たったこれだけで洗濯機の掃除がラクになる!!

洗濯機って毎日使う物なので、すぐに汚れますよね。
それに、洗濯機のパーツって細かい作りになってるものが多くて、汚れたら掃除が結構大変です。
そんな洗濯機も、ほんのひと手間加えるだけで、お手入れがぐんっとラクになるんです!
意外と知られていない、洗濯機を綺麗に保つ方法について紹介します。

  • 91899
  • 561
  • 5
  • いいね
  • クリップ

できる限り汚れを防ごう!

洗濯機のパーツは細かい作りになっているところが多く、ホコリが入り込むと掃除がすごく大変ですよね。
なので、ホコリが入り込む前にちゃんとガードしています。

排水ホースにはサランラップを巻いています。

また、フタの内側も複雑な作りになっているので、バスタオルをかけてガードしてます。
こうすればホコリが入らないし、タオルをかけたまま開け閉めできるので便利です♪

カビが生えない工夫を!

《洗剤の使用量を守る》

洗剤をたくさん入れると、何だか汚れが落ちやすくなる気がしませんか?
ですが実際は、洗剤を多く入れたからと言って洗浄能力が上がるわけではありません。
それどころか、たくさん入れすぎると溶け残りができてしまい、それがカビ菌のエサとなって繁殖の手助けをしてしまいます。
なので、洗剤は決められた量を入れるようにしましょう。


《すすぎの回数を減らさない》

洗剤の成分が残っているとカビ菌を増やす原因となってしまうので注意しましょう。

《お風呂の残り湯を使わない》

おふろの残り湯は、時間とともに細菌がどんどん増殖していきます。

そんな水を使うと洗濯槽を汚すだけでなく、衣類にも菌が移ってしまうので、できるだけ使わないようにするか、
使うとしてもすすぎには綺麗な水を使うようにしましょう。


《洗濯機のフタはあけておく》

カビ菌は湿度が高いほど繁殖しやすくなります。
洗濯機のフタを閉めておくと、カビにとっては好条件がすべてそろって、絶好のすみかとなってしまいます。
なので、我が家では洗濯機を回しているとき以外は常にフタを開けっ放しにして、中をしっかり乾燥させています。

《洗濯機の中に洗濯物を入れっぱなしにしない。》

洗濯機の中に湿った衣類を入れておくと、どんどん槽内の湿度が上がってしまいます。

洗濯機が汚れない工夫を!

いかがでしたでしょか?

①汚れをガードする
②カビが生えないようにする

普段からこの2点に気をつけるだけで、洗濯機の大掃除は必要なくなります。

これから梅雨の時期に入り水回りのお手入れが大変になるので、ぜひみなさんもお試しください!

暮らしに役立つ情報配信中♪

  • 91899
  • 561
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

テーマは“子どもと暮らす”(*˘︶˘*).。.:*♡   子どもがいても、すっきり片付いたおうちで、日々の暮らしを楽しみたい‼︎  仕事と育児を無理なく両立して…

おすすめのアイデア

話題のキーワード