もうすぐ梅雨。幼稚園や保育園への自転車登園を快適にするレインポンチョ「カルガモットポンチョ」。

雨の日に子どもを自転車に乗せて幼稚園や保育園へ送り迎えするのは大変です。「園に着いて振り返ると、子どもがずぶ濡れ。ご機嫌斜めな子をあやしながら幼稚園で着替えさせるの大変だった」--ということもよくあるもの。

 雨の日でも頑張るパパやママ、そして子どもさんを笑顔にしたい!と作ったのがドッペルギャンガーの「カルガモットポンチョ」。雨の日のお出かけ、自転車通園を少しでも安全・快適に過ごせるよう工夫を凝らした大人用・子供用レインポンチョです。

  • 2632
  • 8
  • 0
  • いいね
  • クリップ
※道路交通法上、幼児および児童のヘルメット着用努力義務が規定されています。 撮影演出上、ヘルメット未着用状態の自転車乗車画像を使用しておりますが、幼児の同乗時は必ずヘルメットを着用させるようにしてください。

風でめくれあがらず、自分も荷物も濡れない!視界良好な大人用「カルガモットポンチョ」

 大人用「カルガモットポンチョ」は、前後の裾のまくれあがりとフードのずれを防止するよう考えられた製品です。

 前身頃には保護者の方の荷物を入れられる内ポケットを設け、荷物を入れた状態でそのまま自転車の前カゴに入れられるよう長めにデザインしました。荷物の重みで裾がまくれ上がることもなく、さらに荷物が濡れることもありません。

長めのすそに秘密あり!な「カルガモットポンチョ」です。
前身頃の内側には、荷物を入れるためのポケットが!荷物を入れたまま前カゴに入れられます。

 背面にはドローコード(絞り紐)を配し、コードの端を親指で引っ掛けてハンドルを握れます。後ろから風で煽られたポンチョが前までめくれあがり、視界を防げることはありません。

背面からのドローコードを親指に引っ掛ければ、きゅっと絞られます。

 振り返って後ろを確認する時も視界を保つよう、フードの側面と背面にもドローコードを付けました。 頭の大きさに合わせて絞れるので、頭の動きにフードが追随します。

雨の日も笑顔で通園!するためのレインポンチョ「カルガモットポンチョ」です。

視界を保つために、フードのドローコードで頭にぴったりフィットさせてください。

雨に濡れない、前がちゃんと見える幼児用「カルガモットポンチョ」。

 幼児用も風でめくれ上がって濡れてしまわないよう、ポンチョの内側にハンドベルトを付けました。 チャイルドシートのバーを掴む際に手に通すことで巻き上げを防いでくれます。 フードにも透明のつばを採用し、きちんと視界を確保できるよう配慮しています。

透明のつばで、クリアな視界!

 頭をまもるフード周りは、子ども用衣料の安全性の規格「JIS-L-4129」に準拠して、首を締める恐れがある調整紐を一切使用していません。

ポンチョの内側に設けられたハンドベルト付き。補助バーをしっかり握れます。
面ファスナーでだぶつきを抑えた状態。
おそろいで仲良くお出かけも良いですね♪

雨の日の自転車登園やお買い物、レジャーの際、「カルガモットポンチョ」で快適にお出かけしていただければ嬉しいです。

<ご紹介した製品について>
【製品名】カルガモットポンチョ
【型番】DRW469-BL(大人用) / DRW470-BL(幼児用)
【カラー】ハイドレインジア・ブルー
【サイズ・重量】
 大人用:フリー、W1430×H1360(前)/1220(後)mm、570g
 幼児用:対象年齢3~7才、対象身長97cm~
     W1000×H830mm、270g
【その他】素材:ナイロン(PUコーティング)、耐水圧:3000mm
【製品ページ】
 http://www.doppelganger.jp/option/drw469_70/

  • 2632
  • 8
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

家具・インテリア

DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)は、自転車やバイクといった愛車や趣味のグッズに囲まれるライフスタイル「ガレージング」をコンセプトに、インテリア製品…

おすすめのアイデア

話題のキーワード