光が入らない扉に窓を付けよう!

廊下に窓がなく、光が入らないため暗いのが悩みでした。
そこで思いついたのが『トイレの扉に窓を付けて光を入れよう!』というアイデア。既存の扉をくり抜いて窓を取り付けた様子をご紹介します。

  • 7018
  • 44
  • いいね
  • クリップ

暗く光が通らない廊下。昼間でも電気を付けないといけません。
トイレの扉に窓があれば光が通るのに…。扉を交換することも考えましたが、新たに購入すると今のあるものを処分するのも大変…。それなら既存のものをリメイクしようということになりました。

窓をくり抜こう!

それでは窓をくり抜いていきます。
開ける部分に印を付け、四隅に5mm程度の穴をドライバーで開けます。

先ほど開けた穴から穴へと引き廻しノコでカットします。
手ノコで大変な場合は、電動のこぎりを使うと便利でしょう。その際の刃は『引き廻し用』の刃を使うとやりやすいですよ。

溝を埋めましょう!

不要な部分をカットしたら溝ができたので、その溝を埋めるため木材を入れます。(木工用接着剤で付けると安心です)

枠を付けガラスを入れましょう!

ガラスをはめるための枠を付けましょう。
まずは片側に5mm角程度の角材を内側からミニビスで留めます。

そこにガラスを乗せます。
ガラスと枠に隙間ができる場合は、網戸用のゴムを入れると安定しますよ。

そして反対側からも先ほどと同様に枠を付けます。
この際、浮きが出るとガラスがガタガタしてしまうので、押さえながら隙間がないよう気を付けましょう。

塗装しましょう!

最後に元々の扉に似たような色になるよう塗装して完成です。
今回は色の調整がなかなか難しく、何色も重ねながらようやく似た色に近づきました。

このように窓から光が入り、暗い廊下が明るくなりました!
ガラスは今回ネットで注文。ミリ単位でカットしてくれるので助かりました。

既存のものを処分することなく、環境にも優しいリフォームができました。
同じようなお悩みの方のご参考になれば幸いです。

DIYアドバイザー末永京のブログ
【DIYで作るこどもと過ごすおうち時間】
DIYアイデアや自宅インテリアを公開中!

埼玉県川口市でインテリア&カフェ『ToiToiToi』をオープンしました。
元工場をセルフリノベーションした店内はDIYのアイデアの宝庫です。
毎週さまざまなワークショップを開催しています。ぜひ体験しにいらしてくださいね。
埼玉県川口市赤山592-2 048-234-8485
定休日 月、火 11時~17時


LIMIAからのお知らせ

えっ、10万円も安い火災保険見つけた♡
見直しも!初めても!あなたの家に最適な火災保険を無料で診断!

  • 7018
  • 44
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

DIYクリエイター

DIYアドバイザーで3児の母です。埼玉県川口市にあるインテリア&カフェ『ToiToiToi』店主。お店では女性向け、お子様向けワークショップを開催。またインテリ…

おすすめのアイデア

話題のキーワード