衣替えの衣類収納のコツは?おすすめアイテムでラクラク衣替え

衣替えを面倒に感じている人は多いのではないでしょうか? 簡単で便利に衣類を収納できるアイテムや、整理をするときのコツを紹介します。ポイントを押さえた収納を心がければ、最小限の手間でラクに衣替えが可能です♡

  • 5517
  • 31
  • 0
  • いいね
  • クリップ

衣替えを上手にするコツ

衣替えの手間を省くには、上手に整理するのがポイントです。そこで、収納したい衣類がどれだけあるのか正確に把握し、衣類の量と収納場所のサイズに合った収納ボックスを選びましょう!

衣装ケースを買う前に洋服を整理

衣類をしまうとき、まず行うのは整理です。「着ている服」と「着ていない服」に衣類を分類し、不要なものは処分します。

例えば「いつか着るかもしれないから」と取ってある服は処分の対象です。いつか着る服の出番は来ないことが多く、長く保管している間に流行遅れの古い型になってしまいます……。

2~3年間着ていないなら、その服の役目は終わったのだと考えて、思い切って処分するのもよいでしょう◎

収納する衣類の量が減れば、その分収納スペースが増えます。スペースに余裕ができれば、衣替えもラクに行えるのです♪

着ている服を選び、収納する衣類が決まったら、その量に合った衣装ケースを選びます。衣類の整理を先にすることで、上手に衣替えができるでしょう!

衣装ケースのサイズを決める

衣装ケースのサイズを決めるときには、押し入れやクローゼットをきっちりはかります。高さ、横幅、奥行をそれぞれはかり、そこに収まるサイズの衣装ケースを選ぶのです。

蝶番(ちょうつがい)やクローゼットの出っ張りがある場合には、採寸の際に注意しましょう! 出っ張りを考慮してサイズを決めないと、衣装ケースが引っかかって入らなくなってしまいます。

「出っ張りより内側のサイズ」をはかると、ケースが確実に入りますよ◎

積み重ねられる衣装ケースを活用

この先、引っ越し、部屋替え、模様替えなどの予定が一切ないという場合は、今収めようと考えている場所にぴったりの衣装ケースを選ぶとよいでしょう。

その場合、1段タイプでも多段タイプでも使い勝手のよい方を選べばOKです♪ 逆に、引っ越しや部屋替えの可能性があるなら、比較的どんな場所でも収めやすい1段タイプの衣装ケースがよいでしょう。

クローゼットや押し入れの高さが変わった場合でも、重ねる段数を変えることで使えます◎

1段タイプで購入するときには、最大で重ねられる段数を確認することが大切です。最大数を超えて重ねると、たわみや破損の原因になってしまいます。

衣装ケースの特徴

衣装ケースは収納する場所によって、それぞれ最適なものがあります。どこに置きたいのか考え、その上でぴったり合ったものを選ぶことが大切です。

天袋なら布製タイプ

天袋のような高い場所へ収納したい場合は、布製のケースがよく合います。ケース自体が軽いので、上へ持ち上げるのが比較的ラクにできるからです。

ただし、収納力を重視して大きなケースを選ぶと、持ち運びしにくくなってしまいます。持ち上げるときの負担も大きくなるので、天袋向きといえなくなってしまうのです。

出し入れしやすさを考慮して「小さめサイズ」で必要な収納力になるよう「数」を調節するのがよいでしょう♪

また、頻繁に出し入れするものを収納するのにも向いていません。出し入れの繰り返しで、ケース自体が傷みやすいからです。1年に1回収納するような、季節ものの衣類に向いているケースといえます◎

クローゼット下には引き出しタイプ

クローゼット下に収める衣装ケースなら、引き出しタイプがぴったりです。引き出しを同じ種類のものでそろえれば、「ケースの入れ替え」だけで衣替えができます。

日常的に着るシャツやパンツ、下着類などを収納するのにおすすめです♪

引き出しの深さを工夫すると、より収納しやすくなります。浅い引き出しに下着や靴下など小さなものを収納し、深い引き出しにシャツやパンツなどを収納するのです。

見た目の統一感が出やすく、クローゼットを開けたときも整然とした状態を維持しやすいでしょう♡

部屋に置くならチェスト

衣装ケースを部屋に置いて使うなら、チェストがよいでしょう。多段タイプのチェストなら収納力もあり、たっぷりしまえます。

押し入れやクローゼットに入れる衣装ケースをそのまま置くのと違い、見た目がすっきりするのも魅力です。インテリアに合ったデザインや色のものを選べば、部屋全体の統一感も出ます。

衣替えにおすすめ。〔無印良品〕の収納アイテム

衣替えをラクにしたいなら〔無印良品〕のアイテムを活用するのがおすすめです。シンプルなデザインですっきりと収納できます。機能性も抜群ですよ♡

《ラタンバスケット》は通気性抜群

衣類の収納には通気性がよい素材が向いています。そのため、通気性抜群の《ラタンバスケット》を衣装ケースとして使うのもおすすめです。

〔無印良品〕のものなら、フタつきなので、ホコリがかぶることがありません。ナチュラルな見た目で、見える場所に置いても様になります。

クローゼットの中に並べて置いても、かわいらしい印象ですよ♡ 「衣類の収納もおしゃれにしたい♪」という人に特におすすめです!

さまざまなサイズがあるので、収める場所に合わせたものを選べます。中身がすぐわかるように、タグをつけて収納するとよいでしょう♪

《ユニットシェルフ》とバスケットなら入れ替え可能

《ユニットシェルフ》を使えば、必要な収納量に合わせて、棚やバスケットを組み合わせられます。衣類の量に合わせたオリジナルの収納が可能です◎

衣類を種類ごとにバスケットに収納すれば、季節ごとにメインの衣類が使いやすい位置にくるよう、バスケットを入れ替えるだけで衣替えができます。

家族の成長に合わせて収納を増やせるのもうれしいですね♪

衣替えにおすすめ。〔イケア〕の収納アイテム

衣類の収納や衣替えには〔イケア〕のアイテムも便利です。使い勝手がよいアイテムを選んで、衣替えしやすい収納作りに活用しましょう。

ハンガーにかけたままクローゼットへ

今着ている服は、ハンガーにかけて収納するとラクにしまえます。洗濯をし終わって乾いたら、そのままクローゼットにかけて収納完了です。

〔イケア〕の《BUMERANG ブメラング》を使えば、スカートやズボンもハンガーにかけてしまえます。プチプラなので、パンツやスカートの本数分をそろえることも可能です♡

たたむ手間を徹底的に省いた収納なら、日々の家事をスマートにできます。ワンステップで収納できるので、乾いた洗濯物を出しっぱなしにすることもありません。

半透明の大容量収納ケースでかさばる衣類を収納

〔イケア〕といえば青いバッグが有名です。頑丈で使い勝手のよいバッグですが、これと同じ素材で作られている収納ケース《DIMPA ディムパ》があります。

半透明なので、中身が見えやすいのも、収納ケースとして使い勝手がよいポイントです♪ 折りたたみ自転車の収納に使う人もいるほどの頑丈さと大容量のため、衣類はもちろん布団の収納もできます。

四角い形のケースなので、効率的に押し入れやクローゼットにしまえます◎

上手に収納して衣替えをラクにしよう

収納の仕方を工夫すると、衣替えの手間がぐっと減ります。使い勝手のよい衣装ケースや収納を取り入れて、手間を最小限にしましょう♪

その際、まずは衣類そのものを整理して減らすことも大切です。今着ている服のみを収納し、収納に使うスペースを最小限にすることも、衣替えのしやすさにつながります。ぜひ、試してみてくださいね!


LIMIAからのお知らせ

【24時間限定⏰】毎日10時〜タイムセール開催中✨
LIMIAで大人気の住まい・暮らしに役立つアイテムがいつでもお買い得♡

  • 5517
  • 31
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード