住宅冷暖房の基本

「冷房は上から、暖房は下から」というのが快適な住空間づくりの基本ではないでしょうか。
冷房は壁掛け又は天井吊りエアコンで上部より行いますが、 暖房をエアコンで行うと、
機械風がうるさく、熱風は上に舞い上がり空気乾燥もひどくなり、あまり快適とはいえないでしょう。
さりとて床下エアコンなどは床下のほこりが舞い上がり、 冷房は足元が冷えるので採用はできません。
冬は床暖房が理想的で、要望と予算がある場合には設置していますが一方で故障の時には
床を剥がして大修理が必要となるリスクがあるので、十分な注意が必要となります。
また別の方式で、室の壁下などに1〜2箇所温水コンセントを設け、これに移動式の温水暖房機を
繋ぐ方式を勧めています。ただし、エアコンや暖房機が丸見えでは建築家落第となるので、
ほどほどに隠すデザインを行っています。
そしてこれらと合わせて十分な断熱計画を行い、快適な住環境を松井建築研究所では設計しています。

  • 1217
  • 3
  • 0
  • いいね
  • クリップ

「冷房は上から、暖房は下から」というのが快適な住空間づくりの基本ではないでしょうか。

冷房は壁掛け又は天井吊りエアコンで上部より行いますが、暖房をエアコンで行うと、 機械風がうるさく、熱風は上に舞い上がり空気乾燥もひどくなり、あまり快適とはいえないでしょう。

さりとて床下エアコンなどは床下のほこりが舞い上がり、 冷房は足元が冷えるので採用はできません。

冬は床暖房が理想的で、要望と予算がある場合には設置していますが一方で故障の時には床を剥がして大修理が必要となるリスクがあるので、設計者サイドからはあまり勧めていません。

代わりに、室の壁下などに1~2箇所温水コンセントを設け、これに移動式の温水暖房機を繋ぐ方式を勧めています。

ただし、エアコンや暖房機が丸見えでは建築家落第となるので、ほどほどに隠すデザインを行っています。



松井建築研究所

壁掛エアコン格子付き、 低温式温水床暖房
壁掛エアコン格子付き、 低温式温水床暖房
温水暖房機(下より吹き出す)
可動式家具(内部に温水暖房機)
可動式家具(内部に温水暖房機)
  • 1217
  • 3
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

戸建住宅設計、民家再生設計、医院設計、学校設計を行う建築設計事務所です。質感の豊かな自然素材や樹齢300年以上の無垢な木材を用いて、時とともに深みの増していく建…

おすすめのアイデア

話題のキーワード