ランドセルの収納どうしてる?収納のコツとおすすめアイテムをご紹介

「子どもがいつもランドセルを玄関や居間に放置して困る。どうやったらきちんと自分で収納してくれるの……?」そんな悩みを持つ主婦の人に役立つランドセル収納のコツをご紹介します! 人気ショップのアイテムを活用した収納アイデアも要チェックですよ♡

  • 5249
  • 19
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ランドセル収納のポイント

小学生が毎日使うランドセルは、案外かさばる存在です……。家での収納に困っている人も多いでしょう。

自宅でのランドセル収納は子どもが自分で簡単にでき、日々の習慣化ができるようなシンプルな方法が理想です。次のような点をポイントに、収納場所や方法を考えてみましょう。

子どもの動線を考える

ランドセルの収納は、子どもの動線上に収納の定位置を決めて、子どもの生活パターンにうまくはめ込むことが大切です♡

例えば「子どもがどこで宿題や勉強をしているのか」「自分で安全かつ簡単に出し入れできる場所はどこか」などを考えます。毎日の生活の中で無理せず収納できるシステムを作ることで、習慣として続けやすくなるのです♪

いつもリビングで宿題をするのであればリビングに、子供部屋なら子供部屋に収納位置を決めます。必要なものを必要なときにすぐ手に取れるようにすることは、子どもの学習意欲を高めることにもつながりますよ。

キーワードはワンアクション

子どもがランドセルを自分で簡単に出し入れでき、ルーティン化するには、シンプルでわかりやすい収納方法を目指しましょう!

低学年の子どもでも楽に手が届く場所に「置くだけ」「かけるだけ」「入れるだけ」のワンアクションで実行できるような収納スペースを作るのです♪

ルールを決めるのは簡単ですが、実行し続けることは案外難しいものです……。子どもの余分な動きや手間を省き、楽でかつ自然に行動できることが長続きさせる秘訣です。

学用品をまとめて1カ所に

ランドセルと一緒に、教科書や筆記具、体操着などの学用品を1カ所にまとめて「定位置」を決めるのもおすすめです。

子どもが家の中のあちこちを移動しなくても、必要なものをサッと取り出したりしまえたりできますよ♪ 次の日の準備もしやすくなるでしょう。

見た目にもすっきりとまとまった印象になるため、お部屋の空間を広く見せることもできます♡

カラーボックスを使ったランドセル収納

カラーボックスは、手ごろな値段でどこでも簡単に入手できる便利なアイテムです。実は1段のサイズが、ランドセルを収納するのにちょうどよい大きさであることを知っていましたか?

ちょっとした工夫で、とても便利な学用品収納スペースを作れますよ♪ ここではカラーボックスを活用した収納アイデアを二つシェアします。

カラーボックスを二つつなげて

「学用品コーナー」を作るのに便利なのが、カラーボックスを二つつなげた収納棚です。カラーボックスを横向きに置き、上下に二つ重ねるだけで立派なストレージスペースのできあがりです!

上段のカラーボックスにランドセルの置き場所を作ると、子どもがかがんだりせずサッとランドセルを収納できますよ♪

筆記具など細かいものは、扉付きのカラーボックスやかごに入れたりして目隠しをすると、すっきり片付きます♡

カラーボックスと突っ張り棒で

100円ショップなどで手軽に購入できる「突っ張り棒」をカラーボックスと組み合わせて使うと、さらに便利な収納スペースを作れます。

縦向きに置いたカラーボックス二つの間、もしくは片側は壁を利用して突っ張り棒を使いましょう。小さなクローゼットスペースのできあがりです♡

制服をハンガーで吊るしたり、S字フックで小物やバッグをぶら下げたりすれば、収納できるアイテムの幅もグッと広がります。忙しい朝の準備もすいすい楽になること間違いなしですね♪

人気ショップのアイテムをチェック

手ごろな価格と豊富なラインナップで人気の〔ニトリ〕〔イケア〕〔無印良品〕から、ランドセル収納に活用できる便利な収納アイテムを紹介します。

インテリアとしておしゃれなだけでなく、機能性も抜群なお役立ちアイテムは要チェックです!

〔ニトリ〕のカラーボックスは棚板を調整できる

数ある商品の中でも〔ニトリ〕のカラーボックスが特に人気なのは、棚板を自由に変えられるためです。

縦置き、横置きどちらでも自由自在にレイアウトできます。さらに、仕切りに使う稼働棚板はもちろん、天板と底板の位置も変えられるという優れものです♪

まさにカスタム仕様のランドセル収納スペースを作れるでしょう♡

〔イケア〕の《ロースコグ》が便利

〔イケア〕の《ロースコグ》は3段式のカートです。かごのサイズは35×45×78cmと、ランドセルがぴったり入ります。

かごの丸いフォルムは、子どもが角を触ってけがをしないようデザインされています。お部屋のインテリアとしてもかわいくておしゃれですね♡

キャスター付きで、簡単に移動できるのもポイントでしょう。例えば普段は子どもが出し入れしやすい玄関先に置き、来客時には別の部屋へ移動する……などという使い方も可能です♡

小回りが利くので、収納スペースが限られたおうちで大活躍するのではないでしょうか?

〔無印良品〕の《スタッキングシェルフ》が人気

〔無印良品〕の《スタッキングシェルフ》は、ユニットを自在に組み合わせられるのが特徴です。枠の大きさがランドセルに最適と人気を集めています。

スペースの広さや収納するアイテムの量に合わせて、段数や列数をカスタマイズできるのがポイントです。引き出しやかごなどのアクセサリーも充実していますよ♪

子どもの成長に合わせて、継ぎ足したり減らしたりできるのがうれしいですね♡

ランドセル収納をDIY

「お店をいろいろ見て回ってはいるけれど、ちょうどいいサイズ、色、デザインのランドセル収納家具がなかなか見つからない!」という人は、自分で手作りをしてみるのも一つの手です。

DIYで世界に一つのオリジナル収納アイテムを作ってみませんか?

〔イケア〕のフック《ビャーヌム》ですっきりと

〔イケア〕のアルミニウム製フック《ビャーヌム》を壁や家具の側面に取り付けるだけでも、立派なランドセルストレージが作れます♪

シンプルなデザインがおしゃれなだけでなく、使わないときには折りたためるのも注目ポイントです。ミニマムなツールで機能的に収納をしたい人に向いていますよ♡

すのこでランドセルラックを手作り

ホームセンターなどで数百円で購入できる「すのこ」は、DIYの材料としても定番です。このすのこを使って、優しい木の風合いを生かしたランドセルラックを手作りしてはいかがでしょうか。

さまざまな大きさが選べるだけでなく、キャスター付きのすのこなどもありますよ。アイデア次第で、機能性もデザイン性も優れたオリジナルの収納ラックができるでしょう。

ランドセルをすっきりかわいく収納しよう

ランドセルは、子どもが6年間もお世話になる大切な学用品です♡ きちんと自分で収納する習慣を身につけることは、子どもが自立心を育むだけでなく、自分のものを管理するスキルを養うことにも役立ちます。

どんな収納アイテムを選ぶのか、どんなスタイルで収納するのかは、各家庭や子ども1人ずつのライフスタイルに合わせて決めることが大切です。

子どもの日々の生活になじんで、おしゃれにランドセルを収納できる方法を見つけましょう♪


LIMIAからのお知らせ

リフォームの見積もり比較なら「ハピすむ」
1.800社を超えるリフォーム会社の中から厳選してご紹介
2.今なら全員に「失敗しないリフォームガイドブック」をプレゼント
3.東証一部上場企業による安心安全なサービス

  • 5249
  • 19
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード