掃除嫌いのわたしが行き着いた、掃除が苦じゃない部屋づくり

とにかく掃除が面倒なズボラ主婦のわたしです。そんなわたしでも掃除が簡単にできるよう、部屋づくりで少しだけ工夫していることを、今日はご紹介致します。

  • 74199
  • 593
  • 8
  • いいね
  • クリップ

とにかく物を置かない

掃除が面倒な1番の理由は、物をどかしながら掃除機や拭き掃除をするのが煩わしいからです。


物がなければそれだけ掃除のハードルが下がるわけで、わたしは自分が掃除をしやすい適量を見極めてインテリアを考えることを心がけています。

油で汚れるキッチン周りには物を置かない

とにかく油汚れの掃除が嫌いなわたしは、油はねをサッと拭き掃除できるよう、ガスレンジ周りには物を置かないようにしています。

上の写真ではただ今ランチョンマットを乾燥中ですが、キッチンパネルに調理器具をぶら下げたり、調味料を並べて置いたりはしません。

ひとつひとつのアイテムを拭き掃除することがわたしには出来ないからです。

これなら全体をサッと拭くだけで良いので、いつもきれいに保つことができます。

キッチンマットはビニール素材

布素材のキッチンマットは洗うのも乾かすのも手間です。

なので我が家はビニール素材のキッチンマットを使っています。

これなら気になった時に拭けばいいだけで、洗濯する手間もなしです。

こまめに掃除ができるのでいつも清潔です。

足付き家具で掃除しやすく

隅々まで掃除がしやすいように、足付き家具を置いています。

家具をどかしながら掃除機をかけるのはとても手間ですが、これならサッと掃除ができます。

キャスター台を利用する

見た目以上に重たい鉢植えはキャスター台でササッと動かすことができ、掃除が簡単になりました。

とにかく床に物は直置きしないようにすると掃除機が楽です。

洗濯機も専用のキャスター台に乗せています。

これなら洗濯機の裏にホコリが溜まることもなく、また、手が届かない場所にある排水口のお手入れもできるのでいつも清潔です。

飾りは自己管理できる量を

ついついかわいい飾りを色々置きたくなってしまいますが、我が家はこのスペースのみと決めています。

飾りと言っても我が家の場合、壁面に少しの壁飾りとフォトフレーム、あとはフラワーベースに花を生けるだけ。


ニッチ(壁をくりぬいた飾り棚)はひとつもなしです。
どうせホコリが被るだけ…とニッチは作りませんでした。


かわいく飾ってディスプレイしても、掃除に手が回らずホコリが被ってしまってはただただ悲しいことになってしまいます。


わたしがきれいを保てる飾りはこれくらいの量です。

出かける前は必ずリセット

我が家のルールで、出かける前は家の中を必ずリセットするようにしています。

もともと物が少ないので忙しくてもササッと片付けることができます。


帰宅した時に家の中が散らかっていると、なんだかどっと疲れてしまいますよね。

部屋が片付いていると、帰宅後もホッとできます。

おわりに

自分が掃除をしやすい基準は人それぞれです。

わたしは飾りいっぱいのおしゃれで素敵な部屋ももちろん大好きです。
飾りをディスプレイすることも好きで、以前はそのようにしていました。


ただわたしは掃除が苦手で、飾ることをやめたらすごく快適だということに気付きました。
そして今のようなシンプルな部屋にたどり着きました。


少し殺風景過ぎる我が家ですが、わたしにはとても合っていると感じ、今は快適に生活しています。


掃除が苦じゃないと思える部屋。
それが本当に自分に合った部屋です。

ぜひ皆様も自分に合ったお部屋を実現してみてください。



最後までお読みいただきありがとうございました。

Instagramもやっています。

良かったら覗いてみてください◡̈

  • 74199
  • 593
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

はじめまして◡̈夫、私、4歳娘の3人家族です。シンプルが好き。根はズボラです笑「やっぱりお家が一番!」家族がそう思ってくれたら嬉しいなぁという思いで掃除や収納、…

おすすめのアイデア

話題のキーワード