【トイレ】実は仕事の効率に影響するトイレ環境!あなたの職場のトイレは快適ですか?

LIXILリニューアルは、ご自宅のリフォーム・リノベーションを得意としていますが、実は他にも幅広く事業を展開しています。
例えば、オフィスビルのような”非住宅”のトイレ改修工事。
私はつい最近、トイレ改修工事後の写真を撮影するために、某社技術開発センターへ足を運びました。事前に写真で見た工事前のトイレと比べると、工事後のトイレはとても清潔感があって見違えるほどでした。もちろん、改修工事直後で新品だったということもありますが、新品同様のキレイな状態をいつまでも保てるような工夫もされていました。
営業担当者に話を聞くと、お施主様のニーズをしっかり汲み取ったプラン作成をしたことが、採用理由だったとのこと。
お施主様からの満足度アンケートには「工事が進む中で、何点か変更箇所がありましたが、より良い内容を提案いただき、仕上がりも十分満足しています。社員の評価も上々と感じております。ありがとうございました。」とお喜びの言葉が書かれていました。
今回は、この技術開発センターの施工事例を中心に、”非住宅”のトイレ改修工事についてご紹介します。

  • 1751
  • 11
  • 0
  • いいね
  • クリップ

オフィス環境で最も重視していること、第1位が”トイレ”

終日、集中と緊張がつづくオフィスワーク。気持ちを切り替えたり、眠気を覚ましたり、緊張をほぐしたり…。心休まる”レストルーム”のように、オフィス内で手軽にリフレッシュできる空間として、トイレスペースの重要性が見直されています。
また、全体の約77%が、充実したトイレは仕事の効率に影響すると感じているようです。

オフィスのトイレに関する代表的な4つの困りごと

① 衛生面が良くない( 汚れ、ニオイ)
② 個室が狭い、または個室が少ない
③ 照明や雰囲気が暗い
④ 設備が古い( 擬音装置、シャワートイレがない)

皆さんが勤めているオフィスのトイレはどうですか?当てはまるものはありませんか?
まさにこの4つに当てはまるのが、今回の技術開発センターのトイレでした。

特に女子トイレは、女性社員8人に対して個室が1つだけ・・・。事前に会社が社員向けに実施した、改善要望のアンケートでは、『トイレが狭いし汚いので、どうにかしてほしい!』という声がたくさんあって、弊社ホームページよりお問合せをくださったそうです。

それでは、この技術開発センターの施工事例を詳しく見てみましょう!

ポイント1.女子トイレの衛生器具を1つから2つに増設

技術開発センターの女性社員は、以前は2人しかいなかったため、個室は1つでも十分でしたが、現在は8人。個室も水栓も2か所ずつに増やし、水栓は”加温自動水栓”を採用したのでいつでも快適!
水栓の正面に設置した鏡は個別鏡にすることで、隣の利用者の映り込みがないように配慮。縦に配置された照明は顔全体を明るく照らしてくれます♪
水栓の背面には、小物収納ロッカーを。歯磨き用品や生理用品など、トイレ内に置いておきたい小物を収納できるので、より快適性が増しました♪トイレは女性にとって、単に”用を足す”だけの場所ではなくなっています!

”用を足す”だけじゃない!多様化するトイレの使い方

用を足す以外にすることの第3位に歯磨き、第4位に化粧直しがランクイン。
そこで、今回の技術開発センターは、小物収納ロッカー隣にパウダーコーナーを設けました。パウダーコーナーの鏡は既設されていたものを使ってコストダウンも実現しています。
さらに、女性の約5割がリフレッシュやコミュニケーションの場として利用していると回答。用を足すだけでなく、リラックスや気分転換など、気持ちを切り替えたいときに活用するようですね♪

ポイント2.女子トイレが広くなっても、男子トイレの閉塞感を思わせないレイアウト

女子トイレの衛星器具を増設するため、男子トイレの面積は小さくせざるを得ませんでしたが、それを感じさせないレイアウトに♪小便器左に設置したついたては、大便器側からの目隠し効果をもたらしてくれます。また、男子トイレの鏡は既存のものを使用し、コストを抑えました。

ポイント3.ハンディキャップをお持ちの方でも快適に使用できるように、バリアフリー化

公共トイレでも増えてきたバリアフリー化。大便器や小便器には手すりの設置しています。レイアウトは、車いすの方でもお使いいただけるように設計。
また、工事前は段差があったトイレですが、小さな段差も全て解消したので安全面でも安心です♪

ポイント4.新品同様のキレイな状態をいつまでも保ちやすい工夫

新品の時の白さ輝きがつづく新素材 ”アクアセラミック”

大便器に採用したのは、LIXILの『プレアスLSタイプ』。プレアスLSタイプは、新品の時の白さ輝きがつづく新素材”アクアセラミック”を使った便器です。
アクアセラミックは、洗浄水が汚物の下に入り込むので、洗浄するたびに水のチカラで浮かせて落とします。
さらにキズが付きにくく、ISOに準拠し た抗菌(銀イオン)パワーで細菌の繁殖も抑えます。

他にもキレイを保つ特長が満載♪

『プレアスLSタイプ』にはその他にもたくさんおキレイを保つ特長があります!

♪シャープのプラズマクラスターイオンがトイレをまるごと除菌・しっかり消臭♪
プラズマクラスターイオンが水のかからない便座裏や便器内のすみずみまで行き渡り、浮遊カビ菌や付着菌を除菌します。
また、においの元となる「におい原因菌」を除菌することでにおいの発生を抑えます

♪便器内側をしっかりとを洗浄してくれる”パワーストリーム洗浄”♪
強力な水流が便器内側のすみずみまで回り、少ない水でもしっかり汚れを洗い流します。

♪汚れがつきにくくお掃除ラクラクで「キレイ」♪
【お掃除リフトアップ】
真上にしっかり上がるから、お掃除できなかったすき間汚れが奥まで楽に拭き取れて、気になるにおいの元もカット。
【キレイ便座】
汚れが入りやすいつぎ目がありません。さらに便座裏は防汚素材で、汚れもサッとひと拭き。お掃除ラクラク。
【スッキリノズルシャッター】
使わないときはノズルを収納していつも清潔。シャッターは着脱可能なので、お手入れも簡単です。

ポイント5.環境にもやさしい、節水タイプの便器と水栓

LIXIL商品ではおなじみとなっているエコシリーズを採用。
大便器は従来品(1991~1998年発売品)では1回あたり13Lの水を流していましたが、今回採用した大便器は、大洗浄5L/回、小洗浄3.8L/回の”超節水ECO5トイレ”。また、小便器は従来品(1983~2001年発売品)では4L/回だったところ、AI搭載の”センサー一体型小便器”にしたことで、0.8~2L/回の自動洗浄を行います♪
さらに、加温自動水栓は1分間の吐水流量がたったの0.9L!それでも水量に物足りなさを感じない仕組みになっています。加温するのは水の冷たい時期の吐水時のみ!夏場は水温そのまま吐水するので、省エネ効果抜群です♪

じっくり見たい方はバーチャルリフォーム(VR)でチェックしよう!

ここまで読んでトイレ改修の施工事例を「もっと詳しく見てみたいな…」と思った方は、下のバーチャルリフォーム(VR)を是非ご覧になってください!最新VR技術で360度体感することができます!

※バーチャルリフォームをパソコンでご覧の場合は、Google Chromeで体験されることを推奨しています
※再生画面上の図面下にある"Ground Floor" "Second Floor"で各フロアの事例をお楽しみください。

バーチャルリフォーム(VR)

〔LIXILリニューアル〕のホームページでは、この他、トイレ改修の施工事例を多数公開しています。ぜひご覧ください♪

リフォームのご相談は〔LIXILリニューアル〕が承ります。

今回のお施主様は、「工事が進む中で、何点か変更箇所がありましたが、より良い内容を提案いただき、仕上がりも十分満足しています。社員の評価も上々と感じております。ありがとうございました。」とお喜びの声をいただきました。

〔LIXILリニューアル〕では、ご自宅のリフォームから非住宅の改修工事まで、幅広くご相談を承っております。どんな小さなご相談でも構いません。お気軽にお問い合わせください。

  • 1751
  • 11
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

キッチン・バス・トイレなどの水まわりを中心とする内装リフォーム工事をプロデュースし、お客様のご要望に沿って、きめ細かいサービスや迅速なアフター・メンテナンスを実…

おすすめのアイデア

話題のキーワード