おすすめスプーン・フォークセット&100均を使った収納アイデアを紹介!

日々の生活で何気なく使っている「スプーンとフォーク」。今回は、シンプルさがおしゃれなセット商品や、おすすめブランドを厳選して紹介! さらに、100均や〔ニトリ〕で購入できる仕切りを使った、収納アイデアも紹介していきますよ♪ また、スプーン・フォークはいつから? といったような歴史についても解説。

  • 4791
  • 14
  • 0
  • いいね
  • クリップ

スプーンとフォークはいつから誕生した?

普段何気なく使うスプーンやフォークは、ご存じの通り日本古来のものではなく、海外で誕生したものです。カトラリーの歴史を知るとアイテム選びがより楽しくなるかもしれませんよ!

中世の貴族は手づかみで食べていた

アジアの箸文化のように、フォークやスプーンは欧米諸国の古くからの伝統と思われがちですが、実は14世紀以前までは、貴族も平民も手づかみで食事をするのが一般でした。

というのも、宗教上「指は神様が与えられたすぐれた道具である」という考えが広く浸透しており、貴族は丸く厚く切ったパンをプレート代わりにし、親指、人差し指、中指の3本の指を器用に使って食事をしていたのです。

この頃はスプーンやナイフは個人が使うものではなく「調理用の道具」としての認識が一般的でした。さらに、フォークが食卓に出現したのは、スプーンやナイフよりもずっと後のことです。

銀のカトラリーは貴族のステータス

欧米諸国では、食卓用のナイフやスプーン、フォークを総称して「カトラリー」とよびます。

中世に入ると、「銀のカトラリー」が貴族の「富の象徴」になり、貴族は専用の箱に入れて宴席に持参するようになります。

19世紀頃になると、ようやく市民にも銀のカトラリーが浸透し、宴席に備えて常備する家庭も多くなりました。

約17世紀からテーブルに登場

それぞれのカトラリーがテーブル上に登場した歴史を比べてみましょう。スプーンは大昔から調理用の道具として使われてきました。

しかし、キリスト文化においては、洗礼時にキリストの十二使徒を彫り込んだスプーンを贈るなど「財産」としての意味合いが強く、実用化されるようになったのは15世紀前後からです。

一方、フォークは11世紀のイタリアにはすでに存在しており、食事の際にビザンチン帝国の王女が使用したのが各国に広まるきっかけだったといわれています。

ヨーロッパ庶民の食卓に登場したのは17世紀で、スプーンよりもずっと後のことです。この頃「肉などの食べ物はナイフで切り、フォークで口に運ぶ」というマナーが定められました。

日常使いしやすいブランド3選

普段の食卓で気軽に使えるカトラリーのブランドを3つ紹介します。フォークやスプーンでの食事にあまりなじみのない人でも肩ひじを張らずに使えるのが魅力です。

シンプルイズベスト〔カイ・ボイスン〕

〔カイ・ボイスン〕は家庭からホテルやレストランまで幅広く使用されているカトラリーブランドです。デンマーク王室御用達のカトラリーとしても有名で、シンプルさの中に洗練さが感じられるのが魅力でしょう。

ディナースプーンやケーキフォークなど、ディナーで使えるアイテムがセットになった《ディナーペア》は家庭に常備しておきたい定番のアイテムです。

〔カイ・ボイスン〕のカトラリー全般は「ミラー仕上げ品」と「マット加工仕上げ品」の2タイプがあるので、好みに合わせて選べます。

イギリスの定番ブランド〔デビット・メラー〕

〔デビット・メラー〕はイギリスで最も有名なデザイナーの一人で、彼のデザインした作品はカトラリーや日用品のほかに信号機や郵便ポストなどがあります。

カジュアルさの中にも高級感が感じられるデザインが魅力。汎用性が高く、普段使いにもパーティーにも使えるでしょう。

箸と一緒に使いたい純日本製〔SUNAO〕

「日本の食卓に合うカトラリー」をコンセプトに持つ〔SUNAO〕は、金物の街、新潟県燕市に拠点をおく〔燕振興工業株式会社〕のいちブランドです。

日本人の手に合うサイズに設計されているので、洋食器に慣れていない人でも違和感なく使えるでしょう。ステンレスの滑らかなマット仕上げは和食器との相性も抜群です。

5ピースセットや10ピースセットは、家庭に1つ常備しておくと安心でしょう。アイスクリームスプーンやバタースプレーター、トングなどのアイテムもあります。

とりわけ用スプーンフォーク2選

サラダや肉、魚料理などを大皿からとりわけるときに重宝するのが「とりわけ用スプーンフォーク」です。

調理時に野菜を和えたりするのにも使えるので、1つ持っておくと便利です。使い勝手のよいおすすめアイテムを2つピックアップしました。

〔OXO〕《2in1サラダサーバー》

OXO 2 in 1 サラダ サーバー
商品情報をAmazonで見る

《2in1サラダサーバー》は、フォークとスプーンがワンセットになっています。結合してトング代わりにしたり、バラバラして食材を和えるのに使ったりと1つで2通り以上の使い方ができるすぐれものです。

フォークとスプーン部分を同じ向きにすればコンパクトになり、場所を選ばず収納できます。丈夫で色移りしにくいプラスチック素材が使われており、色の濃いソースを混ぜるのにも適しているでしょう。

食器洗い乾燥機でお手入れができるのがうれしいですね。

木製サラダサーバー

結婚祝い 新築祝い 食器 引っ越し祝い おしゃれ サラダボウル 木の食器 皿 サラダボール 木製 サラダ ボウル 木製サラダボウル オシャレ プレゼント 祝い 引越し祝い 食器セット 木製食器セット アンティーク 北欧 北欧雑貨
商品情報を楽天で見る

スタイリッシュな食卓にかかせないのが「木製のサラダサーバー」です。こちらはボウルとフォーク、スプーンの7点セットで、具だくさんのサラダをみんなで食べるときに最適です。

素材はブラウンのアカシア材で、使い込むごとに独特の風合いに変化するでしょう。程よい厚みのある滑らかなハンドルは手にしっくりとなじみます。新築や結婚祝いなどのプレゼントにすると喜ばれますよ。

美しく整頓できる収納アイデア

いつも使うものや来客用など、お気に入りのカトラリーは年々増えていくものです。取り出しやすさや見た目を考慮しながら収納しましょう。

カトラリーケースを使う

ほこりがかからないように、キッチンやリビングの引き出しの中にカトラリーをしまう人は多いでしょう。じかに入れるよりも「カトラリーケース」を使った方が限られた引き出し内のスペースを有効に使えます。

たとえば、〔無印良品〕や100均では大小さまざまなケースや仕切りを扱っています。同じシリーズまたは似たような形状ごとにまとめてみましょう。

見た目がすっきりする上、取り出しやすさも抜群です。左右に分けるタイプのほかに、引き出し内を上下に分けるタイプもありますよ。

立ててしまう

「見せる収納」と「使いやすさ」を重視するなら、いつも使うカトラリーを立てて収納してみましょう。入れ物には、バスケット、ピッチャー、ガラスの瓶、ステンレス製の容器など、身近にあるさまざまなものが活用できます。

デザートスプーンは小さめの入れ物、高さのあるスプーンやフォークは倒れないような安定感のある入れ物を使いましょう。

上におしゃれなナプキンやキッチンタオルをサッとかけておけば、ほこりを防ぐと同時に素敵なインテリアにもなります。

食卓を快適に、心地よく

日々使うフォークやスプーンは、使いやすさや品質、デザイン性にこだわると食事が楽しく、快適になります。急な来客に備えて、普段用とは別の上質なカトラリーセットを用意しておくのもいいでしょう。

収納方法にも一工夫すれば、アイテムが増えてもすっきりとしたキッチンがキープできますよ。

  • 4791
  • 14
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード