狭い部屋の収納アイデア集。広く使う収納術やおすすめアイテムとは

「狭い部屋で圧迫感がある」「少しでも広く使いたい!」という悩みをもっている人は多いでしょう。限られた空間を上手に活用するヒントは収納にあります! 狭い部屋を広く使える収納術と、それを助けるおすすめアイテムをまとめました♪

  • 12778
  • 53
  • 0
  • いいね
  • クリップ

狭い部屋を広く使う収納術

「部屋の大きさは変えようがないけれど、どうしたら少しでも広く見せられるのかな……?」

そんな疑問に役立つ「狭い部屋を広く使える収納アイデア」を4つ紹介します。狭い部屋だからこそ、上手に収納してすっきり暮らしましょう!

ベッド下収納を活用

狭い部屋の中で大きなスペースを占めるのはベッドでしょう。部屋の家具の中心的存在と言っても過言ではありません。

そんなベッド下の空間を活用しない手はありませんよ!

スノーボードのような大きくフラットなもの、ラッピングペーパーなど長いものでも楽にしまえるでしょう。

また、脚付きベッドはサイズの合ったボックスをベッド下に置いたり、「すのこ」を敷いてその上にものを収納したりできます。キャスター付きだと出し入れも楽ですよね♪

あらかじめ収納引き出しが付いたベッドもたくさんあります。カラーボックスをベッド下に並べて、ベッドフレーム兼収納にするのもひとつのアイデアですよ♡

DIYで壁面を有効に使う

狭い部屋は収納できる床の面積が限られています。そこで縦の空間を生かすことがとても重要になるのです。

壁面に収納棚やフックを使うと、より多くのものを収納できます。サッと取り出せるため、普段よく使うものを収納するのに向いています。

バッグや食器を壁にセンスよくディスプレーすると、すてきなインテリアとしてお部屋のアクセントにもなりますよ♪

色を統一するとおしゃれ

狭い部屋をより広く見せるためには「視覚効果」を利用しましょう!

部屋全体の色合いをそろえると、統一感が出ます。視界を遮るものがなくなるため、空間がひろびろと見えるのです。

また白やベージュ、淡いパステルカラーなどで壁や天井を統一する方法もあります。膨張色の視覚効果で、おしゃれなだけでなく部屋を広く見せられるでしょう♪

シェルフなら賃貸でも間取りを仕切れる

一般的には狭い空間を仕切ると余計に圧迫感が出てしまい、狭く見えると思いがちです。

しかし、仕切ることで逆に広く見せることも可能です。ものを少なく見せたり、余分なものを隠したりするとすっきりした印象を与えられます。

簡単に間仕切りができ、収納としても役立つ「シェルフ」はとくにおすすめ! 壁や天井に傷をつけずに空間を仕切れるので、賃貸の部屋などでも活躍するでしょう。

サイドフックに「かけたり」トップに「置いたり」といろいろ活用できますよね。背板が無く奥行きを感じさせるものを選ぶと、空間がより広く見えますよ♪

狭い部屋にぴったり。〔ニトリ〕の収納アイテム

〔ニトリ〕は世界に650もの店舗を展開する大手家具ショップです。日々の暮らしに役立つアイデアが詰まったインテリアや、収納アイテムをたくさん展開しています。

ここでは狭い部屋をより広く見せる2点の収納アイテムと、その実用アイデアを紹介します。優秀な収納ツールとしてぜひ賢く利用してください!

棚板を自由に動かせるカラーボックス

〔ニトリ〕の《カラーボックス カラボ》は、数多くのラインアップと手頃な価格で人気を集めています。

縦向きでも横向きでも使え、棚板だけでなく天板、底板も調整できる応用範囲の広さも魅力です。

《カラーボックスカラボ》にはベーシックな四角いタイプの他コーナースペース用タイプもあります。ニッチな場所が立派な収納スペースに変身するでしょう!

ハンガーラックにして子ども服を収納

二つのカラーボックスをポールや棚板でつないでハンガーラックにするのもグッドなアイデアです。

高さ約88cmのカラーボックスを使ってハンガーラックをDIYすれば、学用品コーナーとしてランドセルや教科書などをまとめて収納しておくのにぴったりですよ!

ハンガーは、子どもの体操服や制服などをかけるのにちょうどよいサイズです。高さを子どもの目線に合わせると、子どもが自分で出し入れしやすくなります。片づけのよい練習になりそうですね♪

狭い部屋で活躍する収納家具

狭い部屋での上手な収納には「どんな家具を選ぶか」も重要なポイントです。部屋の形やサイズ、また他の家具のレイアウトなどを見て最適なものを選びましょう。

家具を選んで配置するときには、できるだけデッドスペースを減らして、効率よくものを収納していくことがポイントのひとつです。

ロフトベッドで収納力アップ

背の高い家具は収納できる空間を上下に広げてくれます。ロフトベッドを利用して縦の空間を生かし、収納力を大幅にアップしましょう!

たとえばロフトベッドの下に洋服やバッグ、化粧品などを収納してドレッシングコーナーにしたり、本棚を置いて読書スペースにしたりできます。

デスクやファイル棚を置きホームオフィスとして利用するなど、アイデア次第で狭い空間を有効活用できるでしょう!

収納家具をテレビボードとして使う

テレビ台も、ひと工夫すると収納力がグッと増えますよ。例えば収納シェルフをテレビボードとして利用するのはいかがでしょうか?

テレビを乗せている収納シェルフに、スピーカーやDVDプレーヤー、ゲーム機器を配置します。次に、そのすぐ近くにDVDソフトやゲームソフトもまとめて収納してください。機能的にも見た目的にもスッキリと統一され部屋が広く見えます。

テレビなどの電化製品のリモコンも一緒に収納しましょう! 家の中をあちこち移動せずに済み、ものの紛失も防げて一石二鳥です♪

本の収納はどうする?

気が付けばいつの間にか増えているのが雑誌、コミック、文庫本などの本類です。

本をすっきり収納して快適に過ごしたいという人のために、限られたスペースを最大限に生かせる本の収納方法を紹介します。

おしゃれなシェルフで見せる収納に

本の収納にはもやはりシェルフを使うのが王道です。「見せる収納」と「隠す収納」を使い分けて収納していきましょう!

おしゃれなシェルフにお気に入りの絵本や洋書などをディスプレーするのは、美しい空間づくりに効果的♪

とはいえ、本をあまりにびっしり詰め込むと、圧迫感を与えたり狭く見えたりします……。背板のないタイプのシェルフを使ってオープンな空間を意識しましょう!

ワイヤーラックで本棚をDIY

ワイヤーラックを壁面やクローゼットの扉の裏に取り付けて、自分だけのオリジナル本棚をつくるのもおすすめです♪ ちょっとしたデッドスペースが、立派な収納スペースになりますよ。

表紙が正面になるように収納すると本を探しやすいでしょう。同じシリーズの本をきれいに並べて収納すれば、それだけでおしゃれなディスプレーコーナーに早変わりです♪

狭い部屋でも収納を工夫すれば快適に

部屋を広く見せる視覚効果を使ったり、縦の空間やちょっとしたデッドスペースを有効に活用したりすることで、狭い部屋を何倍も広く見せられます。

同時に、より多くのものを狭い空間に収納できるでしょう。

また「見せる収納」と「見せない収納」のメリハリをつけて、使い分けることも大切です♡ 面積が限られた狭い部屋だからこそ、収納を工夫してすっきり快適な空間をつくってくださいね♪


LIMIAからのお知らせ

太陽光発電をご検討なら「グリエネ」
1.最安値の業者が分かる安心の一括見積もり!
2.加盟店全国450社以上!厳しい審査を通過した優良会社のみ
3.カスタマーサポートによる完全個別対応

  • 12778
  • 53
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード