クローゼットの棚収納を幅広く解説♪棚の増やし方やDIYも紹介

衣類を収納するクローゼットですが、棚を使うことでさらに収納力をアップできるんです。今回は、クローゼットの棚上収納を幅広く紹介! 100均のワイヤーネットや〔ニトリ〕のアイテムを使った収納棚の増やし方、さらに簡単にできるDIYも解説しますよ♪

  • 10559
  • 19
  • 0
  • いいね
  • クリップ

クローゼットの棚上収納

クローゼットの棚と聞いて、ハンガーパイプ上の棚を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。クローゼットの棚の活用法として、まずは基本の棚上収納術から確認していきましょう!

普段使わない物を収納

クローゼットの棚上というと、上げ下ろしの手間があるぶん、普段使いにするのはためらってしまうスペースですよね。

そんなクローゼットの棚上を活用するには、「ないと困るけれど、普段は使わない」物を収納するのがおすすめです!

たとえば、「冠婚葬祭」「スポーツ」など、使うタイミングが限られる物を収納すると、いざというときもスムーズに利用できますよ。

そのほか、「来客用寝具」や「オフシーズンの衣類」などの指定位置としてもよいでしょう。使用シーンごとにまとめておくと、より一層使いやすくなりそうですね!

収納ボックスは統一

棚上収納に、収納ボックスを利用している人は多いのではないでしょうか。この収納ボックスですが、できる限り同じアイテムで統一するのがおすすめです。

棚上収納にありがちな「圧迫感」も、収納ボックスを統一してスッキリ見せればたちまち軽減できますよ。

また、「棚上収納用のボックスはコレ」とルールを決めてしまえば、収納可能量を具体的にイメージできるので、今後収納したいアイテムの増減を考える際にも便利ですね!

なお、棚上収納ボックスには、重量の軽いファブリック製&持ち手のあるタイプの物を選ぶとよいでしょう。出し入れもラクラクで、ストレスなく使用できますよ!

タグやラベルを付けておくと便利

棚上収納のデメリットとして、「どこに何があるのか分かりにくい」という点があげられます。特に、収納ボックスを統一していると、下から見ただけでは中身がまったく分からないといったこともあるでしょう。

そんなデメリットを克服するのに有効なのが、「タグやラベルを付けておく」という方法です。タグやラベルで中身を明記しておけば、欲しい物がどこにあるのか一目瞭然ですよね。

おしゃれなデザインのタグやラベルを選んだり、中身を文字ではなくイラストにしたりなどの一手間を加えれば、生活感を出さないおしゃれな収納が実現できますよ!

クローゼットに棚を増やすには?

いくら棚上スペースを最大限活用できたとしても、棚上とハンガーパイプだけで全ての衣類やファッションアイテムを収納するのは難しいものですよね。クローゼット内の収納量を効果的に増やすためのアイデアをチェックしていきましょう!

下段は収納ケースを活用

ハンガーパイプに吊るした衣類の下のスペースは、ぜひ活用したい貴重な収納スペースです。

吊るした衣類の邪魔にならない高さを確認した上で、スペースに合う高さや幅、奥行きの収納ケースを設置しましょう。ぴったりサイズの収納ケースを選ぶことで、デッドスペースが生まれるのを防ぎ、クローゼット内の収納量をグッとアップさせられます。

より収納量を増やすのならば、ハンガーに吊るす衣類を長さ順に並び変えるなどの工夫をするのもおすすめです。一部に多くスペースが生まれるぶん、設置する収納ケースの数を効果的に増やせますよ!

ラックも使いやすくて便利

ハンガーパイプ下のスペースを有効活用するのなら、収納ケースを設置する以外に、「ラック」を利用してみるのもおすすめです。

ホームセンターやインテリアショップ、ネットショップなどをチェックして、好みのサイズ、棚数のラックを選びましょう。収納ケースに比べ、収納するアイテムの大きさに制限が少ないので、アイデア次第でどんな物でも自由に収納できますよ!

既製品では好みのタイプのラックが見付けられないというときは、100均で手に入るメタルラックなどを利用してみるのも一つの方法です。

パーツの組み合わせ方によって自由にデザインできるので、「こんなラックが欲しい!」というイメージがハッキリある人はぜひ挑戦してみるとよいですね!

クローゼットに棚がない場合はどうする?

中には、「そもそもクローゼットに棚がない」という人もいるでしょう。そんなときにおすすめの便利なアイデアを三つ紹介していきます!

100均アイテムで棚を作る

スペースはあるものの棚がないというときは、リーズナブルな100均アイテムを活用して一から棚を作ってみましょう!

誰でも挑戦しやすい簡単な方法には、以下のようなものがあります。

●ワイヤーネットをカラーボックスのように結束バンドで連結する
●「すのこ」を必要なだけ組み合わせ、オープンタイプの棚にする

手軽な100均アイテムでの自作なら、初心者でも気軽に挑戦できますよね! 「クローゼットに棚が欲しいけれど、あまりお金をかけるのはちょっと……」という人に特におすすめの方法といえるでしょう。

突っ張り棒でも棚が作れる

もっとお手軽に棚を作るなら、「突っ張り棒」を上手に利用してみましょう!

たとえば、「クローゼット内の希望の位置に突っ張り棒を2本平行に設置して、上にワイヤーネットを渡す」だけでも収納力抜群の簡易棚ができますよ!

自作は面倒という人なら、専用の突っ張り棚が複数のメーカーから販売されているので、気に入った物を購入するのもよいですね。

幅や耐荷重をしっかりと見極めれば、まるで作り付けのようなしっかり安定した収納棚が手に入りますよ!

〔ニトリ〕や〔イケア〕などの収納棚を設置

「クローゼット内もおしゃれにしたい」「スッキリと片付けたい」という人におすすめなのが、〔ニトリ〕や〔イケア〕のような人気ショップのアイテムを収納棚として活用する方法です。

住人以外の人目に触れる機会はあまりないといっていいクローゼットですが、見た目や機能性にこだわり、居心地のよい空間にすることは、毎日のコーディネートのモチベーションにも大きく影響するでしょう。

おしゃれな人気の収納棚を設置して、クローゼットを大切なプライベートルームとして扱ってみるのもよいですね!

おしゃれディスプレイがしたいならDIYで

お気に入りのバッグやアクセサリーなどは、まるっとしまい込んでしまうのではなく、ディスプレイで楽しみたいものですよね。

そんな願いをかなえるため、クローゼットに合ったディスプレイスペースを作れるDIYの方法を紹介します!

広いクローゼットは大きな棚を

ウォークインクローゼットのような、ある程度広さのあるクローゼットなら、思い切って大型の棚を設置してみるのもおすすめです。

「棚を設置する」というととても大掛かりに聞こえるかもしれませんが、実はそうでもありません。基本の流れは以下のようになります。

●設置する棚の大きさやデザインを考え、それに必要な木材の数やサイズを決める
●ホームセンターなどで木材や釘などの材料を購入する
●木材をカラーリングしたければ塗料を塗る
●組み立てる

木材は、ホームセンターで依頼すれば、希望の大きさにカットしてもらえますよ!

完全なDIYなら、手持ちのアイテムに合わせたデザインができるので、クローゼット内のスペースを無駄なく有効活用できますね!

ウォールシェルフをクローゼットで

カフェやショップなどでよく見かけるウォールシェルフがクローゼットにあったなら、おしゃれさと見やすさが同時にかなって一石二鳥ですよね!

このウォールシェルフも、比較的簡単にDIYできるアイテムです。以下でおおまかな流れをチェックしてみましょう。

●シェルフの希望の奥行き、長さを決める
●希望サイズの木材やブラケットを購入する
●木材の角をヤスリなどで整えたり、塗料を塗ったりなどの下準備をする
●壁にブラケットを設置し、板を取り付ける

ブラケットとは、板を支えるパーツのことです。アンティーク調など、おしゃれなデザインの多い「アイアンブラケット」が人気です。お気に入りの小物類をディスプレイすれば、日々のコーディネートがより一層楽しくなりそうですね!

クローゼットを便利に使うには棚収納がカギ

「クローゼット内を無駄なく有効利用したい……」そんなときは、棚収納を見直してみるのがおすすめです。

既存の棚を活用するのはもちろんのこと、下段に収納ケースやラックを設置したり、100均アイテムなどを使ったりして簡易棚を設置してみるのもよいでしょう。

徹底的に自分仕様の棚にするのなら、DIYに挑戦してみるのも1つの方法です。大型の棚やウォールシェルフなど、おしゃれ感満載の理想のアイテムを手に入れられますよ。

さまざまなアイデアを取り入れながら、見た目も機能面も充実したお気に入りのクローゼットにできるとよいですね!


LIMIAからのお知らせ

太陽光発電の見積りを無料お試し

1.見積もりを無料でお試し
2.太陽光発電の簡単相談

  • 10559
  • 19
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード