【カーテンの洗濯】輪ゴムさえあれば簡単らくらく!

カーテンの洗濯って大変ですよね。

気になりつつもサボっていたら、いつから洗ってないんだろう?なんて方にオススメです。

簡単すぎて、つい洗濯の頻度が上がってしまう方法をご紹介します。

  • 115393
  • 339
  • 8
  • いいね
  • クリップ

カーテンフックを外します

まず、カーテンをカーテンレールから外してください。


洗濯する時は「フックを外し、洗濯が終わればフックを取り付ける」を当たり前に行っていたと思います。

これから紹介する方法は、「フックはそのまま」で大丈夫です。


昔は金属製のフックが主流だったので、カーテン生地を傷付けないよう外していました。

忙しい女性が多い現代ならではの時間短縮できる裏ワザです。

用意するものは「輪ゴム」のみ

カーテンの枚数分の輪ゴムを用意します。

そして、このようにカーテンのフックが付いている部分を輪ゴムでまとめます。

重なった部分もしっかり洗えるよう、開きます。



全てのカーテンをこのようにまとめました。

洗濯ネットに入れて、そのまま洗濯機へ

カーテン生地が傷まないよう、洗濯ネットに入れます。

そのまま洗濯機に入れ、手洗いコースやドライコースで洗います。

(カーテンの洗濯表示を確認くださいね)

濡れたままカーテンレールへ

洗濯が終わったら、丁寧に輪ゴムを外します。

この時に輪ゴムがフックに引っかかり、引っ掛ける部分が動いてしまうことがあります。

改めて高さ調整する手間を作らないよう、丁寧に外します。

そして、カーテンレールに戻せば終わりです。

あとはこのままカーテンが乾くのを待つだけです。

窓を開けた方が乾きやすいですが、季節によっては閉めたままでも十分乾きますよ。

まとめ

いかがでしたか?
とっても簡単なカーテンの洗濯法のご紹介でした。
輪ゴムさえあれば、簡単にできるので、
いますぐカーテンを洗いたくなった方も多いのでは?

ぜひお試しください。

他にもアイデアを紹介しています。

  • 115393
  • 339
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

家族の中心はママの笑顔!をモットーにお片付けアドバイザーとして活動しています。・整理収納アドバイザー1級・風水鑑定士・風水セラピスト整理収納サービス、セミナー講…

おすすめのアイデア

話題のキーワード