スポンジ
・クエン酸
・重曹
・中性洗剤

1. 止水栓を止める

トイレタンクの掃除を始める前に、トイレの止水栓を閉めましょう。止水栓を閉めないままフタを外して水を流してしまうと、給水ホースから水が吹き出て床が濡れてしまいます。

また、止水栓はマイナスドライバーを使うと簡単に閉めることができますよ。

2. タンクの種類を確認してフタを外す

トイレタンクのフタは2種類あり、給水ホースが繋がっているタイプと繋がっていないタイプに分けられます。タンクの上に水が流れるフタは給水ホースが繋がっているタイプのため、フタを上にあげてから接続部分を反時計回りに回して外してください。

給水ホースが繋がっていないフタだけのタイプは、上にあげてそのまま外すことが可能です。どちらのタイプか確認して、適切に取り外してましょう。

3. フタを重曹やクエン酸を使って落とす

外したフタの黒ずみは、中性洗剤とスポンジを使って落としましょう。角や細かい場所など、スポンジで落とせない場合は歯ブラシを使うとをきれいに汚れを落とせますよ。 

水受けの水あかには、「重曹」と「クエン酸」が効果的です。どちらでも水あかを落とすことができるので、使いやすい方で掃除してくださいね。

重曹を使った水あかの落とし方

重曹を粉のまま水あかがついた部分にかけ、水で濡らしたスポンジでこすります。重曹は水に溶けやすいので、重曹水を作らなくてもそのまま使うことが可能です。

クエン酸を使った水あかの落とし方

クエン酸を水200mlに対して小さじ1杯の目安で溶かし、スプレー容器などに入れてクエン酸スプレーを作ります。水あかが気になるところにスプレーし、数分置いてからスポンジを使って水あかを落としましょう。クエン酸は、水あかだけでなく黄ばみにも効果的です。

4. タンク内を歯ブラシを使ってきれいにする

フタがきれいになったら、次はタンク内の掃除です。タンク内は「スポンジ」「大きなブラシ」「歯ブラシ」「中性洗剤」を使って掃除します。

トイレタンクの全体部分は、中性洗剤を使って洗いましょう。パイプや細かい部品部分などスポンジでは掃除しにくい場所は、大きなブラシと歯ブラシを使うと効率よく掃除することができます。

5. 乾燥させて元通りに組み立てる

タンク内もきれいになったら、外したパーツをきれいに洗って乾かし、元通りに組み立てましょう。フタを戻して止水栓を開け、トイレの水を流してタンク内の汚れた水を入れ替えたら、トイレタンクの掃除は終了です。

簡単にできるトイレタンクの汚れ防止法って?

トイレタンクの汚れを予防する方法は「重曹のつけ置き」がおすすめです。

カップ1杯の重曹をタンクの中に粉のまま入れて、6時間ほど放置して水を流すだけ! 月に1回ほどの目安で行うと黒カビを予防することができますよ。 

外出前や寝る前など、6時間以上トイレを使わないタイミングに行いましょう。

トイレタンク掃除の頻度は?

トイレタンクの掃除頻度は月に1回がおすすめです! トイレタンクを定期的にお手入れすることで、便器の黒ずみを防ぐことができ、毎日のトイレ掃除が楽になりますよ。

また、重曹のつけ置きを行うと黒カビが生えにくくなるため、月に1回トイレタンクの中をチェックして黒カビが生えていたら掃除するようにしましょう。

まとめ

今回は、トイレタンクの掃除方法と予防方法を紹介しました。

トイレタンクにはフタを外さずにトイレタンク専用の洗剤を発泡させて掃除する方法と、重曹やクエン酸を使ってタンクを丸ごと掃除する方法の2種類があります。トイレタンクの汚れ具合によって使い分けてください。

また、期的に「重曹のつけ置き洗い」を行うことでトイレタンク内に黒カビが発生するの防げますよ。トイレタンクをお手入れして、ピカピカのトイレを保ちましょう。

※画像は全てイメージです。
※お掃除の際には、ゴム手袋をつけて、しっかりと換気を行い作業をしてください。
※製品によって、お手入れのしかたは異なりますため、必ず製品の取扱説明書に従って作業を行ってください。


LIMIAからのお知らせ

今年の大掃除はプロにお願いしてみませんか?
人気のお風呂・キッチン・換気扇クリーニング3点セットが今なら33,000円(税込)。

  • 55472
  • 128
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

LIMIA 暮らしのお役立ち情報部さんの他のアイデア

生活の知恵のデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード