撥水テーブルクロスのおすすめ商品を紹介!撥水タイプのメリットも詳しく解説

「テーブルクロス」に必要なことと言えば、デザイン性はもちろんのこと機能性も重視したいことのひとつです。中でも「撥水加工」のものは、手入れがしやすくずっと使っていくことができます、今回は、撥水テーブルクロスがおすすめの理由と人気の撥水テーブルクロスを紹介。ぜひ参考にして、撥水テーブルクロスをゲットしてくださいね♪

  • 3317
  • 11
  • 0
  • いいね
  • クリップ

テーブルクロスの歴史と用途

テーブルクロスはいつ誕生したのでしょうか? 実ははっきりした記録はありません。しかし、ヨーロッパでは8世紀頃には使われ始めていたようです。

インテリアとしてテーブルを飾る役割が大きいテーブルクロスですが、大昔には今では考えられない使い方がされていたのです。

汚れた手を清潔にするための布

8世紀には、今のようなテーブルマナーはありませんでした。大皿に載った料理が目の前に置かれたとき、トングを使って個々に取り分けることもありません。

スプーンやフォークを使う習慣がなかったため、自分の近くにある料理を手で取って食べていたのです。もちろん手や口を拭うナプキンもないので、汚れた手はテーブルクロスで拭いていました。この頃のテーブルクロスは「お手拭き」でもあったのです。

13世紀に入り、「テーブルクロスは貴族が使うもの」という風潮が広まりました。家紋入りなどテーブルクロスは豪華になりましたが、この手や口を拭うスタイルは変わりませんでした。

器が割れる、音を立てることを防ぐ

テーブルクロスには「皿」としての役割もあり、パンは直接テーブルクロスの上に置いて食事をしていました。やがてテーブルマナーが整っていくのに従い、お皿やカトラリーを使う習慣が根付いてきたのです。

すると、テーブルに落とした際に食器が割れてしまうことや食器を置く音が気になり、これらの「衝撃」や「騒音」を和らげるために使われ始めます。

また、カトラリーが滑って落下しないようにする役割も担うようになりました。

さまざまなテーブルクロスが登場

昔はヨーロッパの王侯貴族だけの特権として使われていたテーブルクロスも、やがて一般の人々の中に広まり始めます。それと同時に、テーブルクロスの素材や色柄も多種多様なものへとなっていったのです。

今では木綿やリネンだけではなく、刺繍やレース編みを施したものやビニールなど機能性を重視したものなど、いろいろなタイプのテーブルクロスがあります。

テーブルクロスを使うメリット

「別に、テーブルクロスを敷かなくても不便だと思ったことはないけど……」と思っている人もきっといるでしょう。

確かに、テーブルクロスがなくても特に生活に支障はありません。しかし、テーブルクロスを敷くことで得られる大きなメリットがあるのです。

テーブルを傷や汚れから守る

テーブルクロスを敷かずに何年も使ったテーブルをよく観察してみたことはありますか? おそらく、表面に無数の細かい傷が付いているでしょう。

ダイニングテーブルは食事だけで1日に3回、おやつも入れたら4~5回はお皿を置いたり使ったりします。高いところから物を落としたりお皿を引きずったり、特別何かをした記憶がなくても、知らぬ間にダメージが増えているのです。

また、飲みこぼしや食べこぼしは、きれいに拭き取ったつもりでもうっすらと汚れが蓄積されていきます。テーブルクロスを使用していると、これらの傷や汚れからテーブルを保護してくれるのです。

裸のまま使っていたテーブルと新品の頃からテーブルクロスを敷いて使っていたテーブルでは、数年後の美しさがまったく違うことでしょう。

テーブルの存在が際立つ

誕生の頃から実質的な役割がメインだったテーブルクロスですが、いまやインテリアとしての役割も侮れません。スタイリッシュにまとめたダイニングに真っ白で上質なテーブルクロスを敷くだけで、フレンチレストランのような雰囲気も演出できます。

色柄に個性を出して人気の北欧テイストにしたり、ガラっと雰囲気を変えて南国テイストにしたりしてみましょう。テーブルクロス一つで、ダイニングテーブルが印象的なインテリアに早変わりします。

テーブルの足下を目立たなくさせる

実はテーブルの下は、傍目から見るとゴチャゴチャして見えます。ただし、それは椅子の脚に人の足が入り組んでいるため仕方ありません。

ご家庭によっては、ダイニングテーブルの下部分を利用して、散らかりがちなリモコン類やティッシュケースなどの小物を収納していることもあるでしょう。

大きめのサイズのテーブルクロスを敷くと、こうした雑然とした部分を何気なく隠せます。家庭内でも雑然とした部分は見えないほうがよいですが、特に来客のときには便利かもしれません。

撥水加工のクロスが便利な二つの理由

現在流通しているテーブルクロスには、いろいろと機能的な加工がされています。これから購入しようとするとき、どのようなテーブルクロスを選んだらよいのでしょうか?

数あるテーブルクロスの中でも、便利なのが「撥水加工」が施されているものです。では、その便利さの理由について見ていきましょう。

汚れにくくなる

テーブルクロスは大きいものなので、頻繁に洗濯するようだと家事の手間が増えてしまいます。しかし、誰も何もこぼさないこともなかなかありません。小さい子どもがいれば、毎回あらゆる食材が飛び散るでしょう。

この食事中の汚れに強いのが、撥水加工がされているテーブルクロスです。撥水加工が施されていると、水をこぼしたときに水分が弾けるように丸くなり、繊維の中に水が染み込んでいきません。

拭き取るだけですぐに元通りになるため、ちょっと何かをこぼすたびに洗濯しなくて済むのです。ただし、こぼしたままにしておくと染み込んでしまうので、すぐに対処するように注意しましょう。

布の美しさと機能性を両立できる

撥水加工されたテーブルクロスは、ワインやジュースのような色の濃いものや、しょうゆやソースといった調味料などの油汚れも染み込みにくいです。

素早く拭き取ればシミにならずに済むので、お手入れ回数も減るでしょう。加工無しのものと比べると圧倒的にお手入れしやすいのです。

ただし撥水加工されたテーブルクロスの洗濯には柔軟剤を使わないようにしましょう。柔軟剤の膜が撥水効果を弱めてしまうためです。

また、洗濯で毛羽だった表面をアイロンで整えると、撥水効果が蘇ります。お手入れするときにちょっと気を付けておけば、いつまでも撥水効果と新品同様の美しさをキープできるでしょう。

撥水加工のおすすめテーブルクロス2選

毎日使う食卓だからこそ、ちょっと値が張っても撥水加工は外せないポイントです。そして、気持ちよく使うためには、機能面だけでなくデザイン面も気に入ったものであることが重要でしょう。

撥水加工がされているテーブルクロスの中でも、特におすすめの2点を紹介します。

ダイニングが華やかに〔ミントン〕テーブルクロス

【テーブルクロス】 【MINTON(ミントン)】 撥水 ハードウィック 4人掛け用 130×180cm 送料無料 【川島織物セルコン】 【ラッキーシール対応】 HM1296
\今日はポイント5倍デー/
商品情報を楽天で見る

イギリス生まれの〔ミントン〕は、芸術的で繊細な模様が人気のテーブルウェアブランドです。その装飾のでき栄えは、ヴィクトリア女王からも賛辞を贈られたこともあります。

《ハードウィックテーブルクロス》は、白地に青で描かれた花模様が美しい、エレガントな印象のテーブルクロスです。全体に模様がありますが悪目立ちしないので、テーブルの色や素材を選ばずに使えるでしょう。

撥水加工がされていて、水分は吸水性のよいものでふき取ればシミになりません。食品による油汚れは、濡れ布巾でたたいてお手入れしましょう。

中間色が使いやすい〔fabrizm〕テーブルクロス

fabrizm 日本製 テーブルクロス 130×180cm ナチュラルチェック 撥水加工 キャメル 1923-be-be
商品情報をAmazonで見る

〔fabrizm〕は毎日の生活が楽しくなるような布物雑貨を提供している日本のブランドです。

やわらかな色味を使ったチェック柄は、ナチュラルなイメージのダイニングにマッチするでしょう。キャメルのほか、チャコールグレーとチョコレートと、インテリアに馴染みやすい色味がそろっています。1番しっくりくる色を選びましょう。

素材はポリエステル100%で、撥水加工がしてあります。食べ物の汚れは、中性洗剤で湿らせたタオルでふき取るだけでOKです。洗濯する場合は手洗いで優しく洗いましょう。

テーブルクロスはいつでも清潔に

テーブルに敷くだけで、ダイニングのイメージを変えてくれるテーブルクロスは、傷を防ぐためにも使いたいものです。撥水加工されていれば、ちょっとした汚れは拭き取るだけで洗濯要らずなので、お手入れも簡単にできます。

お気に入りの柄を見つけて、いつもの食卓に彩りをプラスしてみましょう。

  • 3317
  • 11
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード