キッチン収納棚にスリムなものが欲しい!デッドスペースも有効活用

キッチンには、食品や食器、家電などたくさんの物があふれていますよね。「もっと収納があれば、すっきりと片付くのに」と思ったことはありませんか? スリムなタイプの収納棚を選んで、限られたキッチンのスペースを有効活用しましょう!

  • 3440
  • 13
  • 0
  • いいね
  • クリップ

スリムな収納棚にはどんなタイプがある?

隙間収納にピッタリのスリム収納棚は、どんなものがあるのでしょうか? タイプ別に紹介します!

手軽における食器棚タイプ

「食器棚」タイプのものなら、手軽に置けて収納力も抜群です。物が多くて困っているという人にはこのタイプがおすすめです!

食器棚と同じように開き戸が付いているのが特徴で、使い勝手もよいでしょう。サイズ展開が豊富なので、設置したい隙間にきちっと合わせられます。組み合わせられる棚の種類もさまざまなので、分類して収納できて便利ですよ。

背が高いと気になるのが、地震が起きたときの転倒です。転倒防止の金具が付いているものもあるので、背の高いスリム収納棚を選ぶときにはチェックしておきましょう。

引き出せるタイプなら取り出しも楽ちん

収納している物を取り出したいときに便利なのが、「引き出せる」タイプです。小分けができて整理しやすいのがポイントでしょう。

中身が程よく隠れる半透明タイプや、高級感がある不透明タイプ、調理補助台としても使える天板が付いた作業台付きタイプ、パーツを自由に組み合わせられるカスタムタイプなど、種類も豊富です。

カスタムタイプは、好みの高さや段数にできるので、収納力も自由に調節できますね。

サイドオープン型は調味料の収納にも

「サイドオープン」型は、両サイドに壁がなく開放的なのが特徴です。間口が大きく、両サイドから出し入れできるのでとても便利ですよ。

正面からは収納しているものが見えないので、隙間に収めてしまえば目隠しにもなります。収納力もしっかりあるので、ペットボトルや食品のストックを収納するのにピッタリです。

1番上のスペースに調味料を入れておけば、調理をするときにサッと引き出して使えるので、作業もスムーズになりますね!

スリム収納棚を選ぶときのポイント

そんな便利なスリム収納棚ですが、選ぶときに気を付けたいポイントがあります。しっかりと押さえて、自分に合うスリム収納棚を選びましょう!

隙間に合うサイズを選ぶ

スリム収納棚を購入した後で、サイズが合わなくて入らないという事態を防ぐために、まずは設置したいと思っている場所の寸法を測りましょう。「これで大丈夫だろう」という思い込みは、失敗の元ですよ。

隙間の寸法を測った後は、隙間にピッタリと収まるスリム収納棚を選びます。10cm、15cm、20cmと、幅もさまざまです。サイズの合うものを選んで、無駄な空間を作ることなく、隅々まで有効活用しましょう!

高さにもこだわってみよう

キッチンには、サイズがバラバラのものがたくさんあります。スリム収納棚を選ぶときには「高さ」にも注目してみましょう。

缶詰のような背の低いものなら、どの棚にも収納できる可能性がありますが、ペットボトルなど背の高いものはそれなりのスペースがないと入りません。

背の低いものだけでなく、背の高い物の収納スペースがあるスリム収納棚を選ぶと、活用の幅がぐんと広がりますよ。

インテリアに合うデザインを選ぼう

ちょっとした隙間に収納するからといって、インテリアに合わないデザインのものを選ぶと、統一感がなくなってしまいます。キッチンの中で、スリム収納棚だけが浮いた印象になるので注意しましょう。

カラー展開も豊富で、素材も木製、ステンレス、ポリプロピレンとさまざまです。インテリアと合うカラー、素材を選ぶことで、統一感のあるすっきりとした印象になりますよ。

好みのものが見つからないときは?

好みのスリム収納棚が見つからないという場合もあるかもしれません。そんなときのおすすめの対処法を紹介します!

DIYでお気に入りの棚を作る

DIYで、お気に入りのスリム収納棚を作っちゃいましょう! ホームセンターなどで手に入る木材を組み合わせていくだけです。もし、余っている木材があれば、それを活用してもよいでしょう。

DIY初心者には、《フリーラックポール》という木材がおすすめです! 《フリーラックポール》にはあらかじめ等間隔の溝が作られていて、その溝に棚板を取り付けるだけです。ねじ穴も開けられているので、初心者でも比較的簡単に作成できるのではないでしょうか。

キャスターや取っ手を取り付ければ、立派な収納棚になりますよ。手作りなら、幅も高さも自由自在です。使い勝手がよくお気に入りの収納棚なら、一段と愛着がわくことでしょう!

棚だけ欲しいなら突っ張り棒を活用

大きな収納棚でなくても、ちょっとしたものを置けるような棚がほしいという人も多いのではないでしょうか? そんなときには、突っ張り棒を活用しましょう!

キッチンにある隙間の手前と奥に1本ずつ、突っ張り棒を取り付けます。その上に板を乗せれば、あっという間に棚の完成です! 突っ張り棒を上や下にさらに追加すれば、2段、3段と棚を増やせますよ。

手前と奥の突っ張り棒の距離を近づけると、板を使わずに直接ボックスなどを置けるようになります。分別用のごみ箱として利用すれば、ごみ箱を設置するためのスペースも空いて一石二鳥です。

わずかな隙間も余さず収納スペースに活用

冷蔵庫や食器棚の間に、余分なスペースがあるというキッチンは多いものです。10~20cmとわずかな隙間であっても有効活用することで、キッチンの収納力がぐんとアップしますよ。

タイプやサイズはさまざまなので、使いやすいスリム収納棚を選ぶとよいでしょう!

カラーや素材をインテリアと合わせれば、統一感のあるまとまったキッチンになります。好みの収納棚が見つからない場合は、DIYで手作りしてもよいでしょう。

突っ張り棒などの便利なアイテムを利用しても、即席の棚が作れますよ。ちょっとした隙間をしっかり活用して、より便利なキッチンにしましょう!


LIMIAからのお知らせ

太陽光発電の見積りを無料お試し

1.見積もりを無料でお試し
2.太陽光発電の簡単相談

  • 3440
  • 13
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード