短い鉛筆がピタッと復活!「TSUNAGO」を使えばまだまだ使えます

短い鉛筆問題に朗報!「TSUNAGO」の鉛筆削りを使えば、短い鉛筆が長〜く復活します!

  • 12128
  • 43
  • いいね
  • クリップ

短い鉛筆ってもったいないけど・・・

小学生がいるお家はよく目にする、短い鉛筆。
鉛筆って短いと書きにくいし、字もきれいに書けないし、しょうがないけど処分するしか・・・

でも、それを解決してくれる新型鉛筆削りがあったんです!

想いをつなぐ鉛筆削り「TSUNAGO」

その名も「TSUNAGO」(つなご)。
鉛筆同士をつなぐことができるという、画期的な鉛筆削りなんです。
グッドデザイン賞も受賞したんですって!

これは気になりますね!
一体どうやってつなぐのか、さっそく試してみました。

ペンシルホルダーにセットします

まず1本を丸いペンシルホルダーにセットします。
ペンシルホルダーは最近発売されたもので、持ちにくい・回しにくいという悩みを解消してくれるもの。

旧タイプにはついてませんでしたが、これは絶対にあった方が便利です。
鉛筆を直接持つより回しやすいし力も入れやすいです。

3つの穴で3段階で削ります

穴が①②③と3つ開いています。
くるっと回すと②、③と変わっていきます。

まず①の穴に鉛筆のおしり側を入れて回し、穴を開けます。
ここが一番、力と根気がいりますね・・・
小さい子は大人が手伝ってあげた方がいいです。

すると、このような穴があきます。
1本目はこれで完成!

もう1本の鉛筆の頭側を②の穴に入れて回します。

これは比較的ラクにできますよ。ポイントは力を入れすぎないこと。
芯が折れないよう注意が必要ですね。

そのままでは削りカスがついてギザギザ・・・
形を整えるために、そのまま③の穴に入れます。
滑らかになって形が整います。

このように、凹凸になりました。
なんとも不思議な形ですが、これがきれいにピタッとハマるんです!
まるでブロックのように!

これは子どもだけじゃなく、大人もワクワクしますよね〜!

外れないように接着剤でくっつけます。
乾くまでしばらく置いておきます。

はい、完成しました!

長さも復活!
これで普通の鉛筆として使えますね。
書くのも削るのも問題ないです。

いろんなコラボが実現します!

赤鉛筆と黒鉛筆のコラボもできちゃいますよ!
色鉛筆にもよさそうですね。


ちょっと手間はかかるけど、エコだし節約にも繋がります。
そして、なんといっても作るのが楽しい!

ピタッとくっついた時は快感です!
短い鉛筆が待ち遠しくなるほどですよ(笑)
気になる方はぜひお試しください。

  • 12128
  • 43
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

片付け・収納

無印良品が好きな整理収納コンサルタント。雑貨や収納グッズなど、日々の暮らしが少しでもラクに、素敵になるアイテムを紹介しています。livedoorブログ「良品生活…

おすすめのアイデア

話題のキーワード