魅力的な出展者が勢ぞろい『インテリア ライフスタイル』

メッセフランクフルト ジャパン株式会社(代表取締役社長:梶原靖志)は、2019年7月17日(水)-19日(金)の3日間、インテリア・デザイン市場のための国際見本市『インテリア ライフスタイル』を東京ビッグサイトで開催します。

  • 2271
  • 7
  • 0
  • いいね
  • クリップ

今年も世界26カ国・地域、745社(5月20日現在)から、作り手の想いがこもったブランドが一堂に集い、秋冬・年末商戦に向けた商談の場として多くの来場者を迎えます(昨年の来場者数25,456名)。

また、環境や社会を考慮した消費活動を意味する「エシカル消費」が注目される中、エコ、省エネ、リサイクル、サスティナブル、地方創生、伝統工芸など、『インテリア ライフスタイル』でも多くのエシカル商品が出展されています。今回は海外と国内それぞれから初出展されるエシカルブランドをご紹介します。

MADE51:パキスタンのウールテキスタイル

■MADE51
2016年にUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)が設立したMADE51は「難民に持続可能なビジネスチャンスと生活を提供すること」を目指したプロジェクトです。今まで各国・地域で独自に行われていた難民による手工芸品の制作・販売活動をMADE51というブランドで統一したことが、このプロジェクトの大きな特長です。

現在13カ国・11の団体とパートナーシップを組んでおり、「難民が作った」モノではなく「顧客が欲しい」モノを生み出すことにこだわった、選りすぐりの商品だけがラインナップされています。
7月18日(木)10:30より、UNHCRのハイディ・クリスト氏によるトークショーも開催されます。

RATTA RATTARR:有田焼のプレート

■RATTA RATTARR(ラッタラッタル)
軽井沢のアトリエでクリエイター(障がい者)とアトリエリスタ(支援員)の相互補助関係によって制作されるブランドです。アトリエリスタがテーマやツールを選定し、クリエイターが描いたデザイン画を用いて独創的な商品を生み出しています。

軽井沢には20名以上のクリエイターが在籍していますが、デザインスカウトキャラバンと称したワークショップを全国各地で実施し、クリエイターの発掘にも力を入れています。2018年にはELLE DECO International Design Awards(EDIDA)のJapanese Social Design Projectに選出されました。

また、アトリウム特別企画を筆頭に、トークショーや実演などバラエティー豊かな企画も満載です。

■アトリウム特別企画
「The Corner Shop –How to make a market–」をテーマに、選び抜かれた出展者ブースが軒を並べます。また、入口周辺には山田遊氏(method inc.)セレクトによる出展者の商品が購入できる「特設ショップ」を設け、「持ち帰る」楽しみを加えました。

■LIFESTYLE SALON ※事前予約不要・聴講無料※
ビジネスのヒントに繋がる充実のトークショーが3日間で計12枠
7月17日(水)14:00-15:15
「IDÉEが目指す暮らしの提案」 IDÉEバイヤー 大島忠智氏 他多数

■JAPAN STYLE実演
日本の伝統とライフスタイルが融合した製品が集結したゾーン内で職人が実演
7月17日(水)13:15-14:00ほか 「磁器の加飾技法(絵付から施釉)」
7月18日(木)15:45-16:30   「矢田幸蔵氏による型彫り」 他多数

■HYGGELIG HOURS(ヒュッグリアワー) ※事前予約不要・講無料・フリードリンク付※
北欧出展者による実演や大使館職員と鹿児島睦氏によるトークショーを開催
7月17日(水)・18日(木)16:00-18:00

■事前登録で2,000円の入場料が無料!

■来場のお問合せ先
インテリア ライフスタイル事務局
Tel. 03-3262-8456
visit@interior-lifestyle.com

■リリースのダウンロードはこちら

  • 2271
  • 7
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

メディア・ライター

生活者と企業をつなぐインターネットサービスです。インテリア、グルメ、ファッションなどと様々なジャンルの企業の最新情報が集まっています♩

おすすめのアイデア

話題のキーワード