コースター印刷は自宅でもできる?紙にデザインをプリントする方法

コップのすべり止めとしても便利なコースターは、簡単に自作することが可能! 今回は紙コースターに好きなデザインを印刷するまでの流れを解説します。自宅でプリントする方法と印刷所に依頼する方法があるので、自分にあったやり方を見つけてみてくださいね♪

  • 8168
  • 46
  • 0
  • いいね
  • クリップ

コースター印刷までにすること

コースターに使われている素材はコルクや布、フェルトやアクリルなどがあります。中でも、紙製のコースターは原料費が安く大量に作れるのがメリットです。

紙製のコースターでオリジナリティーの高い物を作れますよ。コースター印刷までに何をすればよいか、大まかな流れを紹介します。

デザインを決める

コースターに印刷するデザインは、コースターの魅力に大きな影響を与えます。デザイン性の高いコースターは人気が高く、お店で提供する場合は宣伝効果も期待できるほどです。

デザインを決めるときは、コースターを利用する目的に応じて適したデザインを選ぶことが大切ですよ。

たとえば、子どもが通う保育園や学校のバザーなどで提供する場合、子どもが喜ぶようなデザインにしたほうが売れ行きもよくなるでしょう。

自作か印刷会社への依頼かを決める

コースターを印刷する場合は、自宅のプリンターで印刷をするか、印刷会社に依頼するかのどちらかになります。

自宅で印刷することもできますが、プリンターの種類によっては印刷方法や仕上りに満足いかないこともあり、手間もかかります。

場合によっては業者に依頼したほうが、手間もかからず費用も安く済むでしょう。コースター印刷にかかる費用は印刷方法や枚数、業者によって異なります。まずは、印刷業者を探すこと、費用相場を知ることが先決ですね。

その後、いくつかの業者に見積もりを取って、料金やサービスを比較しながら決めていくとよいでしょう。

自作コースターなら費用が抑えられる!

コースターを自分で印刷して作るときは、やり方次第で費用を抑えることができます。コースターを自作するポイントについて紹介していきます。

インクジェット印刷が簡単

自作で印刷するときの印刷方法はインクジェット印刷やレーザー印刷のどちらかになるでしょう。

どちらの印刷方法でも構いませんが、インクジェット印刷のほうが簡単です。コースターを作るときは、厚みのあるマットコート紙がコスパもよく使いやすいのでおすすめです。

印刷するときは、印刷モードに注意しましょう。インクジェット印刷の場合、印刷する紙のタイプを設定しないとうまく印刷できないことがあるからです。

印刷前に印刷紙の種類を確認してから、印刷実行するようにしましょう。印刷の状態を確認したいときは、試し刷りをしてから本番用の紙で印刷するとよいですよ。

防水用のフィルムを貼って完成

コースターは水分を吸収する役割もあるので、厚手の紙を使っても水分を吸収してふにゃふにゃになってしまいます。

そこで、仕上げに防水用のフィルムを貼ります。コースターを作成するためのキットなども販売されているので、利用してみるとよいでしょう。

自作すると、コストを抑えられるでしょう。しかし、印刷枚数によっては業者に依頼したほうが安い場合もあります。

インクジェット用紙やインク、ラミネート枚数が多くなるとそれだけコストもかかるからです。

コストや手間を考えて、自作するのか業者に頼むのかよく考えてから決めるとよいでしょう。

印刷所に依頼するなら

いろいろ考えて、自作よりも印刷所にコースター印刷を依頼することにした場合、依頼する前にいくつか確認しておきたいことがあるので覚えておきましょう。

かかる費用を確認

コースター印刷を引き受けてくれる業者はたくさんあります。業者によって価格やサービスも異なるので、費用を確認することが大切ですよ。

印刷するコースターの形や枚数、デザインによって料金が変わってくるため、費用を比較するときは、詳しい見積もりを出してもらいましょう。

業者をいくつかピックアップして、見積もりを出してもらってから料金を比較するのがおすすめですよ!

必ず最小ロット数の確認を

業者に依頼する前に必ずやっておきたいことが、「最小ロット」の確認です。

大量注文を受けることで費用を安くしてくれる業者も多く、小ロットの依頼を受け付けないことがあるからです。見積もりのときに最小ロットのことも確認しておくとよいですね。

コースターの素材を豊富に選べる

コースターに使う素材は紙だけでなく、布やフェルト、コルクやアクリルなどがあります。印刷所に依頼するときは、コースターの素材も選べることがほとんどです。

ただし、選んだ素材や枚数によってかかる費用も変わってくるので、費用についてきちんと印刷所に確認することが大切ですよ。

オリジナルデザインのコースターを楽しもう

コースターは普通に使うだけでなく、ディスプレイやコレクションもできます。お店でデザイン性の高いコースターを出されたときは、持ち帰る人もいるほどです。

オリジナルデザインのコースターを作るのは、楽しいものです。自分で考えたデザインが形になり、それが評価されたときはうれしい気持ちになるでしょう。

コースターを自作するのか印刷所に依頼するかで迷ったときは、印刷所に見積もりを取り、自作のコストと比較してみることです。

依頼する印刷所を決めるときは、見積もりを比較してよりよいサービスと価格を提供してくれる業者を選ぶようにします。オリジナルコースター作りを楽しんでみましょう。

  • 8168
  • 46
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード