片付けたいけれど、片付けられない!そんな方必見!!片付けたいを実行する方法

片付けたいけれど、何処から手を付けたらいいか、どうやったらいいかわからない、時間が無いなど、色々な理由から、片付けたいけれど、片付けられないことで悩んでいる方は、とても多いのです。そんな方へ、片付けたい!と思う気持ちを実行へ移すための方法をご紹介します。

  • 50696
  • 162
  • いいね
  • クリップ

片付けを実行する方法

1.モノを減らす

たくさんのモノに囲まれた生活から、脱出したい!と思っているけれど、なかなかできないという悩みはよく聞きます。そんな方は、まず、自分のおうちにあるものが多いことが原因で、「片付けたい」と思っていることに気づいてほしいと思います。 そのことに気づいたら、まずは、持ち物の量を見極めて、多いものを減らすことから始めてほしいと思います。
たくさんの割りばしは、2、3膳あれば足りる。 同じ用途のものは、1つでいい。たくさんのレジ袋は、使い切れる量だけ。 そんな風に考えて、持ち物を減らしていきましょう。

2.種類分けをする

多くの場合、使う場所に使うモノを置いていないことが原因で、片付かないということがあります。持ち物を衣類、文具、化粧品など、しっかりと種類分けして、使う場所へ移動していきましょう。 モノの居場所へ移動するだけでも、お部屋は、ずいぶんと片付くと思います。

たくさんやろうとしない事

整理収納本や片付け方の特集記事などを目にする機会が増えましたが、色々な方法があり、それに従えば、だいぶ、片付けは進むと思います。でも、そればかりにとらわれてしまうと、難しくなってしまうこともあります。ですから、まずは、片付かない原因の「ものを減らす」ことから始めて、置くべき場所へ移動する。それだけでも、モノが減ったことで、入らなかった収納にモノが収まるようになると思います。
そうなると、収納用のボックスなどが欲しくなりますが、それは、片付いたお部屋での生活をしながら、どうしたら、使いやすいか?を考えながら、どんなものにするか検討すればいいと思います。


そして、モノが減っても、うまく収納できない!、という場合は、もっと、モノを減らさなければなりませんので、いつか使う、いつか着ることが出来るかも、いただきものだから、高価だから、といった理由でモノを残すのではなく、「これから、すっきり生活をするには、何をすべきか?」を優先させて、潔く、モノを減らすことも大切だと思います。

使う分だけ、使える分だけ持つ

たくさんのものを持っていても、実は、使い尽くせないものだと思います。時には、忘れてしまっていたものもあるでしょうし、気づいたときには、劣化して使えない、時代遅れ感を感じるなど、残しておいても、使うことが出来ず、結局、手放すことになるのです。だったら、「片付けたい」と思った今をしっかり見極めて、使うものだけ、使い切れるものだけにモノを減らしていくことで、片付けを実行することが出来ます。

少しでも、片付けがどんなものか、片付けの考え方、やり方や日々のお掃除の方法などを毎日、ブログに綴っています。ぜひ、ご覧ください。


LIMIAからのお知らせ

今年の大掃除はプロにお願いしてみませんか?
人気のお風呂・キッチン・換気扇クリーニング3点セットが今なら33,000円(税込)。

  • 50696
  • 162
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

片付け・収納

整理収納コンサルタントその場限りでない、ずっと続く整う収納とおうちを提案誰にでも片付けはできるということを、自分の経験から伝えるべく、毎日ブログで発信しています…

おすすめのアイデア

話題のキーワード