トイレ掃除に重曹が活躍!クエン酸と併用する方法も合わせてご紹介

小さい子どもがいる人やエコロジーを意識している人なら、日常的に使う洗剤選びは慎重に行いたいものです。近年、自然由来のお掃除アイテム「重曹」が注目を集めており、トイレ掃除にも重宝しますよ! その理由やクエン酸と併用して使う方法を解説します。

  • 6298
  • 94
  • 0
  • いいね
  • クリップ

トイレの汚れの種類

トイレ掃除をするにあたり、トイレにはどのような種類の汚れがつくのか、またその汚れの原因について学びましょう。

カビによる黒ずみ

トイレの汚れの代表的なものとして「黒ずみ」が挙げられますが、これは黒カビとホコリが固まってできるものです。

黒カビには根があり、長年放置された黒カビは、この根が便器の深いところまで広がっているので、時間をかけて掃除する必要があります。

黒ずみの汚れ成分は酸性なので、重曹のアルカリ性が効果を発揮してくれますよ!

尿石や水垢

尿石の主な成分はカルシウムで、こびりつくと硬くなります。においの原因にもなる成分で、時間がたてばたつほど落としにくくなるので、早めに対処しましょう。

アルカリ性の汚れなので、酸性である「クエン酸」を使うとより効果的に落とすことができます。

また、水垢はバクテリアによる汚れで、便器以外にも洗面所や風呂場などの水場に発生しやすく、色がピンク色なのが特徴です。

黄ばみ

トイレの「黄ばみ」は、尿や尿石が付着して発生します。尿は必ず飛び散るので、そのまま放置しておくと色素沈着してしまうことも。

トイレ掃除というと、便器にばかり目が行きがちですが、実は尿は個室のあちこちに飛び散っています。

尿に含まれるアンモニアはにおいの原因となるので、便器だけではなく床や壁もしっかりと掃除しましょう!

家族に男性がいる場合は、とくに尿が飛び散りやすいので気をつけたい汚れです。

トイレ掃除に重曹が有効な3つの理由

トイレの汚れの原因がわかったところで、なぜ重曹がトイレ掃除に向いているのか、その3つの理由についてみてみましょう。

菌の繁殖を抑える働きがある

トイレは雑菌が繁殖しやすい場所ですが、重曹を使うことで菌の繁殖を抑えることができます。黒カビは酸性の汚れのため、弱アルカリ性の重曹が効果を発揮してくれるんです。

汚れを落とすということはすなわち、成分を中和して分解させること。酸性の汚れが弱アルカリ性の重曹によって中和され、さらにカビの中のタンパク質を分解することで、汚れがしっかり落ちます。

また、重曹には「静菌効果」というものがあるため、カビの発生そのものを抑えるといったことも期待できますよ。

とくに黒カビは、弱酸性の場所を好むので、便器に重曹を使えばカビの発生を防ぐことができます。

傷をつけずに磨ける

重曹は非常に細かく丸い粒子でできていて、汚れを研磨して取り除くため、便器を傷つけずに掃除することができます。さらに重曹は、水を含めると滑らかな泡がクレンザーの役割をしてくれるのがポイント。

便器に傷がつくと凹凸に汚れがたまり、カビが根を張りやすくなります。重曹で便器の表面を守りながら汚れだけを中和させて削り取れば、きれいになるだけではなく、今後のお手入れも楽になりますね。

消臭の働きもある

重曹には消臭効果があるので、重曹を入れた容器を個室の中に置いておくだけでも消臭することができます。これは、悪臭の原因となる物質を中和して分解する働きを重曹がもっているからです。

トイレのにおいは、壁や床の汚れからも発生します。便器の掃除だけではにおいが残る場合がありますので、空間の消臭対策も視野に入れて掃除を進めましょう。

重曹を使ったトイレ掃除の方法

重曹は一般的には粉末状で売られていることが多く、トイレ掃除に使うには、これを水溶液にしておくなどの準備が必要です。効率のよい掃除の進め方について、実際の手順を見ていきましょう。

重曹スプレーを用意する

まずは重曹スプレーを作ってみましょう。40℃前後のぬるま湯200mlに大さじ1杯分の重曹を入れたら、100均などで手に入るスプレーボトルに移し、よく振って溶かします。

重曹が多すぎると溶け残り、スプレーが詰まってしまうおそれがあるので注意しましょう。

重曹スプレーは使い勝手がよく、トイレにはもちろん、生ごみなどにも振りかけておくと消臭してくれることも。また、トイレのサニタリーボックスにも使えて便利ですよ。

便器やその周りにスプレーする

重曹スプレーをふきんや雑巾などに十分に振りかけ、汚れを拭き取っていきます。

便器のフタやタンクの上などの目に見えやすい場所は、拭き跡が残って白くなる場合があるので、あとから必ず水拭きするようにしましょう。

さらに、便器の内側にも重曹スプレーを吹きつけ、しっかりとブラシで磨くようにしてくださいね。それでも汚れが取れない場合は、トイレットペーパーやキッチンペーパーに重曹スプレーを吹きつけ、汚れた箇所に湿布しておくと取れやすくなります。

同じようにして床や壁にも重曹スプレーを使って汚れを落としましょう。

タンクには粉状の重曹を入れる

トイレのタンクの中には、粉状のままの重曹を1カップ入れて、6時間ほど放置しておきます。長時間の放置になるので、寝る時間や家族全員が出かけるタイミングなどを見計らって行いましょう。

しっかりと時間をかけることで、タンク内の汚れが浮いてきます。タンク内に汚れがついていると、汚れがそのまま便器に流れてきて付着してしまうので、気をつけましょう。

クエン酸と重曹を使ったトイレ掃除の方法

重曹はクエン酸と組み合わせて使うことで、さらにさまざまな汚れに対応することができます。トイレ掃除でどのように使えばよいのかを見てみましょう。

クエン酸スプレーを作る

クエン酸スプレーの作り方は、200mlの水に小さじ1杯のクエン酸を入れて、スプレーボトルに移します。重曹と違ってクエン酸は水に溶けやすいので簡単にできますよ。

重曹のようにスプレーに詰まることもないので、汚れ具合によってクエン酸の濃度を簡単に変えられるのもうれしいですね。

クエン酸は食品にも使われている成分のため体に害があるわけではありませんが、吸い込むと刺激を感じる場合があります。なるべくスプレーを吹きつけたときに吸い込まないように注意しましょう。

消臭と除菌目的で壁や床に吹きつける

トイレの床や壁は、尿が飛び散ってにおいを発生させていることがあります。

消臭ができる重曹と除菌ができるクエン酸の両方を使って、しっかりと汚れを拭き取りましょう。

順番としては、まず重曹スプレーを使って床や壁を拭いていきます。ペーパーホルダーやドアノブの手垢も一緒に拭いておきましょう。

重曹で拭き終えたら、次にクエン酸スプレーを壁や床などに吹きつけ、除菌をしていくことがおすすめです。

トイレ掃除の頻度

重曹とクエン酸を活用した掃除の方法はわかりましたが、「どれくらいの頻度で掃除をすればいいの?」と疑問に思った方もいるのでは?

トイレ掃除は、毎日しっかりとできることに越したことはありません。しかし、家事や仕事や育児など、多忙な方の場合なかなか時間を作れないのも事実ですよね。

週に1回でいいものや月に1回でいいものなど、掃除の種類によって適切な頻度も変わります。どの掃除をどれくらいの頻度でやるのがいいか、まとめてみました。

毎日|短時間で終わる

便器内のブラッシングと便座の拭き掃除は毎日やるのがおすすめです。1~3分くらいの短時間で終わらせてしまってOK。汚れをそのままにしないことに意味があるので、サラッとでも毎日やりましょう。

週に1回|壁や床なども念入りに

週に1回は、壁や床を掃除しましょう。この掃除では、先ほど紹介した重曹やクエン酸を使った掃除方法をフル活用してみてください。見えにくいですが尿は飛散しているので、週に1回の掃除できれいにするのがおすすめです。

月に1回|タンクの中まで

月に1回は、タンクも掃除しましょう。先ほど解説したように、タンク内の掃除には重曹が有効です。入れて放置するだけでOKなので、手軽にできます。また、タンクのフタもこのタイミングで掃除しておきましょう。水が流れているものの、ホコリや水垢がたまりやすい場所なので定期的な掃除が必要です。

トイレの黒ずみを一晩できれいにする方法

トイレ掃除ができないでいると、いつの間にかできている「黒ずみ」。空気中のカビが便器内のホコリや水垢と合わさることで発生する汚れです。

見えていて気持ちがいいものではないので、きれいに掃除をしたいところですが、ブラシをかけるだけではなかなか落ちないこともありますよね。便器内の黒ずみは、意外とガンコな汚れなのです。

そこでおすすめしたいのが、「重曹」。ここでは、ks._.myhomeさんが紹介してくれている、重曹を使った便器の黒ずみを一晩できれいにする方法を紹介します。

まずは、重曹を1カップ用意します。事前に用意するものはこれだけ。

あとは、重曹を便器内にドボーンと入れ、一晩放置するだけ! ブラシで軽くこすって水を流せば、お掃除完了です。どうですか? とっても簡単ですよね。重曹には消臭効果の働きもあるので、トイレのいやなにおいの防止にもなります。

トイレの黒ずみを何とかしたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

▽ks._.myhomeさんのアイデアをもっと詳しく見てみる

プロの業者に依頼して毎日らくらくきれい

日頃のこまめな掃除が大切だとわかっていても、忙しい毎日の中で掃除を後回しにしてしまうこともありますよね。そんなときは、家事代行サービスを使って自分の代わりにお掃除してもらうのもひとつの手。

〔CaSy(カジー)〕には、厳正に審査された質の高いキャストが在籍しているので、汚れがちなトイレもしっかりきれいに! 要望を伝えれば、それに合わせてキャストをマッチングさせてくれるので、安心して家事を任せられますよ♪

はじめての方でも簡単に依頼できるので、気になる方は以下のリンクをぜひチェックしてみてくださいね!

重曹を使ってトイレを掃除しよう

重曹を使えば洗剤をいくつも用意する必要がなく、さらにクエン酸を併用すれば、汚れを落とすだけではなく除菌もできるので、日用品を使ってリーズナブルに掃除ができますよ。

天然由来の成分重曹を使って、トイレをきれいに保ちましょう!


LIMIAからのお知らせ

☆大人気!ナイトブラ♪ふんわりRoom Bra(ルームブラ)☆

1.ナイトブラなのに!豊富なカラーとサイズ、かわいいデザイン
2.有名雑誌による紹介実績☆
3.小さいお胸や離れ乳、加齢による垂れにアプローチ☆

  • 6298
  • 94
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード