クローゼット収納に家具を活用する方法。家具の選び方から紹介

クローゼットの中を見やすく整理するために、収納ケースや家具を使っている人も多いでしょう。家具を使う場合、いろいろな種類があり何を使うかで迷ってしまいます。そこで、クローゼット収納に適した家具を選ぶポイントについて紹介していきます。

  • 16039
  • 198
  • 0
  • いいね
  • クリップ

クローゼット収納用の家具はどう選ぶ?

クローゼットは、洋服をメインで収納できるように作られているため、縦長のスペースが特徴的な空間です。

そのため、小物などを収納するときは、家具を使うと見やすく取り出しやすい収納が作れますよ! まずは、クローゼット用家具を選ぶポイントを押さえておきましょう。

収納したい物から選ぶ

クローゼットに収納する物や量は人それぞれなので、まずは収納したい物を把握することが大切です。

洋服やバッグ、下着など何をどれだけ収納するかによって、適した家具が変わってくるでしょう。

引き出し、収容量の確認

家具によって引き出しのサイズや収容量が異なりますよね。使いやすい収納にするためには、家具の収納量もチェックしておきたい重要なポイント!

収納したい物の量によって家具の大きさを選びましょう。収納する内容に合わせて、使いやすい引き出しのサイズや、収容量をよく考えてみましょう。

寸法を測る際には扉に気を付ける

クローゼットの中で使う家具は、クローゼットの中にきちんと収まることが大前提です。そこで、寸法の計り方が重要になってくるので、計測時のポイントを理解しておきましょう。

まず、クローゼットの扉を全開にします。幅を計るときは、壁の幅と扉の開き幅を計るようにします。

扉の開き幅よりも大きいサイズの家具を買ってしまうと、家具が入らなくなってしまいます。

高さを計るときは、ハンガーポールの下から計測しましょう。実際に洋服をかけてみて、裾から下の空間を計ることで、より使いやすい家具のサイズを把握できますよ!

ウォークインクローゼットではどう選ぶ?

収容量が多いのがウォークインクローゼットの魅力ですが、それに合う収納家具を選ぶのは意外と難しいのです。収納家具を選ぶコツについて、紹介していきます。

奥行きが深すぎる引き出し収納は不向き

ウォークインクローゼットにはいくつかのタイプがあり、それぞれ収容量や収納スペースの活用方法が変わってきます。

どのタイプにも共通していえるのは、「奥行きが深い引き出しは、使用を控えること」です。深い引き出しの家具を選ぶとたくさんの物を収納できますが、引き出しの奥まで見るのに引き出しを目いっぱい引き出す必要があります。

ウォークインクローゼットの通路スペースは限られていることが多いので、奥行きの深い引き出しは中身が確認しづらいのです。

メタルラックもおすすめ

収納に適した家具を選ぼうとすると、気に入った物を見つけるのが難しいことがあります。

そこで、メタルラックを活用するのもおすすめです。メタルラックは耐久性にも優れており、カゴやラックを組み合わせてカスタマイズできるからです。

メタルラックはサイズ展開も豊富なので、クローゼット内の置き場所に合うサイズを見つけやすいでしょう。

棚の高さも調節できるので、収納する物や量に合う収納ケースを組み合わせると、使いやすいオリジナル収納を作れますね。

おすすめのクローゼット収納家具

収納家具は大きい物が多いので、購入時に失敗するのは避けたいですよね。家具店やホームセンターなどでクローゼット収納に適した家具が販売されています。自宅のクローゼットに合う物を選べるように、おすすめの収納家具を紹介していきます。

サイズ豊富なニトリ

収納家具選びで困ったときは、〔ニトリ〕をチェックしてみましょう。〔ニトリ〕は、シンプルなタイプから、デザインにこだわった物まで商品展開が豊富にあります。しかも、手頃な価格で購入しやすい物が多くそろっているのが魅力です。

収納ボックスや収納家具の品ぞろえも豊富なので、サイズと機能を照らし合わせながらクローゼットに合う物を探してみましょう。

スチールラック CUSTOM幅115cm 2段(CR) ニトリ 【玄関先迄納品】スチールシェルフ ラック 棚
商品情報を楽天で見る

IKEAで造り付けのような家具を

〔IKEA〕といえば、洗練されたおしゃれなデザインの家具や小物をそろえているお店です。既製品でクローゼットにピッタリ収まる収納家具を見つけるのは難しいですが、オーダーメイドすると価格が高額になってしまいます。

そんなときは《IKEA PAX》を活用してみましょう。フレームと収納パーツを自由に選べるので、造り付けのような収納家具をオーダーできるのです。しかも、手頃な値段設定になっているので、オーダー家具を作るよりもお得です。

家具を使ってクローゼットの収納力をアップ

クローゼットは収容量が多いように感じられますが、収納のやり方次第でデッドスペースが多くできたり、見やすい収納が作れなかったりします。

限られた収納場所を最大限活用し、見やすい収納を作るのに収納家具が役立ちます。収納家具にもいろいろな商品があるので、クローゼットに収まるサイズや適した機能を備えた物を選ぶことが大切ですね。

収納家具を選ぶポイントを理解して、使いやすい収納家具を選んでいきましょう。


LIMIAからのお知らせ

太陽光発電の見積りを無料お試し

1.見積もりを無料でお試し♪
2.太陽光発電の簡単相談

  • 16039
  • 198
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード