洗濯槽クリーナーの『塩素系』『酸素系』の違いって知ってますか??

洗濯機の中を綺麗にする“洗濯槽クリーナー”
洗濯槽クリーナーには、『塩素系』のものと『酸素系』のものがあるって知ってますか??
実はこれらはそれぞれ効果が違うのです!!
今回は、洗濯槽クリーナーの特徴と使い分けについてまとめてみました。

  • 13816
  • 159
  • 0
  • いいね
  • クリップ

塩素系の洗濯槽クリーナー

塩素系のクリーナーは、洗濯槽カビキラーなどのような液体タイプで、ボトルに入った形で売られています。
塩素系クリーナーの特徴はこちらです。

《塩素系》
・強い洗浄力を持っている
・目に見えない菌や汚れを溶かし、落とす

⇒カビを溶かすようなので、掃除をしても汚れが浮き出てこなかったです。

塩素系のものは強力な力でカビも溶かして分解してくれる性質があるようなので、あまり目に見える形で汚れが浮き出てくることは少ないです。
ですが、きちんと汚れは落ちているので安心して下さい。

酸素系の洗濯槽クリーナー

酸素系の洗濯槽クリーナーで有名なのは、オキシクリーンです。
これらは、粉末タイプで売られています。

酸素系クリーナーの特徴はこちらです。

《酸素系》
・殺菌力は少し弱い
・発砲力を生かして、汚れをはがしとる
⇒剥がれ出た汚れが浮かんでくる

汚れを剥がし落とすので、ワカメみたいなピロピロがたくさん浮き出てきます。

塩素系酸素系どちらがいいの?

塩素系と酸素系の違いは分かりましたが、ではどちらを使うと良いのでしょうか?

何年も洗濯槽の掃除をしていない場合は、まずは殺菌力の強い塩素系を使うことをおすすめします。
また、いきなり、酸素系のクリーナーを使ってしまうと、永遠にワカメのような剥がれ落ち汚れが出続けるので、その処理が大変になってしまいます。
なので、まずは、塩素系クリーナーを使ってみましょう。

その後は、それぞれのクリーナーを交互に使い分けています。
二つとも得意な汚れや汚れの落とし方が違うので、両方を定期的に使うことで、洗濯槽を綺麗に保ち続けることができますよ♪

ぜひみなさんも試してみてください♪

  • 13816
  • 159
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

テーマは“子どもと暮らす”(*˘︶˘*).。.:*♡   子どもがいても、すっきり片付いたおうちで、日々の暮らしを楽しみたい‼︎  仕事と育児を無理なく両立して…

おすすめのアイデア

話題のキーワード