古い家のリノベーション!費用・相場をチェックしてスムーズな改装をしよう

今回は、古い家のリノベーションの費用・相場についてご紹介します。築年数が長い家に住んでいる方、「古い家だからリノベーションしたい!」と思っても、費用や相場についてわからない場合が多いのではないのでしょうか?リノベーションにかかる費用が建て替えや新築に比べて安価になるケースが多いため、リノベーションは、現在住んでいる住居の一新にも中古住宅を購入するタイミングで行うのがおすすめです。みなさんぜひ費用・相場に気をつけながら、リノベーションを行ってみてください!

  • 31074
  • 32
  • 0
  • いいね
  • クリップ

本当に安い?リノベーションと建て替えの費用比較

古い家をリノベーションするとき、費用面での比較対象として大抵引き合いに出されるのが建て替えです。建て替えは、自由な間取りやデザインに住居を作り直せることが魅力ですが、かかる費用はやはり高額になってしまいます。予算面で見ると、古い家をリノベーションした方が費用を抑えることができるケースが多くなります。以下に、その理由とそれぞれにかかる費用についてご説明いたします。

古い家をリノベーションする場合

古い家を入手する費用を除けば、リノベーションでかかる費用は、一般的に「工事費」と「デザイン設計費」、「諸費用」と「仮住まいの費用」の合計です。それぞれの概要として、「工事費」は規模により300~1500万円前後、間取りや設備の変更に伴う「デザイン設計費」と書類作成や現場管理にかかる「諸費用」は工事費の2割弱、「仮住まいの費用」に関してはリノベーションにかかる工期の分だけの家賃や宿泊費が必要になります。

建て替えの場合

建て替えにかかる費用は、上記の4つの費用と、既存の住居を解体する費用、解体によって生じた廃材を処分する費用の合算です。また、基礎から造り直すため、工事自体が大規模になりますから、その工事費も多くかかります。また、工期が長くなる分だけ仮住まいにかかる費用も多くなりがちです。これらの理由から、建て替えにかかる費用は、リノベーションのそれと比べて3割程度多くなります。

費用別!リノベーションでできること

リノベーションでは具体的に何ができるのでしょうか?価格ごとにまとめました。

100万から200万円でできること

この価格で行えるリノベーションは、部分的なものにとどまります。具体的には、収納スペースやバルコニーの新設、壁紙及び床の張り替えなどです。

200万から300万円でできること

一部の間取り変更や、設備変更がこの予算から行えるようになります。DKから開放感のあるLDKに間取りを変更したり、キッチンを新調したりする改修などが、この予算内で実現できるリノベーションの具体例です。

300万から500万円でできること

住居の一部分を、スケルトンと呼ばれる住居の骨格や構造のみを残した状態にまで解体し、内装をまるごと改修できるようになるのがこの価格帯です。スケルトン状態まで解体すると、間取りをより大きく変更したり、同時に古い住居によく見られる耐震性能の脆弱さに補強を施せたりと言った大規模リノベーションを行えます。壁を撤去しての部屋の拡張や住居の基礎の補強、キッチンや洗面所の設備の新調なども、この価格で行える具体的なリノベーションです。

500万から600万でできること

上述の住居をスケルトン状態にしての大幅な間取り変更、耐震補強に加えて、サビや経年劣化などによって傷んでいることの多い給排水管など水回りの工事が可能になります。例えば、給排水管を一新する、水回りを1階から2階へ移動させたりなどができるようになります。

600万から800万円でできること

この価格帯からは、住居の設備の機能性向上や間取り変更だけではなく、住居の増改築にまで手を伸ばすことができます。具体的には、リビングを拡張し空間を広げつつ、キッチン設備の更新と配置換えが可能になります。また、床材を無垢材にするなど、リノベーションに使う材質にもこだわりがもてるようになります。

800万から1,000万円でできること

上述の間取り変更などに加えて、さらに住居全体の耐震補強や外壁工事など、住居の構造的なリノベーションが可能になる価格帯です。一例としては、全てのサッシの取り換え結露や騒音を防ぎつつ、遮熱性能の高い塗り壁に外壁を張り替え、さらには天井素材をより耐久性の高いものに変更するなどです。

おわりに

建て替えに比べて安価で実行できるリノベーション。費用や相場をご紹介しましたが、必ずしもこの限りではないことにご留意ください。案件の状態や業者、規模によっては建て替えよりも高くついてしまうこともあり得ます。計画段階から予算と要望をはっきりさせておき、ご自宅の状況に合ったリノベーションの準備を進めておきましょう。詳しい費用を知りたい方は、まずは見積を取ってみるのがよい方法です。一括見積サイトを利用すれば、多くの業者さんの見積が一度に取れて比較検討の手間も省けます。

もっと具体的なリフォーム・リノベーション費用について知りたい方は、厳選された複数リフォーム業者での価格見積もりを無料で徹底比較できる、リフォーム料金一括見積もりサービスをお気軽にご利用ください。


LIMIAからのお知らせ

太陽光発電の見積りを無料お試し

1.見積もりを無料でお試し♪
2.太陽光発電の簡単相談

  • 31074
  • 32
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIAおすすめのリフォームやリノベーション、住宅設備に関する記事を中心にご紹介。施工事例や費用相場、リフォーム会社の選び方など、住まいに関する情報満載でお届…

おすすめのアイデア

話題のキーワード