クローゼット収納にハンガーは必須!選び方とおすすめハンガー

クローゼットに洋服を収納するときは、シワになりにくく見つけやすいという理由でハンガーにかけている人も多いでしょう。しかし、ハンガー選びを間違ってしまうとハンガーの機能を果たせなくなります。そこで、ハンガー選びのコツを紹介していきます。

  • 5221
  • 40
  • 0
  • いいね
  • クリップ

知ってた? ハンガーの選び方

ハンガーによって、サイズや機能、主な目的が異なります。ハンガーを適切に使うためにも、ハンガーの種類について理解しておきましょう。

男性、女性用の違いで選ぶ

ハンガーは全てサイズが同じではなく、男性用と女性用があることをご存知でしょうか? 一般的に男性のほうが首回りも肩幅も女性より広めですよね。

ハンガーもそれぞれの体型に合わせて作られているので、男性用と女性用とでは幅が異なるのです。

また、男性用と女性用の中でもさらに細かくサイズが分かれています。型崩れやシワを防ぎたいなら、洋服のサイズに合わせてハンガーを選ぶことが大切ですね。

ハンガーの形で選ぶ

厚みや肩先のデザインなども、ハンガーによって異なります。型崩れを気にするときは、ハンガーの形にも気を配りましょう。

ハンガーの厚みは約3〜5cm程度がちょうどよく、型崩れも起こりにくいです。しかし、厚みがありすぎるとそれだけクローゼットのスペースを多く使ってしまうので、収納場所のことも配慮して、適した厚みを選ぶようにしましょう。

目的、機能によって選ぶ

目的によってハンガーを選んでみるのもよいでしょう。スーツやシャツ、ブラウス、スカーフやネクタイといったように、かける物によって専用のハンガーが販売されています。

かける物に応じて専用のハンガーを使うと、収納もしやすくきれいな状態を保てるでしょう。

また、求める機能でハンガーを選ぶこともできますよ。ハンガーの肩幅サイズを変えられるハンガーを使うと、かける洋服のサイズが変わっても対応できます。

他にも、落ちやすいスカートを長めのグリップでしっかりとはさんでくれるハンガーもあります。

収納効率を考えて複数のパンツやスカートをかけられるハンガーなど、ハンガーの持つ機能もさまざまです。

クローゼットの収納量や使い勝手に応じて適した機能を持つハンガーを選ぶと、使いやすい収納に変えられますよ。

使いやすいおすすめハンガー

ハンガーの値段も幅広く、お手軽にそろえることもできるでしょう。しかし、値段だけではなく機能にもこだわって選んだほうが、使い勝手はよくなります。そこで、使いやすいと評判のおすすめハンガーを、3点紹介していきます。

便利でおしゃれ《MAWA人体ハンガー》

ハンガーに洋服をかけたとき、洋服が滑り落ちて困った経験はありませんか? そんな悩みを解消してくれるのが《MAWA人体ハンガー》です。

特殊なコーティング加工を施しているので、滑りにくいのが特徴です。さらに、人体に近い形状に作られているので、型崩れ防止も期待できますよ。

これなら、今まで普通のハンガーでは滑り落ちてしまったなめらか素材のキャミソールやブラウスなども、ハンガーにかけられますね。

厚みもわずか1cmなので、収納スペースが狭いクローゼットでもかさばりません! クローゼットの収納量を最大限活用できるでしょう。

MAWA 人体ハンガー 10本組 ブラック
商品情報をAmazonで見る

首周りに優しい〔無印良品〕の《ポリプロピレン洗濯用ハンガー》

Tシャツやニットをハンガーにかけるときは、首の部分を広げる必要がありますよね。それが、首周りの生地を広げ、劣化を早める原因になっていました。

そんな悩みを解消してくれるのが〔無印良品〕の《ポリプロピレン洗濯用ハンガー》です。Tシャツの首の部分を広げなくても干せるようになっているので、Tシャツやニットの首のラインをうつくしく保てますよ。

無印良品 ポリプロピレン洗濯用ハンガー・シャツ用・3本組 約幅41cm
商品情報をAmazonで見る

回転式フックが特徴《J.S. Hanger》

木製のハンガーは、ナチュラルな見た目がうつくしいアイテムですよね。《J.S. Hanger》は、回転式フックが特徴的で機能面にも優れたハンガーです。

スーツやコートなどさまざまな洋服をかけられるでしょう。また、滑り止めが付いているので洋服のずれや滑り落ちにも効果的です。

j.s.ハンガーGugertree木製extra-wideハンガー、5 - Pack EishoE012-1
商品情報をAmazonで見る

ハンガーでの収納力をアップするには

ハンガーの使い方次第で見やすさと使いやすさを両立した収納を作れようになります。また、収納量を増やすこともできますよ。ハンガーを使った収納量アップのコツについて、紹介していきますね。

プチDIYでハンガー収納を倍に

クローゼットにもっとたくさんの洋服をかけることができたら、便利ですよね。しかし、ハンガーをかける場所が少ないと、かけられる洋服の量も限られてしまいます。

ハンガーをかけるスペースは、DIYで増やすことができますよ。丈の短い物や子ども用の服をかけるスペースを、クローゼットの低めの位置に作ってしまうのです。

用意する物は突っ張り棒とロープだけです。突っ張り棒を適度な高さに調整しますが、突っ張り棒だけでは強度が不安です。

そこで、クローゼットのポールの部分にロープをくくりつけて突っ張り棒と結んで補強しましょう。少しの作業で、収納量が大幅にUPしますよ!

こんな突っ張り棒も活躍

突っ張り棒は収納スぺースを増やすのに便利なアイテムで、いろいろなタイプが販売されています。

1本だけのベーシックなタイプはもちろん、洋服収納用であれば「井」のような形で洋服が2段掛けられる物、支柱が付いて安定感が増す「Tの字」になった突っ張り棒など、バリエーションはさまざまです。

設置したい場所に合わせて、突っ張り棒でハンガー収納スペースを増やしてみましょう!

クローゼットの収納はハンガー使いで決まる

洋服をハンガーにかけて収納すると、物を見つけやすいだけでなくシワや型崩れも防げるでしょう。

ハンガーにもいろいろな種類があるので、使う物に適した種類を使い分けるのがポイントです。

また、突っ張り棒などで収納スペースを増やすこともできます。ハンガー収納のコツを理解して、使いやすいハンガー収納を作ってみましょう。


LIMIAからのお知らせ

リフォームの見積もり比較なら「ハピすむ」
1.800社を超えるリフォーム会社の中から厳選してご紹介
2.今なら全員に「失敗しないリフォームガイドブック」をプレゼント
3.東証一部上場企業による安心安全なサービス

  • 5221
  • 40
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード