ニトリのクローゼット収納は吊り下げタイプが便利。ポイントを紹介

持ち物をクローゼットにしまいきれないとお悩みではありませんか? 物であふれかえっているように見えるクローゼットも、実はもったいないデッドスペースがあるのです。〔ニトリ〕の吊り下げ収納を使って、クローゼットを快適に変身させましょう!

  • 25990
  • 45
  • 0
  • いいね
  • クリップ

吊り下げ収納のメリット

ごちゃごちゃしているクローゼットを見て「どうやって片付けたらいいかわからない!」とお嘆きの方におすすめしたいのが「吊り下げ収納」です。

すでにギュウギュウのクローゼットに衣装ケースを買い足す前に、吊り下げ収納のメリットについて知っておきましょう!

簡単に見せる収納ができる

収納したいアイテムを吊り下げて片付ける場合は、さまざまなグッズを利用します。

たとえば、服やバッグはハンガーポールにラックを吊り下げて収納してみてはどうでしょう。帽子はワイヤークリップやフックを使って吊るす方法もあります。

同じ持ち物であっても、整然とクローゼットに並べてみると、まるでお店のディスプレイのように見えるのです。こんなクローゼットなら、毎日の服選びが楽しくなりそうですね!

見えるため手にとりやすい

クローゼットの中に衣装ケースを入れてタンス代わりにするのは、よくある収納方法です。ハンガーにかけない物をまとめられるのでとても便利なのですが、衣装ケースには一つだけ難点があります。

出し入れしているうちに何をどこにしまったか忘れてしまい、ほしいアイテムがすぐに見つからなくなってしまうのです。

その点、ラックを吊り下げた場合は、基本的に蓋などがないので中に何が入っているのか一目でわかります。またフックやワイヤークリップも見せる収納として便利で優秀なアイテムですね。

コンパクトに収納できる

意外と収納方法に困るのが、ベルトやスカーフ、バッグやアクセサリーといった「小物」の収納ではないでしょうか?

衣装ケースの片隅に入れようとしても、うまく収納できずにゴチャついた印象になってしまいます。また、コサージュなど大振りのアクセサリーは、それぞれ箱に入れておくとかさばってしまいますよね……。

そんなときこそ、小さく区分けされた吊り下げ収納の出番です。ポケットにそれぞれ分けて収納しておけるので、物に埋もれてなくなることもないですし、ほかのアイテムと絡むことなく取り出せます。

今日から取り入れたい! 吊り下げテクニック

吊り下げ収納を使えば、クローゼットを使いやすくきれいにまとめられそうですね! では、どんな収納グッズが何をしまうのに適しているのでしょうか? わかりやすく具体例を挙げて三つの小ワザを紹介します。

ワイヤークリップで並べる

おすすめ吊り下げワザの一つ目は、「ワイヤークリップ」を使った収納です!

ワイヤークリップとは、フック部分をバーなどにぶら下げ、反対側のクリップ部分にアイテムを挟んで固定するものです。

小ぶりなワイヤーで使い勝手がよいため、もしかしたらキッチンやお風呂などの水回りですでに使用している人も多いかもしれませんね。

クローゼットでワイヤークリップが活躍するのは、「帽子」の収納です。吊り下げておけば、型崩れすることもありません。お気に入りの帽子が並んでいる様子は見ているだけで楽しくなりますよ!

扉にハンガーを引っかける

クローゼットの中の、思いもよらないデッドスペースとは……、ズバリ「扉の裏」です!

扉を閉めたとき、ハンガーにかかった服と扉の間には数センチの隙間ができます。この裏のスペースも「ドアハンガー」を使って有効活用しましょう。

ドアハンガーは、扉の上部にフックを引っかけて使用します。形状は扉から突き出すように奥行きのあるタイプや、縦長にいくつかフックが付いているタイプなどさまざまです。

クローゼットの扉の裏を利用するのであれば、2~3個のハンガーがかけられるくらいのドアハンガーがおすすめです。ストールやバッグ、帽子を収納するのに重宝します!

収納ポケットに小物をまとめる

「収納ポケット」はサングラスや腕時計、ヘアクリップなど細々としたものをまとめるのに便利です!

ウォールポケットを服と同じようにハンガーポールにかけておくだけなので、「どこに取り付けようかな……」なんて迷うことなく、購入してすぐに使い始められます。

収納するものによって、どのくらいのポケットの数や大きさが必要か決めておきましょう。

先ほど挙げた小物類のほかに、引き出しの中で迷子になりがちな下着や靴下を一つずつ収納しておくのにも活躍しますよ!

〔ニトリ〕の吊り下げ収納で空間を活用

数々のヒット商品を生み出してきた〔ニトリ〕が人気なのは、比較的安いのに機能は十分とハイパフォーマンスな点にあります。

そんな〔ニトリ〕から、痒い所に手が届く吊り下げ収納を2点紹介します!

型崩れ防止に 吊り収納ボックス

シーズン物はなるべくハンガーにかけて見やすくしておきたいものですが、ニット素材などハンガーにかけられないものもたくさんありますよね。ダメージが気になる服は、吊り下げるタイプのラックに収納するのがおすすめです。

〔ニトリ〕の《吊り収納 ボックス3点セット》は、3段に分かれた吊り下げラックです。洋服を畳んで重ねておいても、開口部から何がしまってあるか確認できます。

1段の高さが約30cmあり、洋服以外にも、バッグや帽子の収納などに活躍します。浅型と深型の2タイプのボックスが付属しているので、小物やタオル類の収納にもぴったりです!

2段吊りスペースが作れる吊り下げハンガー

ハンガーポールの幅は限られています。丈の短い服の下にできたスペースを見て「ここにもハンガーがかけられたらいいのに……」と思ったことはないでしょうか。

〔ニトリ〕の《かんたんに2段吊りスペースが作れる吊り下げハンガー》なら、そんなワガママにも応えてくれます。このハンガーは、ハンガーポールにかけるフックが82.7cmあり、両フックの下部はブナ素材でできたポールでつながっています。

ポール部分にさらにハンガーをかけて使用すれば、そこだけ上下2段で服を吊り下げられるのです。

上にはトップスを、下にはボトムスをかけておけば、コーディネートもしやすくなるのではないでしょうか!

クローゼットの空間を有効に使おう

限られた空間だからこそ、クローゼットはデッドスペースを作らずに最大限利用したいものです。

衣装ケースや普通のハンガーだけではなく、収納するものによってうまく吊り下げ収納を使い分けましょう。

また、そのほかにも、〔ニトリ〕のアイテムは品ぞろえ豊富♪ 「もっとほかのアイテムも見てみたい」「〔ニトリ〕のあのアイテムが気になる!」という方は、ぜひこちらから〔ニトリ〕の商品をチェックしてみてくださいね♪


LIMIAからのお知らせ

【24時間限定⏰】毎日10時〜タイムセール開催中✨
LIMIAで大人気の住まい・暮らしに役立つアイテムがいつでもお買い得♡

  • 25990
  • 45
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード