キッチンの収納場所はラックで増やす!選び方とおすすめメーカー

キッチン周りの収納量不足に不満を抱いているのなら、ラックの導入を検討してみましょう。ラックの主な種類や自宅にピッタリマッチするアイテムの選び方をチェックして、より便利で快適なキッチンを手に入れましょう! おすすめのメーカーも紹介します。

  • 3447
  • 12
  • 0
  • いいね
  • クリップ

スキマを有効活用するための基本

キッチンラックで収納を増やそうと思っても、そもそもスペースにそれほど余裕がないという家は少なくありません。

そこでおすすめなのが、わずかなスペースを最大限に活用する「スキマ収納」です。まずは、キッチンのスキマを上手に活用するための基本をチェックしていきましょう!

どこに、何を置きたいか決める

キッチンラックを導入するにあたって、真っ先に考えておきたいのが「どこに、何を置きたいか」です。

「ここにこれを置いておけたら便利だな」と感じるものをピックアップして、それを実際に設置した際の動線や使いやすさ、出し入れのスムーズさを具体的にイメージしてみましょう。

ラックに家電を置きたいと考えているのなら、コンセントの位置を確認しておくことも大切なポイントですよ。

サイズはしっかりと確認を

せっかくラックを購入してみても、想定していたスペースに収まらなかったり、収納しようと思っていたアイテムに対してラックの大きさが足りなかったりでは意味がありませんよね。

そんな事態を招かないためにも、ラックを購入する際はあらかじめしっかりとサイズの確認をしておきましょう。

ここでのポイントは、載せたいものの大きさに対し、ラックのサイズにややゆとりを持たせておくことです。

キッチンツールのような出し入れの多いアイテムを収納する場合、あまりにもピッタリサイズでは出し入れに手間取ってしまう可能性があるからです。

具体的な目安としては、「作業中でも片手で出し入れできるだけのゆとりがあるかどうか」をチェックするとよいでしょう。

お手入れのしやすさもポイント

キッチン周りというのは、油や水など、家の中でも特に汚れが気になるスペースです。そんな場所で使うキッチンラックですから、お手入れのしやすさも重要なチェックポイントとなるでしょう。

お手入れのしやすいキッチンラックとしておすすめなのが「ステンレス素材」です。ステンレスは汚れに強く、油汚れもサッと拭くだけで簡単にお手入れできますよ。

また、高温の環境にも強いこともうれしいポイント。長く使うキッチン収納アイテムとしてとても優秀な素材といえるでしょう。

キッチンラックの種類も確認

「キッチンラック」とひとことでいってみても、実はさまざまな種類があります。詳しい違いとそれぞれの特徴を確認していきましょう!

大型から小型まで 据え置きタイプ

「キッチンラック」といって多くの人がイメージするのは、「据え置きタイプ」のキッチンラックではないでしょうか。

フロアに直接据え置くタイプなので安定感があり、収納量も多く、家電のような重量のあるアイテムの収納にも適しています。

サイズ展開も幅広く、希望のスペースにピッタリの商品が見つけやすいのも大きなメリットといえるでしょう。

一方で、据え置きタイプのキッチンラックは、いったん設置したら基本的にその場で使い続けるもののため、事前に特定のスペースを空けておく必要があります。食器棚と同様に、家具としての側面が強いアイテムといえるでしょう。

ちょっとした置き場に ひっかけタイプ

「ひっかけタイプ」のキッチンラックは、ワークトップ上の戸棚やシンク下の扉などにひっかけて使用するタイプの収納アイテムです。

据え置きタイプに比べると耐荷重性に劣るものの、その場で必要なものを収納するには十分なアイテムといえるでしょう。

たとえば、ワークトップ上の戸棚に引っかけた場合、キッチンペーパーやラップ類、布巾などを収納すれば、調理中もサッと取り出せてとても便利です。

収納用品としてはもちろんのこと、キッチン作業を効率化するツールとしても大活躍してくれそうですね!

スキマ収納に便利 突っ張り棒タイプ

あまりスペースに余裕のないキッチンでも無理なく使えるアイテムとして人気を集めているのが「突っ張り棒タイプ」のキッチンラックです。

基本的に2本の突っ張り棒で支える作りのものが多く、そこにパイプ棚が渡されていたり、金属製のネットが張られていたりとさまざまなタイプがあります。ネットタイプの場合、カゴやフックを取り付けて自由にカスタマイズもできますよ。

また、シンク前に設置して水切りかごを置けば、簡易的な水切り棚として利用できるので、手狭なワークトップスペースを有効利用したい時にも便利です。

アイデア次第でさまざまなスキマ収納に活用できるアイテムといえるでしょう。

便利に使うならどこのラック?

では、実際に使って便利なキッチンラックにはどのようなものがあるのでしょうか? おすすめのメーカーをチェックしていきましょう!

アイデア次第で使い方がたくさんの100均

「大抵の日用品は100均で手に入る」といわれる近年ですが、実は、キッチンラックも100均で用意できるアイテムの一つです。

キッチンラックを作るのに必要な「ポール」「延長ポール」「固定パーツ」でフレームを組み立てて、必要な「バスケット」「棚パーツ」などを取り付ければ、それだけで簡単にキッチンラックが完成します。

専用のキャスターパーツを取り付ければ、移動式のキッチンラックになって狭い場所でも無理なく使えますよ。

パーツの選び方次第でサイズやデザインも自由自在なので、理想のキッチンラックのイメージがしっかり固まっているという人はぜひ挑戦してみるとよいでしょう!

スリム収納から壁一面まで〔無印良品〕

シンプルで使いやすいアイテムが人気の〔無印良品〕でも、オリジナルのキッチンラック作りに便利な商品が豊富に販売されています。

中でもおすすめなのが、《ステンレスユニットシェルフ》を使ったキッチンラック作りです。専用の棚やバスケットを組み合わせれば、自分仕様のステキなキッチンラックができますよ。

スキマ収納として利用するのはもちろんのこと、横に並べてキッチンカウンターを兼ねた大型ラックにしてみるのもおすすめです。

棚板パーツは「ステンレス」と「オーク材」から選べるので、キッチンの雰囲気や好みに合わせて選んでみるとよいですね!

アイテムを組み合わせて使いやすく〔ニトリ〕

機能的で見た目もおしゃれなキッチンラックなら、人気のホームファニシングストア〔ニトリ〕もぜひチェックしておきたいものですよね。

〔ニトリ〕では、デザインやカラーが豊富なキッチンラックや、スキマ収納に便利なスリムタイプのワゴンなど、たくさんのアイテムが取りそろえられています。

単体で使ってもそれぞれに魅力的なアイテムではありますが、《フック付き吊り戸棚バスケット》などを組み合わることで、より一層使いやすいキッチンラックになりますよ。

理想のキッチンをイメージしながら、いろいろな組み合わせ方を考えてみるのも楽しいですね!

キッチンラックをおしゃれに使うには

キッチンラックを取り入れるのなら、インテリアの一部としてセンスよく利用したいものですよね。おしゃれなキッチンラックの使い方もチェックしておきましょう!

バスケット、かごを併用する

オープンタイプのキッチンラックを選ぶなら、バスケットやかごを併用するのがおすすめです。

扉のないオープンタイプのキッチンラックは、お手入れしやすいというメリットがある一方で、収納しているものが全て丸見えになってしまうという大きなデメリットもあります。

そのデメリットをカバーしてくれるのが、バスケットやかごのようなアイテムなのです。こまごまとしたものを収めたバスケットやかごをキッチンラックにセットするだけで、見違えるほど整然とした美しい収納になりますよ!

見せる収納はテイストを合わせて

キッチン内というのは、何かと人目に触れる場所でもあります。誰に見られても恥ずかしくないキッチンを目指すなら、キッチンラックに収納するアイテムについてもしっかりと気を配っておきましょう。

おすすめなのは、「ナチュラル系」「スタイリッシュ系」など、キッチン全体のテーマを決めて、アイテムのテイストをそろえるという方法です。

さらに簡単な方法として、色味をそろえてみるのもよいでしょう。より統一感のある、落ち着いた雰囲気を演出できますよ。

ラックを駆使して収納力抜群のキッチンに

キッチン収納を効率的かつスマートに行うには、スキマ収納を駆使した「キッチンラック」の利用がおすすめです。

置き場所やサイズをしっかりとチェックした上で、100均アイテムを使ったり、〔無印良品〕や〔ニトリ〕などの商品を活用したりすれば、大容量で自分仕様の使いやすいキッチンラックになりますよ!

バスケットやかごを使って見た目にもこだわりながら、世界でたった一つの理想のキッチン収納を作りましょう!


LIMIAからのお知らせ

リフォームの見積もり比較なら「ハピすむ」
1.800社を超えるリフォーム会社の中から厳選してご紹介
2.今なら全員に「失敗しないリフォームガイドブック」をプレゼント
3.東証一部上場企業による安心安全なサービス

  • 3447
  • 12
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード