【キッチンマット】が優秀!詳しい選び方&おすすめメーカーを紹介

キッチン作業の汚れや傷を防ぐだけではなく、キッチンのインテリアとしても活躍する「キッチンマット」。今回は、キッチンマットの詳しい選び方を解説します! さらに、北欧風がおしゃれな〔イケア〕やどんなキッチンにもマッチする〔ニトリ〕、リーズナブルな価格がうれしい〔しまむら〕などのおすすめの人気メーカーも紹介しますよ♪ 本記事を参考にして、自分のキッチンにぴったりなキッチンマットをゲットしましょう!

  • 9340
  • 15
  • 0
  • いいね
  • クリップ

キッチンマットの選び方とは

キッチンマットとひとくちにいってみても、デザインや素材がバラバラで、何を基準に選べばよいのか迷ってしまいますよね。まずは、基本の選び方から確認していきましょう!

インテリアに合ったものを選ぶ

キッチンマットを選ぶにあたって、重視したいポイントの1つが「インテリアに合ったものを選ぶ」という点です。

キッチン周りは、できる限り統一感のある居心地のよいインテリアでまとめておきましょう。キッチンをお気に入りの空間にできるかどうかは、日々の料理のモチベーションにも関わる重要な問題です。

キッチンマットは、面積があるぶん、インテリアの印象に大きな影響を与えがちなアイテムです。全体がちぐはぐな印象になってしまわないように、周囲の家具、家電のデザインや色味などを踏まえて選ぶようにするとよいですね!

拭けるマットなどお手入れの簡単さで

油や調味料などで頻繁に汚れてしまいがちなキッチンマットは、「お手入れの簡単さ」もしっかり考えて選びましょう。

日々蓄積される汚れが気になってしまい、キッチンマットの導入に二の足を踏んでいるという人は少なくありません。

でも、近頃は洗濯機で洗えるタイプのキッチンマットも多く販売されています。このようなタイプであれば、清潔度にこだわる人も安心して使えるでしょう。

また、ビニールなど、汚れが浸透しにくいタイプの素材のキッチンマットを選ぶのもおすすめです。たとえ汚れてしまっても、サッと拭き取ればOKなのでストレスなく使用できますよ。

汚れやすいアイテムだからこそ、自分のライフスタイルや性格に見合った素材のアイテムを選びたいものですね!

サイズや厚みもポイント

キッチンマットを選ぶなら、目的に合わせた「サイズ、厚み」もあらかじめチェックしておきましょう。

汚れ防止という目的のみで選ぶなら、シンクやコンロ下がカバーできるサイズのキッチンマットで十分ですが、キッチンインテリアのメインアイテムとして選ぶなら、スペースをより多くカバーしてくれる大きめサイズを選ぶのがおすすめです。

また、厚みのあるキッチンマットには、「足を冷えから守る」「長時間立っていても足への負担が少ない」といったメリットがある反面、「お手入れが難しい」「低い位置の引き出しの開閉を邪魔してしまう」といったデメリットがあります。

自分がキッチンマットに求めるものをあらかじめ明確にしておくと、いざというときも迷わずに選べますよ!

そもそもキッチンマットは必要?役割とは

中には、キッチンマットについて「特に理由はないけれど、何となく使っている」という人もいるのではないでしょうか。

自分にとって本当に必要なアイテムなのかどうかを見極めるためにも、キッチンマットの持つそもそもの役割について確認しておきましょう!

床の汚れを軽減できる

キッチンマットを使うことで得られる大きなメリットといえば、やはり「床の汚れを軽減できる」という点でしょう。

キッチンマットは、油や調味料といったキッチンならではの落としにくい汚れから大切な床を守ってくれる存在です。

特に、キッチンの床が吸水性の高いフローリング材の場合、汚れてからのお手入れというよりも、いかに未然に汚れを防ぐかが美しい床を守るためのポイントになります。キッチンマットの重要度がより一層高まりますよ。

食器を落としたときのリスクを軽減

キッチンマットの大切な役割の1つに、「食器を落としたときのリスクを軽減する」というものがあります。

食器には、陶磁器のような重量のある素材でできたものが多々あります。そんな食器を万が一床に落としてしまった場合、食器が傷付くのはもちろんのこと、床にも傷やへこみといったダメージが生じてしまいます。

キッチンマットは、そうした衝撃から床や食器を守る役割も果たしてくれるアイテムなのです。

おしゃれに選ぶ、おすすめメーカーはどこ?

では、実際にキッチンマットを選ぶ際はどのようなメーカーをチェックすればよいのでしょうか? おしゃれなアイテムがそろうおすすめのメーカーを3つ紹介します!

北欧風に決めるなら〔イケア〕

北欧風やナチュラル系のインテリアに合わせるのなら、〔イケア〕のキッチンマットがおすすめです!

北欧スウェーデン発祥のメーカーならではのおしゃれで洗練されたデザインが豊富にそろっているので、キッチンマットをインテリアのアクセントにしたいという人にもぴったりですよ。

キッチンマットとしては珍しいポップカラーの商品も手に入るので、個性的なキッチン作りにも気軽に挑戦できそうですね!

豊富なデザインがうれしい〔ニトリ〕

人気のホームファニシングストア〔ニトリ〕が販売するキッチンマットの魅力は、何といってもそのデザインの豊富さです。

シンプルな無地タイプはもちろんのこと、モダンなモノトーンや北欧デザイン、カジュアルなロゴデザインなど、どんなキッチンにも対応できる多彩なバリエーションの商品がそろっています。

毛足の長さや素材のタイプもさまざまなので、デザイン性と機能性の両面でお気に入りのアイテムが見付けられますよ!

〔しまむら〕も狙い目

キッチンマットなら、リーズナブルで高品質なアイテムがそろうと人気の〔しまむら〕も忘れずにチェックしておきましょう。

中には45×180cmサイズで1,000円を切る商品もあるため、一定期間使ったら汚れが目立つ前に買い替えるといった使い方もできますよ。

キャラクターアイテムの取り扱いもあるため、子どものいる家庭にもうれしいですね!

キッチンマットをより便利に使うコツ

キッチンマットは、工夫次第でより便利に使いこなせるアイテムです。さらに快適に使いこなすコツを2つ紹介していきましょう!

滑り止めをプラスして使いやすく

「キッチンマットの上で作業していたら、振り返った拍子に滑ってしまった」「掃除機をかけていたらキッチンマットが巻き込まれてしまった」そんな経験はありませんか?

地味なストレスのもととなってしまうだけでなく、万が一の事故の原因ともなってしまうキッチンマットの滑りは、「滑り止め」をプラスすることであらかじめ防止しておきましょう。

近頃のキッチンマットは、滑り止め加工がされているものが多く販売されています。もし対応していないものを使うのであれば、滑り止めシートやシールタイプのパッドなどを併用することをおすすめします!

2週から1カ月に1回の洗濯で清潔に

料理をする場所であるキッチンで活躍するキッチンマットは、いつでも清潔に保っておきたいものですよね。

洗濯機が使用できるタイプのキッチンマットは、気付いたときに気軽に洗えるので便利ではありますが、より清潔に使うのなら、できる限り手洗いを併用するとよいでしょう。

難しいことは何もありません。まずは目視で食品カスや米粒のようなゴミを払い、手洗いで目立つ汚れやシミを落としてから洗濯機にかければOKです。こうすることで、キッチンマットの隅々までサッパリと汚れが落とせますよ。

清潔さをキープするのなら、お手入れは最低1カ月に1度のペースで行いましょう。可能であれば、2週に1度お手入れするとより効果的ですよ!

キッチンマットで空間の印象を変える

「キッチン周りの雰囲気を変えたい」そんなときは、キッチンマットを上手に利用してみるのがおすすめです。

床面積を広くカバーするキッチンマットにどんなデザインやカラーのものを選ぶかによって、キッチン周りの雰囲気を一気にイメージチェンジできますよ。

実際に購入するにあたっては、あらかじめ〔イケア〕や〔ニトリ〕のような人気メーカーのアイテムをチェックして、理想のキッチンを具体的にイメージしておくのもよいですね!

自分に合ったお手入れのしやすさやサイズ、厚みも参考に、キッチンマットを利用したおしゃれで使い勝手のよいキッチンを目指しましょう!

  • 9340
  • 15
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード