通路に設ける家族共用の本棚

文庫本やコミックスなどの奥行の必要のない本棚は、通路の壁間を利用して設けることができます。本の種類や扉の有無など、建て主さんの価値観や生活に寄り添って家づくりを進めています。

  • 2149
  • 7
  • 0
  • いいね
  • クリップ

通路に設ける家族共用の本棚

文庫本やコミックスなどの奥行の必要のない本棚は、壁の間を利用して設けることができます。通路に扉付きの本棚を設ける場合は、通路幅を広げておく方がよいと思います。通路に設けることで、家族共用の本棚として利用できます。

本棚の奥行

収納する本が決まっている場合は本の種類によって本棚の奥行を決定し、無駄な奥行きをなくすようにしています。奥行にゆとりのある棚は自由度が高く良い面もありますが、清掃や整頓、検索の面では最適とは言えません。

開放の本棚

扉をなしにすると、扉の厚みの分、省スペースで計画することができます。

絵本など奥行の必要な本も

吹抜け側に跳ねだすことで、奥行きのある本も通路上に収納することができます。

  • 2149
  • 7
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

木の家は決して高いものではありません。同じ金額で、より良いもの、より健康で安全で人に優しい住宅が手に入ります。「2018ぐんまの家」設計・建設コンクール特別賞「…

おすすめのアイデア

話題のキーワード