奥行が浅い2ボウルの洗面化粧台

かたちが少し異なるボウルをふたつ使った洗面台。
おしゃれでお掃除しやすいオリジナルの洗面台です。

  • 2777
  • 8
  • 0
  • いいね
  • クリップ

奥行が浅い2ボウルの洗面化粧台。「インナーテラスのある家」の洗面台の奥行を浅くしたのは、浴室を広くするために洗面所自体を少し狭めたから。一階に深めのシンクを設けているのでつけおき洗いなどはそちらでできます。

コンタクトをつけたり、お化粧をする時のために自然光の入る窓際に拡大鏡を設けています。2ボウルにしたのは家族で洗面台を取り合うことがないように。同じボウルではなく大きさの差をつけたのは、なんとなく洗顔をする人は奥、歯磨きや軽く手洗いをする人は手前というような使い分けをするためです。

この洗面台でこだわったのはカラーガラスの壁と壁付水栓です。壁付の水栓だと水栓の取付面に水滴がたまりにくいのでお掃除が楽ですよね。カウンター付け水栓の付け根部分の水垢のお掃除を避けたいという意味で、この壁付水栓を選んでいます。

  • 2777
  • 8
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

主婦・母ならではの機能的なアイディアや子育て・家族への思いを込め、暮らしに合わせた家をデザインするのが「みゆう設計室の家づくり」。今現在だけではなく、将来の家族…

おすすめのアイデア

話題のキーワード